ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  公共政策学教育部(公共政策大学院)(専門職学位課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  公共政策学専攻 2年 公共政策学修士(専門職)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ○大学院公共政策学教育部の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
                  大学院公共政策学教育部は,学位授与方針で掲げる人材を養成するため,次の特色ある取組により教育課程を編成・実施します。
                  【文理融合】
                  文理融合のコンセプトは,今日のいわゆる「縦割り社会の閉塞感」が,専門領域に特化した高等教育の延長線上にある問題ではないかとの認識のもと,公共政策に本来必要な学問領域を,文系・理系という従来の枠を超えて学ぶことを目指しています。
                  そのために,「公共経営」,「国際政策」,「技術政策」の3 つのコースを設置しています。文理融合の理念のもと,社会人学生・外国人留学生を含む,多様な資質と経験をもつ学生が学んできています。
                  【国際性の涵養】
                  国際的な視野を形成するための科目を開講するとともに,英語で開講する授業科目も設置し,実践的な英語力の向上も意図しています。加えて,独自の留学プログラムも設置しています。
                  【特色ある教育プログラム】
                  具体的な政策事例の研究や政策の実施現場の調査などに携わる実践的な演習を行ない,座学では得られない臨場感のある授業を学生に提供しています。さらに,エクスターンシップという,行政機関・民間企業・NPO などに出向く実践授業を開講し,多様な視点を養っています。また,少人数制のもとでの双方向・多方向の授業を展開するとともに,入学から卒業まで,一人一人の学生に綿密な指導ができる体制を整えています。
                  【キャリア形成の支援】
                  進路指導教員が定期的に就職活動の支援を行なっています。さらに,公務員試験等就職活動をサポートし,就職に関連した情報提供等を行なう目的で外部のNPO 等と連携することも含め,就職に関連した支援を行なっています。
                  【教育の質の保証】
                  高い教育の質を保証するため,授業評価アンケートを実施するとともに,教員同士の授業参観を実施する等,授業の質の向上に向けた取り組みを行なっています。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  ○着実に、そして縦横に、新しい学習と研修システム
                  世代も経験も多様な人々が門をたたく公共政策大学院。その学習と研修のシステムは、政策研究の前提となる「前提科目」から3つのコースに沿った「根幹科目」、そして「展開科目」へと積み上げられる科目群がいわば主柱となります。これに、実務家と研究者が協働する「政策事例研究」、政策の実現力を育む「実践科目」が、有機的に組み合わされています。

                  【公共経営コース】
                  公共政策に関わる人々が増大する中で、それぞれの立場からいかに政策過程にかかわってくるか。公共的価値と個別的利益、公正と効率の調和を図るかを学びます。
                  【国際政策コース】
                  著しく変化する世界の中でいかに国際的公共秩序を展望するか。日本を含む東アジア、アメリカ、ヨーロッパにおける内外諸政策の問題をとらえ、グローバルな文脈をふまえて、その打開の道を展望します。
                  【技術政策コース】
                  急速に発展するテクノロジーをいかに社会のニーズにむすびずけ、そのように公共的秩序形成に寄与していくか。多様なプロジェクトの推進や評価、危機管理にかかわる技術政策のエキスパートを育成します。

                  ○修了要件:
                  42単位以上の取得が卒業要件です。ただし、科目ごとの要取得単位が決められています。(前提科目8、根幹科目4、展開科目6、実践科目と政策事例研究科目8以上、リサーチペーパー2以上)。

                  ○一年修了、長期履修制度:
                  すでに公共政策関連での実務経験を有する社会人等に、一年履修の可能性を開いています。ただし、通常の履修条件をベースに出願時に1万字のレポートを提 出し、1年前期に「政策評価論」を履修、1年末までにリサーチペーパーを提出するなどの条件を満たしたものに限ります。
                  また、職業を有している等で、通常の学生よりも単位取得のための学習期間が制限され、標準修業年限(2年)を超えて在学しなければ課程を修了できないと 考える学生のために、長期履修制度も用意しています。申請に基づき、教授会が審査・許可した上で、一定の期間(4年以内)にわたり在学し、計画的に履修し て終了することになります。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ○大学院公共政策学教育部の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
                  大学院公共政策学教育部は,本学が掲げる4つの基本理念(フロンティア精神,国際性の涵養,全人教育,実学の重視)の下,公共政策にかかわる専門的素養を身に付け,社会の様々な問題解決に向けたアプローチを構築する人材の育成を教育目標にしています。
                  本教育部専門職学位課程の修了要件は,当該課程に所定の年数在学し,リサーチペーパーの提出を含め所定の授業科目を履修し,所定の単位を修得することです。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野