ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部(保健学科)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  保健学科 4年 学士(看護学)、学士(保健学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  医学部保健学科では、学位授与水準に定めた能力を持つ人材を育成することを目標として、以下のとおりカリキュラムを編成し、実施します。
                  ・主に1年時学生を対象とする全学教育科目では、専攻する分野にかかわらず、本学の学生であれば当然身につけておかなければならない共通の素養として、高いコミュニケーション能力、人間や社会の多様性への理解、独創的かつ批判的に考える能力、社会的な責任と倫理を身につけることを目的として、カリキュラムを編成します。具体的には「一般教養科目」、「総合科目」、「主題別科目」、「外国語科目」、「外国語演習」、「共通科目」に区分される教養科目(コアカリキュラム)を開講します。
                   また、専門科目学ぶ心構え、基礎知識を身に付けることができるように、基礎科目を開講します。
                  ・2年次以降では、看護学、放射線技術科学、検査技術科学、理学療法学、作業療法学の5専攻に分かれ、それぞれの専攻に関する専門性を深めるため、専門科目を開講します。専門科目では、医療に担うにふさわしい人間性と、高度医療を支える医学知識と技術を身に付けることを目的として、教育課程を編成しています。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  【保健学科カリキュラムの特色】
                  1.医療人に必要な教養,倫理観と感性を養う。
                  2.社会の中の人間,環境と人間の関係を理解できる医療人を育てる。
                  3.医療の高度専門化に対応できる医療人を育てる。
                  4.国際的視野をもった医療人を育てる。
                  5.研究・教育を推進できる医療人を育てる。

                  【科目展開】
                  一般教育演習(フレッシュマンセミナー)・総合科目・主題別科目・外国語科目・外国語演習・共通科目からなる「教養科目」,数学・物理学・化学・生物学・地球惑星科学・心理学実験・自然科学実験などの「基礎科目」,保健・医療概論,社会保障・福祉論,国際保健学などの「学科共通科目」,専攻ごとの「専門科目」の大きく4科目に分けられる。

                  【学科共通科目】
                  知識・技能とともに人間的にも優れた医療技術者の教育を目指し,より良い効果的な専門教育ができるように,医学・医療の基礎として重要な専門基礎科目を学ぶとともに,チーム医療を目指した各種医療技術者間の連携を目的として,複数の専攻の学生が共通して受講するものである。

                  【専門科目】
                  各専門職者として,豊かな人間性を育みながら医療に対する総合的視野と専門的知識・技術を修得する。充実した講義・演習・実習を通して,臨床での確かな一歩が踏み出せる確かな実践力を身につける。また,フロンティア・スピリットを持ち,将来的に現場を改革していく力をもつ指導者・教育者となるための基礎的能力を養う。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  医学部では,本学の4つの基本理念(フロンティア精神,国際性の涵養,全人教育,実学の重視)の下,人類の健康増進に資するための体系的な教育を行うことにより,豊かな人間性,高い倫理観および国際的視野を備え,医学,医療又は生命科学の実践および発展に寄与する人材を養成することを教育目標としています。
                  医学部では,この目標とする人材像に求められる具体的な能力(学位授与水準)を学科毎に定め,当該能力を身につけ,かつ,所定の単位を修得した学生に学士の学位を授与します。

                  保健学科の学位授与水準
                  保健学科では,医学部の教育目標に基づき,①豊かな人間性を育む全人教育,②保健医療に対する総合的視野と専門的知識・技術を身につける教育,③国際的視野を持った保健医療従事者の育成,④フロンティア・スピリットを持った指導者・教育研究者の育成,を教育目標として,次の能力をもつと認められる学生に対し,学士の学位を授与します。

                  【知識・理解】
                  ・保健科学・看護学のリーダーとしての幅広い教養と高い専門性を身につけている。
                  ・保健科学・看護学の実践者としての専門知識およびその知識体系を身につけている。
                  ・保健科学・看護学を取り巻く文化・歴史・社会・環境を理解することができる。

                  【汎用的技能】
                  ・多様化・複雑化する課題を発見し,その本質を理解できる能力を身につけている。
                  ・課題解決に必要な情報を収集し,分析・判断・解決できる能力を身につけている。
                  ・高い学問的および臨床的な探究心を有し,幅広く社会に還元することができる。

                  【態度・志向性】
                  ・保健科学・看護学をリードし,チーム医療を実践できる能力を身につけている。
                  ・保健科学・看護学の実践者・研究者として,社会的責任感と自己管理能力を身につけている。
                  ・多様化する価値観の中で,高い倫理観を有し,実践することができる。
                  ・生涯にわたって最新の保健科学・看護学を理解し,実践することができる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野