ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  農学院(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  共生基盤学専攻 3年 博士(農学)
                  生物資源科学専攻 3年 博士(農学)
                  応用生物科学専攻 3年 博士(農学)
                  環境資源学専攻 3年 博士(農学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ○大学院農学院の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
                  大学院農学院は,学位授与方針で掲げる人材を養成するため,次の特色ある取り組みと共に各専攻の教育課程を編成・実施します。

                  【特色ある体系的プログラム】
                  専攻毎の学問領域の先端的教育研究に加え,農学の多様性を生かした学際的かつ総合的な文理融合型教育を実施します。生存基盤に関する農学的諸問題に対して問題意識を持ち,専門性を有したジェネラリストとして,または高度なスペシャリストとして各専門領域において柔軟にかつ専門職倫理を持って対応できる素養と考え方を身に付けるための講義を開講します。

                  【国際性の涵養・特色あるプログラム】
                  英語による教育と研究指導を行う「英語特別コース」を全専攻で開設します。主として外国人留学生を対象とした大学院教育プログラムですが,日本人の参加も可能です。日本人学生が受講する通常のカリキュラムにおいても,一部の科目を英語特別コースと合同で開講することにより,国際的に活躍する能力の向上を図ります。
                  農学院として短期留学および国際学術プログラムや海外インターンシップ等の海外における農学関連の研究学習機会を提供・支援し,学生の積極的な参加を促すために国際交流系科目を設置します。

                  【キャリア形成の支援】
                  キャリアマネージメントセミナーとの連動講義等,本学人材育成本部上級人材育成ステーションと連携して,キャリア形成を支援します。
                  農学院の同窓会組織である札幌農学同窓会と協力し,各界で活躍する卒業生による講演や,海外での学会発表にかかる渡航助成を実施することで,学生が自身のキャリア形成に主体的に向き合う機会を提供します。

                  【教育の質保証】
                  高い教育の質を保証するため,教員の教員研修への参加を義務付けます。また学生に対し修了時アンケートを実施して農学院教育の質の向上のためにフィードバックを行います。
                  大学院農学院では,共生基盤学,生物資源科学,応用生物科学,および環境資源学の専門分野に対応した専攻を配置し,以下の通りカリキュラムを編成し,実施します。

                  ■博士後期課程
                  ・ 自立した研究者に必要となる問題解決力と論文作成方法を習得するため,各研究室において特別研究を開講し,テーマ発掘から論文作成まで博士論文研究を支援します。
                  ・ 札幌農学同窓会等による助成を活用して研究活動を奨励し,優れた博士論文研究の支援を通して,研究企画力,課題推進能力,プロジェクト遂行能力の向上を図ります。
                  ・ 札幌農学同窓会等による助成を活用して国際学会での研究発表を奨励し,国際的に活躍する能力の育成を図ります。
                  ・ 高度なティーチング・アシスタント,リサーチ・アシスタント業務等を通じて,大学あるいは農学の研究開発の場で必要となる優れた教育力とプロジェクト遂行能力の向上を図ります。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  2年間の修士(博士前期)課程を修了し,さらに研究を究めようとする人は,博士後期課程に進学します。標準修業年限は3年ですが,優秀な学生は期間を短縮して修了することが可能です。博士後期課程では,自立して研究活動を行い,研究者にふさわしい高度な研究能力と深い知識を身につけることを目的とします。学位論文を作成し,審査を経て博士号を取得します。農学院博士後期課程修了生のほとんどは,民間企業の研究開発部門,試験研究機関,大学教員など研究に関する職業についています。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ○大学院農学院の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
                  大学院農学院では,本学の4つの基本理念(フロンティア精神,国際性の涵養,全人教育,実学の重視)の下,先端的,学際的または総合的な文理融合型の教育研究を実施します。これにより,農学に関する基礎的または専門的素養を有し,食料の需給および安定供給,食の安全,地球環境保全,バイオマスの利活用等の人類共通の課題に対応することができる多様な知識及び判断力を有する人材の育成を図ることを教育目標としています。
                  大学院農学院では,この教育目標に基づき,共生基盤学,生物資源科学,応用生物科学,または環境資源学を専門として,人類生存に関する地球規模の問題を理解し,農林業および関連産業に関する高度な専門性を備えた人材や先端研究開発を行える人材の育成を行い,次の能力を持つと認められる者に対し,修士または博士の学位を授与します。

                  ■博士後期課程
                  ・先端的分野を開拓するために求められる幅広く高度な農学における知識と,知識を活用する応用力
                  ・専門分野における先端的研究や諸問題解決に必要な国際的研究動向に関する情報収集力と分析力
                  ・自立した研究者に必要な独創的研究課題設定能力,課題に対応して研究を推進するための柔軟な発想力
                  ・国際的に活躍できる技術者・研究者に必要な高度専門性研究能力,プロジェクト遂行能力とリーダーシップ

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可30,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野