ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

環境科学院(博士課程(後期))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
環境起学専攻 3年 博士(環境科学)
地球圏科学専攻 3年 博士(環境科学)
生物圏科学専攻 3年 博士(環境科学)
環境物質科学専攻 3年 博士(環境科学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

○大学院環境科学院の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

大学院環境科学院は,学位授与方針で掲げる人材を養成するため,次の特色ある取組により各専攻の教育課程を編成・実施します。また,それを可能にするために4学期制を取り入れた柔軟な学事暦を採用しています。

【基礎から始まる体系的なカリキュラム】
多種多様な分野から入学して来る学生のために,各専攻・コースで,必要となる事柄については,基礎から高度な専門科目まで,体系的な講義群を用意しています。
【広い裾を与える教育システム】
環境科学研究の推進には広い分野を統合する必要があるため,高い専門性とともに異なる専門の人たちと協働するための広い知識が必要となります。その知識を修得するための総論や基礎論を多数開講します。
【国際性の涵養】
英語のみによる教育と研究指導を行うコースの開設,各専攻での英語による授業の開講等を通じて優秀な留学生を多数受け入れ,国際的環境を醸成するとともに,各種補助金等を用いて,希望する学生を海外に派遣します。
【柔軟な教育研究指導システム】
多様な視点による研究,および境界領域の研究指導が可能になるように,教員が複数の専攻・コースの教育に携わることが可能な柔軟な教育研究指導体制を組んでいます。
【特色ある教育プログラム】
社会および学生の多様なニーズに対応するための様々な教育プログラムを開発・提供します。
【教育の質保証】
高い教育の質を保証するため,学生による授業アンケート・評価を行うとともに,教育・指導に関する研修会を開催し,教員の教育力・研究指導力向上に努めます。



○環境起学専攻の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
環境起学専攻では,学位授与水準に定めた能力をもつ人材の育成を目標として,4つのコース(人間・生態システムコース,環境適応科学コース,実践環境科学コース,国際環境保全コース)を設置し,下記の指針に基づくカリキュラムを編成し,実施します。

【博士後期課程】
•博士論文研究の質を高めるために,指導教員の指導とともに,コース(またはサブコース)により行われるセミナーの参加や毎年中間発表会での発表を義務づけ,所属研究室以外の教員などから助言・指導を受けられるようにします。また,学生同士が相互に学修意欲を高められるような環境を提供します。
•実践環境科学コースでは,産官学連携協定を活用した実践的研究環境等により,関連する研究者・実務者からも助言・指導を受けられるようにし,特に社会人学生にはインターネットを介した柔軟かつ適切な対応をします。
•国際環境保全コースでは,世界で活動出来る専門家を目指して,国際会合での研究成果の発表等による専門性・学術性の涵養,現場の様々な利害関係者との共同研究調査等による学際性・実務性の修得を図ります。
•TAとして,修士課程の実習・演習に参画し,様々な教育・研究の場で必要となる指導力の向上を図ります。また,RAとして,最先端の研究に参画し,研究力の向上を図ります。



○地球圏科学専攻の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
地球圏科学専攻では,学位授与水準に定めた能力を持つ人材の育成を目標として,多数の教員からなる3つのコース(生物地球化学コース,大気海洋物理学・気候力学コース,雪氷・寒冷圏科学コース)を設置し,下記の指針に基づくカリキュラムを編成し,実施します。

【博士後期課程】
•自立した研究者に必要となる問題解決力と英文での論文作成方法を修得するため,指導教員を中心として特別研究を開講し,博士論文研究を支援します。
•コース毎に行われる多数の教員が参加するセミナーで発表を義務づけ,所属研究室以外の教員等からアドバイス・指導により,博士論文研究を支援します。
•TAとして,修士課程の実習・演習に参画することにより,博士修了後の教育・研究の場で必要となる教育力・指導力の向上を図ります。
•国際性や実践力を身につけるため,国際的な教育・研究プログラムや海外も含むフィールド調査への参加を積極的に支援します。



○生物圏科学専攻の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
生物圏科学専攻では,学位授与水準に定めた能力を持つ人材の育成を目標として,9つのコース(生態系生物学コース,生態遺伝学コース,分子生物学コース,植物生態学コース,動物生態学コース,海洋生物生産学コース,水圏生物学コース,耕地圏科学コース,森林圏フィールド科学コース)を設置し,下記の指針に基づくカリキュラムを編成し,実施します。

【博士後期課程】
•自立した研究者に必要となる問題解決力と論文作成方法を修得するため,各研究室において特別研究を開講し,博士論文研究を支援します。
•各研究室におけるセミナー等に,所属研究室以外の教員等が参加してアドバイス・指導を行うことにより,優れた博士論文研究となるよう支援します。
•TAとして,修士課程の実習・演習に参画し,様々な教育・研究の場で必要となる指導力の向上を図ります。また,RAとして,最先端の研究に参画し,研究力の向上を図ります。



○環境物質科学専攻の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
環境物質科学専攻では,学位授与水準に定めた能力を持つ人材育成を目的として,化学を基盤として幅広い環境科学の専門知識と問題解決に必要な能力を修得するため,下記の指針に基づくカリキュラムを編成し,実施します。

【博士後期課程】
•所属する研究室での指導を基本として博士論文研究を支援します。
•化学を基盤とした環境科学に関する研究者として必要な問題解決力,高度な研究遂行能力と国際的な場での研究発表能力を修得するための支援をします。
•自らの研究成果等を発表し,討論することができるような機会を積極的に設けます。
•研究教育者としての経験を積むために,TAとして修士課程学生および学部学生の実験演習に参画する機会を設けます。

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

環境科学院のHPで公開

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

○大学院環境科学院の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 大学院環境科学院は,本学が掲げる4つの基本理念(フロンティア精神,国際性の涵養,全人教育,実学の重視)の下, 自然科学に基礎をおき,地球規模の環境問題の解明と解決を目指す研究者および高度専門職業人を養成することを目的としています。このため,本学院では地球圏科学,生物圏科学,環境物質科学という自然科学の学問分野を基盤とした3専攻と,それらの専門性を統合し環境問題に包括的に取り組む環境起学専攻を設置し,高い専門性とともに,広い視野を有し,他分野の人とも協力し,国際社会で活躍できる人材の養成に努めています。
 大学院環境科学院では,この目標とする人材像に求められる具体的な能力(学位授与水準)を修士課程と博士後期課程において専攻ごとに定め,当該能力を身につけ,かつ所定の単位を修得し,学位論文の審査および試験に合格した者に修士または博士の学位を授与します。



○環境起学専攻の学位授与水準
環境起学専攻では,環境科学院の教育目標に基づき,コース毎の特色を活かし,グローバルからローカルまでの環境問題や持続可能な社会に対する課題を研究・解決する上で必要となる,環境科学に関する専門知識および研究能力を備え,それらを研究や社会で活かせる専門家・実務家,もしくは,様々な専門家・実務家と協働して持続可能な社会構築に貢献する人材の育成を目指しており,以下の能力・知識をもつと認められる者に対し,修士または博士の学位を授与します。

【博士後期課程】
•自己の専門領域に関する高度な体系的知識と分析力,および,それらに基づいた論文を執筆する力
•複数の専門領域を通して,俯瞰的な発想力および独創的な問題発見力
•持続可能な社会に向けて,国際的に貢献する研究力,実務力



○地球圏科学専攻の学位授与水準
地球圏科学専攻では,環境科学院の教育目標に基づき,現在の地球環境の成り立ちの理解,並びに地球環境問題を研究・解決する上で必要となる地球科学的基礎を有し,かつ,その分野の研究を推進できる人材,もしくは,その分野の専門性を社会に活かせる人材の育成を目指しており,以下の能力・知識を持つと認められる者に対し,修士または博士の学位を授与します。

【博士後期課程】
•自己の専門領域に関する幅広く高度な体系的知識と分析力
•自己の専門に関連する環境問題に関して責任ある発言が可能となる科学的な知見と客観的な視点
•自立した研究者に必要となる独創的な研究課題を発見する力,困難な問題解決を可能とする洞察力と柔軟な発想力
•自己の専門・研究を,国際的な場で発信し,英文で論文を執筆する能力



○生物圏科学専攻の学位授与水準
生物圏科学専攻では,環境科学院の教育目標に基づき,陸域(森林・草原・耕作地)および水圏(河川・湖沼・海洋)のフィールドにおける地球環境問題・生態系の保全を研究・解決するため,生化学や分子生物学から生態学に関する基礎的・応用的な知識と技術を有し,その分野の研究を科学的論拠に基づき自立的に推進できる人材,もしくは,その分野の専門性を社会に活かせる人材の育成を目指しており,以下に示す知識・理解や能力を持つと認められる者に対し,修士または博士の学位を授与します。

【博士後期課程】
•自己の専門領域に関する幅広く高度な体系的知識と分析力
•自己の専門に関連する環境問題に関して責任ある発言が可能となる科学的な知見と客観的な視点
•自立した研究者に必要となる独創的な研究課題を発見する力,困難な問題解決を可能とする洞察力と柔軟な発想力
•英語論文を書く能力および海外に研究成果を発信する能力



○環境物質科学専攻の学位授与水準
環境物質科学専攻では,環境科学院の教育目標に基づき,化学を基盤とした環境科学に関する幅広く深い学識を備え,高度な専門知識および研究能力を備えた人材あるいは地域や国際社会の持続的発展に貢献できる人材の養成を目指しており,以下の能力・知識を持つと認められる者に対し,修士または博士の学位を授与します。

【博士後期課程】
•化学を基盤とした環境科学に関する研究者としての活動に必要な専門的かつ先端的な研究能力
•高度な専門性を必要とする職業を担うことのできる知識と問題解決能力
•英語論文を書く能力および自己の研究を国際的に発信できる能力

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部0円
編入学30,000円

転学部・編入学情報補足

転入学が可能

専攻分野

専攻分野
物理学
天文学・地球・惑星科学
化学
生物学・生化学・バイオ
地質学
資源学
農学
農芸化学
森林科学
生物生産学・生物資源学
水産学
生態学
畜産学・動物学
環境学・災害科学

専攻分野に関する説明