ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  保健科学院(博士課程(前期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  保健科学専攻 2年 修士(保健科学)、修士(看護学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ○大学院保健科学院の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー(CP)
                  大学院保健科学院保健科学専攻は、学位授与方針に定めた能力を持つ人材の育成を目標として、専門性の高い科目群と領域横断的で学際的な科目群を開設し、複数教員による研究指導体制のもと、以下のとおりカリキュラムを編成し、実施します。
                  また、高い教育の質を保証するため、FD委員会の企画の下、教員の教育資質を高める教員研修への参加を促すとともに、教務委員会および学生委員会の活動を通し、学修や進路相談等の学生支援、教育制度の評価により制度改革を持続的に進める教学評価を実施します。

                  【修士課程】
                  ・保健科学の幅広い領域に対応できる知識・技術およびその能力を修得するため、高度で基盤となる専攻共通基礎科目を開講します。
                  ・保健科学分野に関する高度の専門性や実践力を身につけるために必要な科目群を開講します。
                  ・保健医療分野で国際的に貢献するために必要な知識・技術および実践力を修得するための科目を開講します。
                  ・主任指導教員と副指導教員が複数で学生を指導する体制を1 年次末までに整えます。
                  ・2 年次前半に修士論文研究および特定課題研究の中間報告会を実施し、指導教員以外もアドバイスすることで、優れた修士論文研究および特定課題研究を支援します。
                  ・TA 業務等を通じて、様々な職業で必要となる教育力の向上を図ります。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  【専攻・コース・コース科目群(領域)等】
                  1.保健科学コース
                  保健科学コースでは主に保健医療系学部・学科を卒業した医療技術者に対する人材育成を行う。
                  (1)診療放射線技師および臨床検査技師を対象として,新しい放射線診断・治療システムや臨床検査システムに関する基礎から臨床までの総合的知識と専門的技術を有する高度専門技術者および高度先進技術の指導的役割を担うリーダーの育成並びに新規医療技術や医療システムの開発研究に携わる研究者を志向する人材を育成する。
                  (2)理学療法士および作業療法士を対象として,リハビリテーション科学を基盤とした理学療法領域,作業療法領域等の最新の知識と専門技術,課題探求・問題解決能力を備えた学識豊かな高度医療専門職を育成する。
                  (3)保健医療や保健科学に関心があり,EBHを実践しようとする栄養士や健康運動指導士なども受け入れ,医療関係者と連携できる医学的知識や検査技術を修得させる。
                  (4)学会が認定する専門士資格取得を目指す者には,大学病院等の教育医療機関との連携により,指導者の下で実務経験を行い,資格取得への初期研修と位置付ける。
                  (5)新技術の開発研究に従事する研究者や高度医療専門職を育成する教育者を目指す者には,個別の課題研究や研究指導を通じて,探求心や研究能力を涵養し,そのうえで,博士課程へ進学する力を身につけさせる。

                  2.看護学コース
                  看護学コースでは,主に保健医療系学部・学科を卒業した,看護師,保健師,助産師に対する人材育成を行う。
                  (1)看護学および関連領域における最新の知識と技術,倫理的判断力,企画評価能力及びグローバルな視野を備えた,教育・研究を担う学識豊かな人材を育成する。
                  (2)看護実践領域における最新の知識,専門技術および判断力を備え,倫理問題や複雑な健康課題に対応でき,指導的役割を担う専門性の高い実践能力を有する人材を育成する。
                  (3)看護系教育機関で看護師,保健師,助産師を育成する教員を目指す者には,個別の課題研究や研究指導を通じて,探求心や研究能力を涵養し,そのうえで,博士課程へ進学する力を身につけさせる。

                  【履修方法】
                  (1)履修上の区分として専門領域の人材育成理念に対応するコース制すなわち,保健科学コースと看護学コースを導入し,この教育課程を構築するために,いずれのコースの人材育成にも関連する専攻共通基礎科目のほか,各コースの履修者における専門性を追求するコース科目群を各年次・各学期に配置し,より体系的な履修が可能となるようにしました。
                  (2)原則として講義形式の「特論」は1年次1学期あるいは2学期に開講して基礎的理論を教授します。
                  (3)「演習」は1年次2学期の開講とし,「特論」で修得した理論的基盤を発展させた方法論や技術論を体験や実習を通して学ぶと共に,最新文献の調査分析を行います。
                  (4)2年次1学期に開講する「実践演習」では,看護領域専門分野における高度な実践応用能力 を涵養するために,教育医療施設での実践的演習を行います。
                  (5)2年次に通年開講する「保健科学研究」,「看護科学研究」では,指導教員の下で修士論文テーマに沿った個別的研究を展開し,データをまとめて修士論文を作成します。また,「実践看護研究」においては,修士論文に替えて,指導教員の下で事例または調査研究を実施し,その結果を特定課題研究報告書としてまとめることができます。

                  【修了要件】
                  (1)本課程に2年以上在学して,次項に記載の各コース・科目群に定められた単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、修士論文又は特定課題研究報告書の審査及び最終試験に合格した者に学位を授与する。最終試験は公開での口頭発表とし、質疑応答内容について審査する。
                  (2) 各コース・科目群の終了に必要な単位は次の通りである
                  ・保健科学コース 全科目群 30単位
                  ・看護学コース 看護学科目群 30単位
                  ・看護学コース 公衆衛生看護学科目群及び助産学目群 36単位
                  ・看護学コース 高度実践看護学科目群 56単位
                  (3)在学期間については、学院教授会が優れた業績を上げたと認定した者については、 1年以上在学すれば足りるものとする。

                  【学位授与】
                  本課程を修了した者に対し,本学学位規程に定めるところにより,修士(保健科学)又は修士(看護学)の学位を授与する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ○大学院保健科学院 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー(DP))
                  大学院保健科学院は、本学が掲げる4つの基本理念(フロンティア精神、国際性の涵養、全人教育、実学の重視)の下、保健科学の基礎的素養と高度な専門的素養を身につけた、科学技術の高度化、学際化、国際化等に対応できる多様な知識、判断力および実務対応能力を持つ人材の育成を教育目標としています。
                  大学院保健科学院では、この目標に求められる具体的な能力を修士課程および博士後期課程の学位授与水準に定め、当該能力を身につけ、かつ所定の単位を修得し、学位論文の審査および試験に合格した者に修士または博士の学位を授与します。

                  ○保健科学専攻の学位授与水準
                  保健科学専攻では、様々な分野との融合と連携により、保健科学分野における研究を遂行し、次世代の保健科学を担う高度医療専門職者および指導者・教育者・研究者の育成を目標とします。保健科学院の教育目標に基づき、具体的に次の能力を持つと認められる者に対し、修士または博士の学位を授与します。

                  【修士課程】
                  ・保健科学を基盤とした関連領域での最新の知識と正しい理解
                  ・保健科学分野において必要な論理的思考能力
                  ・保健科学分野において必要な倫理的判断力
                  ・保健科学分野において必要なコミュニケーション能力
                  ・保健科学の研究遂行に必要な技術とマネジメント力
                  ・修士論文研究および特定課題研究を通じて修得する研究推進力と調整力
                  ・保健科学分野の高度専門職者に必要な実践能力

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野