ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  経済学院(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  現代経済経営専攻 3年 博士(経済学)、博士(経営学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ○大学院経済学院の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
                   大学院経済学院では,学位授与方針で掲げる人材を育成するため,以下の特色ある取組みにより各専攻の教育課程を編成し,実施します.

                  【国際性の涵養】
                  ・ 現代経済経営専攻では,一部の科目に関して英語で授業を行い,コミュニケーション能力も含めた国際的に活躍できる能力を育成する.

                  【特色ある教育プログラム】
                  ・ 大学院経済学院では,職業に従事しながら研究をすることを希望する学生の学習機会をいっそう拡大する観点から,長期履修制度を導入している.長期履修学生に認定された場合,標準修業年限(修士課程2 年,専門職学位課程2 年,博士後期課程3 年)を超えて一定の期間にわたり計画的に教育課程を履修して課程を修了することが認められる.
                  ・ 学会発表奨励制度を設置し,修士課程・専門職学位課程・博士後期課程在籍学生を対象として,学会発表(全国大会)に関わる費用の一部を助成することで研究成果の公表を推進している.
                  ・ 会計情報専攻では,最先端の実務とのリンケージを図るべく,外部の実務家・研究者と密接に連携し,セミナーを開催している.

                  【キャリア形成の支援】
                  ・ 会計情報専攻では,他の会計専門職大学院と連携し,監査法人へのインターンシップを実施している.

                  【教育の質保証】
                  ・ 高い教育の質を保証するため,各授業でアンケートを実施し,授業改善に役立てている.
                  ・ 会計情報専攻では,授業のピア・レビューとともに,外部評価者によるレビューを実施している.また年に2 回,学生との懇談会を開催している.
                  ・ 現代経済経営専攻では指導教員,会計情報専攻では担任教員を配置し,学習や進路相談等の学生支援を実施している.

                  ○現代経済経営専攻の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
                   現代経済経営専攻では,学位授与水準に定めた能力を持つ人材の育成を目標として,以下のとおりカリキュラムを編成し,実施します.

                  ■博士後期課程
                  ・ 博士後期課程では,「演習」と「特別研究」の授業が展開される.
                  ・ 「演習」では,専門分野の先端的研究とともに,研究方法,論文作成,研究発表の方法等を学習する.
                  ・ 「特別研究」(ワークショップ)では,複数指導体制を採用し,全国および海外の研究機関から一流研究者を講師として招聘することもある.研究進捗報告を行うことで,専門領域や学問的関心の異なる教員集団から多面的かつ積極的な刺激を受けることができ,自らの研究のクオリティーや生産性を一層高める.
                  ・ 公開研究発表会(博士論文研究発表会)を実施し,指導教員以外からのアドバイスを広く受けることにより,優れた博士論文の作成を支援する.
                  ・ TA・RA 業務を通じて,教育者として必要となる高度な教育能力・コミュニケーション能力,研究遂行・管理能力の向上を図る.

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  ○博士後期課程
                  ・自立した研究者として独創的な研究をすすめることができ,高等教育機関などにおいて研究教育を行える高度な研究能力を有する人材(研究者等)を育成するための課程です。
                  ・博士論文の執筆が主なタスクですので,修士課程のようなコースワークは課しません。演習と特別研究(ワークショップ)において綿密な研究指導を受けることができます。
                  【博士論文】
                  ・学術雑誌に掲載された論文(原則として審査を経たもの)を基礎とし,これに研究動向や研究史の整理紹介,調査報告,基礎資料等を付加して一つにまとめ再構成したものを標準とします。
                  ・執筆に際して公開研究発表を行い,様々なアドバイスを受けることができます。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ○大学院経済学院の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
                   大学院経済学院は,本学が掲げる4 つの基本理念(フロンティア精神,国際性の涵養,全人教育,実学の重視)の下,①深い学識,幅広い知識,豊かな想像力を有する研究者,教育者,②経済社会の発展に有為な高度の専門的知識を有する職業人,および③高度な専門性,幅広い視野,職業倫理を備えた会計専門職を養成します.
                   大学院経済学研究科では,これら目標とする人材像に求められる具体的能力(学位授与水準)を修士課程と博士後期課程において専攻ごとに定めます.すなわち,①修士課程(現代経済経営専攻)では,当該能力を身につけ,所定の単位を修得し,学位論文の審査及び試験に合格した者に修士(経済学)または修士(経営学)の学位を授与します.②博士後期課程(現代経済経営専攻)では,当該能力を身につけ,所定の単位を修得し,学位論文の審査及び試験に合格した者に博士(経済学)または博士(経営学)の学位を授与します.③専門職学位課程(会計情報専攻)では,当該能力を身につけ,かつ所定の単位を修得した者に会計修士(専門職)を授与します.



                  ○現代経済経営専攻の学位授与の水準
                   現代経済経営専攻では,大学院経済学研究科の教育目標に基づき,経済・経営分野の広範な知識と実践的問題解決能力を有する高度専門職業人および経済・経営分野の深い学識・幅広い視野,豊かな創造的能力を有する研究者の育成を目的としており,以下の能力をもつと認められる者に対し,修士又は博士の学位を授与します.

                  ■博士後期課程
                  ・ 自立した研究者として高度で独創的な研究を遂行する能力を身につけている.
                  ・ 国際的に活躍できる研究者に求められる高度な語学能力を身につけている.
                  ・ 国際的研究動向に関する情報収集能力・分析力を身につけている.

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野