ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  生命科学院(臨床薬学専攻)(博士課程(一貫))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  臨床薬学専攻 4年 博士(臨床薬学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  生命科学院 カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

                  <臨床薬学専攻>
                  博士課程
                   臨床薬学専攻では,その目的に基づき専門性をもった人材を育成するため,以下の方針によりカリキュラム(教育課程)を編成しています。
                   1.薬系スペシャリストの養成
                   2.疾患解析,治療,創薬研究における倫理・国民目線の重視
                   3.高度な専門性に裏付けられた実践的臨床能力の養成
                   4.疾患を基盤とする基礎・臨床講義および研究の充実
                   5.薬系大学院生の国際交流と地域医療への参加

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  生命科学院 ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

                  <臨床薬学専攻>
                  博士課程
                   所定の期間在学し,必要な研究指導を受け,所定の単位を修得したうえで,次に掲げる知識・能力等を修得している者に学位を授与します。
                   1.自立して研究活動を行うための基礎となる豊かな学識,研究立案能力,分析能力,応用能力
                   2.国際的に通用するコミュニケーション能力,プレゼンテーションスキル
                   3.高い倫理性を持ち,専門性の高い臨床薬学の知識や技能を必要とする職域において,リーダーシップを発揮し関わっていく能力

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野