ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  教育学科 4年 学士(教育学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  教育学部では、人間の成長や発達を、人と人の関係および人と社会との関係の中で捉える、人間の科学としての教育学を追求することを理念とし、社会の様々な領域で教育の実践と改善に携わる人材を育成するとともに、教育を通じて平和な世界の実現に寄与する人材を養成することを教育目的とします。この目的は、(1)人間の科学を担うにふさわしい総合的な知識と自主的な研究態度の形成、(2)社会の平和と永続的発展に貢献する人格の基礎の形成、(3)人間の科学を開拓するための専門的研究方法の獲得、(4)実践的教育課題の解決に資する総合的研究能力の育成という具体的な教育目標の達成によって実現され、全学共通の「全学教育科目」と体系的に配置された「専門科目」をもって、4年間の学士課程における教育課程を編成します。
                  •主に1年次学生を対象とする全学教育科目では、専攻する分野にかかわらず、本学の学生であれば当然身につけておかなければならない共通の素養として、高いコミュニケーション能力、人間や社会の多様性への理解、独創的かつ批判的に考える能力、社会的な責任と倫理を身につけることを目的として、カリキュラムを編成します。具体的には「一般教育演習」、「総合科目」、「主題別科目」、「外国語科目」、「外国語演習」、「共通科目」に区分される教養科目(コアカリキュラム)を開講します。
                   また、専門科目を学ぶ心構え、基礎知識を身につけることができるように、基礎科目を開講します。
                  •2年次以降では、教育学に関する専門性を深めるため、専門科目を開講します。専門科目では、本学部の教育目的である、人間の成長や発達を、人と人の関係および人と社会との関係の中で捉える、人間の科学としての教育学を追求することを目指した教育課程を編成します。
                  •2年次では、教育学の基礎的知識、基本的視座を獲得できるよう、「教育学概説」を専門科目(必修)として配置します。また、教育学の基本的研究方法を実地に身につけてもらうために、「基礎演習」を必修科目として配置し、少人数教育によって自主的な研究態度を養います。
                  •これらに加えて、教育基礎論、教育社会科学、教育心理学、健康体育等の各専門科目群を配置し、これらを幅広く履修することによって、人間の科学としての教育学を担うにふさわしい総合的な知識を修得するものとします。
                  •3年次以降、少人数形式の「専門演習」を必修科目として配置し、人間の科学を開拓するための専門的研究方法を身につけ、実践的教育課題の解決に資する総合的能力を養い、本学部での学修の集大成としての卒業論文を作成するものとします。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  【1年次】
                  ○広い視野を養う
                  入学してすぐ始まる全学教育科目には、次のような教養科目などがあります。

                  <一般教育演習(フレッシュマン・セミナー)>
                  入学したばかりの学生に「大学とは何か、学問とは何か」という問題を具体的な経験を通して考えてもらうことがねらいです。
                  <総合科目>
                  学問分野を越えた問題に関して、専門を越えた教員が分担・協力して講義します。
                  <主題別科目>
                  「思索と言語」「歴史の視座」「芸術と文学」「社会の認識」「科学・技術の世界」という5つの分野ごとに、数多くの講義があります。
                  <共通科目>
                  どのような専門でも共通に必要とされる分野で、「体育学」「情報学」「統計学」「インターンシップ」などの授業が開講されます。
                  <外国語科目・外国語演習>
                  英語と初めての外国語(ドイツ語、フランス語、ロシア語、スペイン語、中国語、韓国語など)を学びます。
                  <基礎科目>
                  文系の新入生向けに、「人文科学の基礎」「社会科学の基礎」が開講されます。

                  【2年次】
                  ○教養科目などを履修しながら,専門教育も始まる
                  2年次から専門科目が始まります。2年次の目標は「どんな方向をめざそうとするのか」を各自が発見することです。そのため、まず学部の必修講義「教育学概説Ⅰ~Ⅴ」で、教育学の基礎をしっかりと身につけます。
                  これと並行して「基礎演習」が開講されます。ここからゼミ(少人数で行う報告・討論形式の授業)が始まります。基礎演習Ⅰ(前期)では、4グループに分かれてゼミにおける基本的なスキルを実践的に学びます。
                  基礎演習Ⅱ(後期)では、研究グループごとに行われるゼミを選びます。また、後期から講義や実験・実習など多様な「専門選択科目」の履修が可能となります。
                  これらの授業を通じて、自分の進みたい方向を考えていきます。基礎演習Ⅱで選んだゼミが、3年次の「所属ゼミの選択」につながっていきます。

                  【3年次】
                  ○ゼミ中心の少人数教育が本格的に始まる
                  教育学部の最大の特徴はゼミ中心の少人数教育にあります。研究グループごとに行われる「専門演習」では、教育学、心理学、社会学、体育学、生理学などの基礎理論を学び、研究方法のトレーニングを行います。
                  3年次では自分の選択した方向に合わせた学習コースの設計が本格的に始まることになります。
                  また、自分の興味・関心に応じて、全学教育科目を履修することができます。


                  【4年次】
                  ○教育学を通して,歴史の転換期に参加する
                  わずか4年間の学問経験ではあっても、自分らしさを研ぎ澄ますことによって、様々な教育実践の課題に立ち向かう準備ができています。それをまとめるのが卒業論文です。

                  人間の住むところ、どこにでも教育学の本質的課題がひそんでいます。教育学部での学問経験を活かして、世界中に各自の教育学の実を稔らせましょう。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  教育学部は、人間の成長や発達を、人と人の関係および人と社会との関係の中で捉える、人間の科学としての教育学を追求することを理念とします。この人間の科学としての教育学の確立によって、社会の様々な領域で教育の実践と改善に携わる人材を育成するとともに、教育を通じて平和な世界の実現に寄与する人材を養成することを教育目的とし、この目的にそって編成された授業科目を履修し、所定の単位数を修得した学生に学士の学位を授与します。

                  ○教育学部の学位授与水準
                  教育学部の教育目標である、次のような知識、技能、態度を形成、獲得したと判断された学生に対して学位を授与します。
                  (1)人間の科学を担うにふさわしい総合的な知識と自主的な研究態度。
                  (2)社会の平和と永続的発展に貢献する人格の基礎。
                  (3)人間の科学を開拓するための専門的研究方法。
                  (4)実践的教育課題の解決に資する総合的研究能力。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  所定の編入学試験に合格することが求められる。

                  専攻分野

                  その他専攻分野