ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

総合化学院(博士課程(前期))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
総合化学専攻 2年 修士(総合化学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

北海道大学大学院総合化学院 教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)

◎教育課程の編成の方針及び教育課程における教育・学習方法に関する方針
大学院総合化学院の教育課程編成・実施の方針
 総合化学院は,学位授与方針で掲げる人材を養成するため,次の特色ある取組により総合化学専攻の教育課程を編成・実施します。
【双峰型教育システム】
  進展する先端科学・工学領域に柔軟に対応し,かつ果敢に挑戦できるような広い素養と柔軟な思考力を身につけるため,所属するコースから主専修科目5単位以上を必修とし,所属しないコースから副専修科目として2単位以上を選択する「双峰型教育システム」を実施します。
【基礎・応用の連携教育】
  理学研究院,工学研究院,その他の研究院,研究所及び研究センター等が有機的に連携することにより,分子を扱う基礎的な化学とともに,ナノ及びバイオテクノロジー,生命・医療,エネルギー・環境分野も視野に入れ,化学の広い分野における最新の成果を反映したカリキュラム内容を実現します。また,学外研究機関と組織的に連携し,大学院教育を展開する連携講座を設け,国際的に活躍する連携先機関の研究者を客員教員として配置し,修士課程・博士後期課程の教育と博士後期課程の研究指導を行います。
【研究者・技術者の育成】
  理工の連携・融合により多様な科目履修が可能になることから,大学院生の進路志望等に対応したきめ細かい教育を実施します。このため,修士の学位取得後に社会で活躍しようとする者には,『総合化学研究先端講義(インターンシップ)』を履修できるようにするとともに,博士後期課程進学予定者には,国際的に活躍する海外の研究者による英語特別講義を取り入れ,進学意欲を高めて,早い時期に世界を視野に入れた研究への取り組みを推進します。このような教育・カリキュラムの工夫により,社会あるいは次のステップへの接続を容易にし,各界で活躍することのできる研究者・技術者を育成します。
【産業界との交流】
  化学は裾野が広く多様な産業と密接な関連があることから,研究者・技術者や知的財産保護に豊富な知識や経験を有する弁理士を始めとした産業界で活躍している方々を講師に招き,化学が社会及び産業界でどのように役立つのか,会社における研究の視点などを解説します。また,企業・国公立研究所などでのインターンシップを積極的に取り入れ,大学と学外との接続に留意しながら教育します。
【国際性の涵養】
  国際性のある人材を育成するため,世界各国・地域から優秀な学生を受け入れ,世界をリードする優れた人材を育成することを目的とする国際先端物質科学大学院(AGS)を通じて,英語で行う授業を開講するとともに,英語によるプレゼンテーションスキルを修得・向上させるための授業やセミナーを行ないます。


総合化学専攻の教育課程編成・実施の方針
 総合化学専攻では,学位授与水準に定めた能力を持つ人材の育成を目的として,双峰型教育システムのもと,以下のとおりカリキュラムを編成し,実施します。
■修士課程
・総合化学院では,複数部局から参画する教員により,化学の分野を幅広くカバーする理・工連携カリキュラムを提供します。これにより,総合化学院の入学者に,理・工融合分野を含め,多様な分野の化学を学ぶ機会を与え,研究者・技術者として,将来,役に立つ基礎的及び応用的な知識を修得させます。
・広い分野の知識を教授して基礎学力を修得させるとともに,それぞれの学生には,個別に化学分野における未解明の課題を与え,課題の解決に向けた実践的なトレーニングを課します。これにより,将来,先端的化学の研究及び開発に貢献し得る,実践的な専門能力を修得させます。
・化学の幅広い領域に対応できる知識・能力を修得するため,また,社会的にバランスの取れた化学に関する研究者・技術者を育成するため,大学院共通授業科目における理工系専門基礎科目を開講します。
・化学に関する高度の専門性を身に付けるために必要な科目群を開講します。
・主任指導教員とは理・工学分野を異とする副指導教員が,理・工の双方の立場から学生の研究指導を行います。また,理・工学分野の双方を必ず含む3名以上の教員が学位審査を担当します。これらにより,講義科目のみならず,研究指導及び学位審査についても理・工学の総合的な立場から行うことができ,学生は研究面においても広い視野と見識を得ることができます。また,広い化学領域の教員等のアドバイスにより,優れた修士論文研究を支援します。
・コース別の専門分野の知識を深化させるためコース内の科目を優先的に学ばせます。この他,化学全般を俯瞰する力を養うために,所属コース以外のコースで開講される講義を受講させることにより化学関連の多様な課題に触れ,化学分野の研究者・技術者として役立つ確かな学力・知識を修得させます。
・主として修士課程1年次学生を対象として開講される『総合化学特論I, II』や,主として修士課程2年次学生を対象として開講される『化学研究先端講義(外国人講師特別講義)』を履修できるようにし,早くから化学英語に親しむとともに,英語による質疑・討論を行う機会を与え,学生の国際性を涵養します。
・各研究室において,化学分野の最新の研究動向を調査・研究するために,ゼミナールと文献講読を中心とした特別演習『総合化学実験研究法』を開講し,問題を分析して解決する能力を修得させます。
・ティーチングアシスタントとして学部学生を指導することにより,修得した知識を活用し確かなものにするとともに,様々な職業で必要となる教育力の向上を図るため『総合化学実験指導法』を開講します。
・『総合化学研究先端講義(インターンシップ)』及び『化学産業実学』を履修できるようにし,実社会での活動状況を知ることができるとともに,実社会との接点を早期に持たせます。
・『総合化学実験研究法』を通じて,研究者・技術者としての倫理観を修得させます。

■博士後期課程
・将来,先端的化学の研究及び開発に指導的立場で関わる人材の育成のために,博士後期課程においても必修科目として『総合化学特別研究第一』,選択科目として『総合化学特別研究第二』,『総合化学研究・指導法』,『先端総合化学特論』を開講します。これにより,課題解決に向けたより先端的かつ実践的トレーニングをとおして,さらに専門性を向上させ,独創性,洞察力,判断力等を身に付けさせるとともに,国際性の素養を育成します。
・主任指導教員と副指導教員2名以上(主任指導教員と理・工学分野を異とする副指導教員1名を含む)が,理・工学分野の双方の立場から学生の研究指導を行います。また,主任指導教員ではない主査及び理・工学分野の双方を必ず含む3名以上の教員が学位審査を担当します。これらにより,講義科目のみならず,研究指導及び学位審査についても理・工学分野の総合的な立場から行うことができ,学生は研究面においても広い視野と見識を得ることができます。また,広い化学領域の教員等のアドバイスにより,優れた博士論文研究を支援します。
・自立した研究者に必要となる問題解決力と論文作成方法を修得させるため,各研究室において『総合化学特別研究第一』を開講し,博士論文研究を支援します。
・高度なティーチングアシスタント業務等を通じて,大学あるいは化学の研究開発の場で必要となる優れた教育力の向上を図ります。
・『総合化学研究・指導法』を通じて,研究者・技術者としての倫理観を修得させます。

◎学習成果の評価の方針
Ⅰ 成績評価の基準
1.成績評価にあたっては,本学院の学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる本専攻の「養成する人材像に求められる具体的な能力(学位授与水準)」を踏まえ,授業科目ごとに「到達目標」を設定し,履修者の学修成果の達成度に応じて行います。
2.本専攻における成績は「秀(100点~90点)・優(89点~80点)・良(79点~70点)・可(69点~60点)・不可(60点未満)」で評価します。
3.本専攻における授業科目は,原則,絶対評価で評価します。
4.授業を実習で行う科目に限り,「合・否」で成績評価を行うことができることとします。
5.授業科目ごとに適切な「到達目標」が設定されていることと,それに基づく成績評価の結果を,学期ごとに教務委員会で検証し,必要に応じて担当教員に「到達目標」の再検討を依頼します。

Ⅱ 成績評価の方法
1.成績評価は,試験結果,レポート評価,成果発表(プレゼンテーション),学修態度等により行います。
2.授業への出欠状況を単に点数化はしません。
3.具体的な評価方法は,授業担当教員が定めます。

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

化学が直面する様々な課題を解決して社会に貢献するには、大学の化学系部局において生体物質・細胞を含む分子・分子集合体・物質群の自在操作技術から実社会で重要となる実用技術に直結する工学プロセスにわたる総合的な化学的素養の涵養を図ることが不可欠です。しかしながら、現状においては、基礎なる原子・分子論的な学理教育は主として理学部・大学院理学院において、材料物性や生産に直結した化学プロセス工学関連の教育・研究は主として工学部・大学院工学研究科で行われており、社会的な要請としての、基礎学理に基づく問題解決能力から実社会において重要となる生産プロセス・材料物性解析までを一貫して系統的に教育するカリキュラムにはなっていません。本学院ではこれら重要課題を念頭におきつつ、社会の要請に柔軟に対応することが可能な技術者や研究者の育成を目指し、そのために基盤的化学の確実な理解のための共通教育と、企業での技術者・研究者、公的機関の研究者、さらには大学などの教育者など、学生の求めるキャリアパスに応じた展開的教育を理・工に所属する教員が相補的に連携しながら行い、社会の要請に応える人材を養成します。

総合化学院が担う化学・科学の技術領域は多岐に亘っています。それを大きく分けると次の3つに分類することができます。
a.分子レベルでの反応の制御と解析、反応を効率的に実現する触媒開発と、それを巧みに利用した化学プロセス開発に至る一連の反応開発とプロセス設計
b.分子や原子を階層的に組み上げることにより新たな新機能を示す有機高分子、無機材料、金属材料、ナノ材料等と、その複合材料の創製
c.細胞と生物自体の構造・機能の化学的な解析に基づいた生体システムの人工的制御と生体の各種機能を発現する医学・医療関連材料の設計

総合化学院においては、上記、a ~ c の領域に対してそれぞれ a)分子化学コース、b)物質化学コース、c)生物化学コースの3つの履修上の区分を設け、関連する化学・科学技術を展開・発展することのできる技術者・研究者の養成にあたります。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

○大学院総合化学院の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
 総合化学院では,本学の4つの基本理念(フロンティア精神,国際性の涵養,全人教育,実学の重視)の下,化学及び化学関連の幅広い専門分野で次世代のフロントランナーとなれるトップクラスの研究者と技術者を育成することを教育目標としています。
 総合化学院では,この目標とする人材像に求められる具体的な能力(学位授与水準)を修士課程と博士後期課程において定め,当該能力を身につけ,かつ,所定の単位を修得し,学位論文または特定の課題についての研究の成果の審査及び試験に合格した者に修士または博士の学位を授与します。

○総合化学専攻の学位授与水準
 化学が社会で直面する多様な課題を見据え,基礎となる原子・分子論的な学理とともに物質の合成や生産に直結した能力も身につけ,社会の要求に柔軟に対応可能な化学関連の研究者や技術者の育成を目標としており,次の能力を持つと認められる者に対して,修士または博士の学位を授与します。

■修士課程
・化学を基盤とした,基礎から応用までを幅広くカバーする科学・工学に関する高度な知識を有するとともに,それを深く理解できる。
・幅広い化学分野で国際的に活躍できるコミュニケーション能力を持っている。
・化学物質とその生産に関連する研究・開発に必要な優れた現象観察力と分析力を持っている。
・修士論文研究を通じて課題発見力と研究推進力を修得している。
・化学分野における高度な専門性を必要とする職業を担うための卓越した能力を修得している。
・研究者・技術者としての倫理観を修得している。

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部
編入学

転学部・編入学情報補足

本学院で選考のうえ,転学を許可することがあります。

専攻分野

専攻分野
化学
応用化学・環境工学

専攻分野に関する説明