ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  水産科学院(博士課程(前期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  海洋生物資源科学専攻 2年 修士(水産科学)
                  海洋応用生命科学専攻 2年 修士(水産科学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ○大学院水産科学院の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
                  大学院水産科学院は,学位授与方針で掲げる人材を養成するため,次の特色ある取組により各専攻の教育課程を編成・実施します。

                  【コース制教育プログラム】
                  大学院水産科学院では,修士課程に研究者養成の基礎課程「先端教育コース」と広い視野を持つ高度専門職業人を養成する課程「広領域教育コース」を設置し,学生および社会の大学院に対する要求の多様化に対応した教育を実施します。

                  【4学期制講義システム】
                  集中的に開講して学習効果を高めるとともに,留学生,社会人の受入れに期間的な制約が少なくなることや,時間的制約の解消により水産科学院の教育研究に不可欠なフィールドワークが行いやすいなどの点から,講義および演習・実習などの科目を8週で完結する集中開講制,すなわち4学期制を導入しています。

                  【領域横断型教育プログラム】
                  広範な領域に及ぶ水産科学への理解を深めるために,専攻,講座をまたがる各種特論で構成する学院共通科目を開講し,専門分野を超えた広範な知識の習得をはかります。

                  【国際性の涵養】
                  領域横断型の特論(学院共通科目)の一環として,外国人教員による「英語論文の書き方と発表」を開講するとともに,国外協定校の学生も参加するサマースクールを開講し,外国語による研究活動とコミュニケーション能力の向上を支援します。

                  【キャリア形成の支援】
                  キャリア形成を目的としたスキルアップのため,人材育成本部主催の大学院共通の授業科目を開講します。また,学院,講座,同窓会等の企画により,学院共通科目の一部として国内外の研究機関や企業の第一線で活躍中の人材を講師に招いて特別講義を随時開講します。さらに,就職支援連絡会議では,キャリアセンターおよび人材育成本部と連携しながら,各種のセミナー,ガイダンスなどを企画,開催し,キャリア形成を積極的に支援します。
                  また,ティーチングアシスタントあるいはティーチングフェロー,リサーチアシスタント業務を通じて,水産科学の教育研究において必要とされる優れた教育力とプロジェクト遂行能力の実践的向上を図ります。

                  【教育指導体制】
                  大学院水産科学院では,教育課程に関する実務的事項を取り扱う教務委員会の他に,学部教育・大学院教育の向上,改善に関する事項を取り扱うために,学部・大学院共通の教育改善委員会を設けています。この教育改善委員会の中に,専ら研修を企画・運営するために研修室を設けており,毎年,課題別研修会を開催し,教育内容や教育方法の改善に取り組んでいます。さらに,直接の指導教員のみならず,履修・研究進捗状況の把握・チェックなどを複数教員によりきめ細かく指導するために講座所属の全教員からなる修学指導小委員会を置き,学習・研究の支援を行います。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ○大学院水産科学院の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
                  大学院水産科学院は,本学が掲げる4つの基本理念(フロンティア精神,国際性の涵養,全人教育,実学の重視)の下,海洋生物資源科学専攻と海洋応用生命科学専攻の2専攻を設置し,海洋,水産に関わる自然科学から社会科学までの広範な専門分野を包括する水産科学を基盤とした水圏生物資源の持続的な利用を見据え,地球規模での環境保全と生産の調和に関する基礎から応用に至
                  る知識及び研究能力と国際的な視野と行動力を有する人材の養成を行うことを教育目標としています。
                  大学院水産科学院では,この目標とする人材像に求められる具体的な能力(学位授与水準)を修士課程と博士後期課程において定め,当該能力を身につけ,かつ所定の単位を修得し,学位論文の審査および試験に合格した者に修士または博士の学位を授与します。


                  大学院水産科学院の学位授与水準
                  大学院水産科学院は,学位授与の方針で掲げた教育目標に即し,次の項目に記す能力を持つと認められる者に対し,修士または博士の学位を授与します。

                  ■博士前期課程(修士課程)
                  ・ 水産科学に関する幅広い知識と専門分野における深い理解
                  ・ 水産科学を基盤として国際的に活躍できるコミュニケーション能力
                  ・ 専攻分野における十分な研究能力
                  ・ 高度の専門性を必要とする職業を担うための卓越した能力

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野