ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

教育学研究科(専門職学位課程)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
教職実践専攻 2年 教職修士(専門職)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

平成30年度以降入学者用
 社会状況の変化や複雑化・多様化する教育課題に適切に対応できる,より高度で専門的な知識と実践力を備えた人材の育成が不可欠です。そこで教育学研究科では,以下のようなカリキュラムを編成しています。
 専門職学位課程は,アクションリサーチャーとしての教師の育成を目指し,学校現場や教育行政との密接な連携のもと,デマンドサイドのニーズに立脚し,研究成果を学校現場に直接還元できる特色あるカリキュラム編成としています。すべての学生が履修する共通科目,学生それぞれの職能発達や専門性等の育成に応じて履修する選択科目および学校における実習科目を配置しています。

平成29年度以前入学者用
 近年,教育を取り巻く社会状況は大きく変化し,学校現場が抱える課題は複雑化・多様化しています。こうした社会状況や教育課題の変化に適切に対応し,信頼される学校教育を展開していくためには,より高度な専門性と人間性・社会性を備えた人材の育成が不可欠です。そこで教育学研究科では,以下のようなカリキュラムを編成しています。
 専門職学位課程は,すべての学生が共通に履修する共通科目を設けるとともに,それぞれの学生の職能発達を考慮した選択科目および学校における実習科目を配置してい ます。学校現場や教育行政との密接な連携のもと,デマンドサイドのニーズに立脚し,研究成果を学校現場に直接還元できる特色あるカリキュラム編成となっています。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

 教職大学院は,教育現場の課題について理論と実践の架橋・往還を通して高度にマネジメントし遂行できる総合的・実践的な力量(高度教育実践力)を備えた高度専門職業人しての教員の養成を目的としています。
教職大学院では,「共通科目」「選択科目」「学校における実習」を開設しますが,主に「必修科目」と「選択科目(5領域)」で課題解決に活用できる実践的理論を修得し,「学校における実習」でリアリティのある教育課題と向き合いながら,「教育実践研究(選択科目)」と連動させることで,理論に裏打ちされた実践ができるようにするとともに,他の教師・学校が活用できる「教育実践研究報告書」として言語化できるようにします。
 普遍性や汎用性を志向する理論は,学校・地域の実態や教師の力量・立場などによってその効果や適用範囲は限定されるものです。ですから,まず対象となる学校・地域に出向いて,このような変数の多い教育現場を多面的・総合的に捉え,当事者としてそこにある課題の解決に向けて展開されている実践に参画することで,学校・地域の賛同を得て課題の解決策を実践し検証する営みが欠かせません。
 また,経験主義を克服し着実に課題解決を図る優れた実践家は,課題の本質を見極めて最善の解決策を提案・実践しその効果を絶えず検証しながら改善し続けるものです。ですから,自身や対象となる学校・地域の実践を客体化できるよう異なる立場の者と省察し言語化することで,賛同する者を増やし巻き込む営みが欠かせません。
 こうした営みを通して「分析力・解釈力」「企画力・提案力」「評価力」「マネジメント力」「実践的展開力」の5つの高度教育実践力を備えた「アクション・リサーチャーとしての教師」を養成します。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

平成30年度以降入学者用
 教育学研究科は,教育に関する高度で専門的な教育・研究活動を行い,社会が求める人材を養成することにより地域社会の教育の発展に大きく貢献しています。
 専門職学位課程においては,所定の単位を修得し,これからの学校教育に必要な深い学問的知識や技術とともに,理論と実践の架橋・往還により学校や地域の教育の課題を適切に分析し改善するために必要な能力を備えている者,すなわち,学校の教育課題に即時対応でき,地域や学校において指導的役割を果たしうる教員としての資質・能力を備えている者に対して教職修士(専門職)の学位を授与します。

平成29年度以前入学者用
 教育学研究科は,教育に関する高度で専門的な教育・研究活動を行い,社会が求める人材を養成することにより地域社会の教育の発展に大きく貢献しています。
 専門職学位課程においては,所定の単位を修得し,これからの学校教育に必要な深い学問的知識や技術とともに,理論と実践との架橋・往還・融合を通して学校教育をマネジメントするために必要な能力を備えている者,すなわち,学校の教育課題に即時対応でき,地域や学校において指導的役割を果たしうる教員としての資質・能力を備えている者に対して教職修士(専門職)の学位を授与します。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
教育学(教員養成課程)

専攻分野に関する説明