ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学研究科(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  学校教育学専攻 2年 修士(教育学)
                  教育臨床心理学専攻 2年 修士(教育学)
                  教育科学専攻 2年 修士(教育学)
                  教科教育学専攻 2年 修士(教育学)
                  発達支援学専攻 2年 修士(教育学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  平成30年度以降入学者用
                   社会状況の変化や複雑化・多様化する教育課題に適切に対応できる,より高度で専門的な知識と実践力を備えた人材の育成が不可欠です。そこで教育学研究科では,以下のようなカリキュラムを編成しています。
                   修士課程は,自らの課題意識に即して研究を遂行する能力の育成を目指し,課題解決型学習を特色としたプロジェクトへの参画と修士論文を課しており,実践的視野を身につけることが可能なカリキュラム編成としています。すべての学生が履修する共通基礎科目,基礎理論・方法論・実践研究などの専門基礎科目,特論や演習などから成る高度に専門的な専門科目を配置しています。

                  平成29年度以前入学者用
                   近年,教育を取り巻く社会状況は大きく変化し,学校現場が抱える課題は複雑化・多様化しています。こうした社会状況や教育課題の変化に適切に対応し,信頼される学校教育を展開していくためには,より高度な専門性と人間性・社会性を備えた人材の育成が不可欠です。そこで教育学研究科では,以下のようなカリキュラムを編成しています。
                   修士課程は,すべての学生が共通に履修する共通基礎科目を設けるとともに,各専攻・コースごとに基礎理論・方法論・実践研究などの専門基礎科目と,特論や演習などから成る高度に専門的な専門科目群を配置しています。さらに,専門基礎科目や専門科目で学んだことを統合し,自らの課題意識に即して研究を遂行する能力を育成するために,課題研究と修士論文を課しています。附属学校園等と連携した科目も設けており, 実践的視野を身につけることのできるカリキュラム編成となっています。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                   修士課程(教育科学専攻)では,学校教育以外でも教育が広く人と社会を支えていることを重視し,教育の新しい価値を提供し,世の中を支える教育科学の可能性を追求することを目指しています。そのため,修士課程(教育科学専攻)では,修士論文の研究とプロジェクト基盤学修(Project Based Learning: PBL)を二つの柱として学修が構成されています。
                   PBL では,専門の異なる大学院生がチームを組み,教育科学に関するプロジェクトを企画立案・実施し,実践を通して教育の可能性を拡げることを学びます。プロジェクトを構成する力は,社会人として大変重要な資質・能力であることはもちろん,次代を担う研究者としても必要な資質・能力です。
                   大学院修士課程の PBL は,教育科学 PBL のコアを構成する「教育科学の理念と今日的課題 B」「教育科学プロジェクト研究概論」「PBL I, II, III」と,それを支える共通基礎科目と専門基礎科目と専門科目から構成されています。
                  PBL のプロジェクトは1年次の一年間の期間で実施します。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  平成30年度以降入学者用
                   教育学研究科は,教育に関する高度で専門的な教育・研究活動を行い,社会が求める人材を養成することにより地域社会の教育の発展に大きく貢献しています。
                   修士課程においては,所定の単位を修得し,必要な研究指導を受けた上,学位論文の審査および最終試験に合格した者,すなわち,教育に関する深い学問的知識と高度な課題解決能力を身につけ,それを社会に還元できる専門性と実践的視野を兼ね備えている者に対して修士(教育学)の学位を授与します。

                  平成29年度以前入学者用
                   教育学研究科は,教育に関する高度で専門的な教育・研究活動を行い,社会が求める人材を養成することにより地域社会の教育の発展に大きく貢献しています。
                   修士課程においては,所定の単位を修得し,必要な研究指導を受けた上,学位論文の審査および最終試験に合格した者,すなわち,教科や教育理論に関する深い学問的知識と高度な研究能力を身につけ,それを社会に還元できる専門性と実践的視野を兼ね備えた教員および研究者としての資質と能力を備えている者に対して修士(教育学)の学位 を授与します。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野