ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

法務研究科(専門職学位課程)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
法務専攻 3年 法務博士(専門職)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

岡山大学大学院法務研究科は,高度専門職業人たる法曹育成,とりわけ,司法過疎地域や社会的弱者などに目を向けた人権感覚豊かな法曹の育成を目的とし,理論と実務との架橋を強く意識した教育を実施しています。このような教育目的・理念のもと,体系的法理論と専門的知識の習得とともに,実践的法運用能力や職業法曹人にふさわしい倫理観及び人権感覚・社会的正義観念,それらを支える教養と深い洞察力,ならびに,地域的法実務に必要な総合的判断能力・批判能力などを涵養するという観点からカリキュラムを編成し,高度専門職業人としての必要な能力を備えた人材を育成するという専門職学位課程の趣旨に沿った質の高い学位プログラムを提供します。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

【法科大学院と連携する法律事務所(附属法律事務所)における実務教育】

法科大学院と連携し教育を主たる目的とする法律事務所を置き、法曹資格をもつ教員や協力弁護士が法律相談や訴訟活動を行いながら、学生のクリニック・エクスターンシップの教育に当たります。
これにより、円滑に実務教育を実施できるとともに、教員が実務に触れることを通じて得た経験を教育に生かすことができます。

【実務基礎科目群の充実】

民事法・刑事法実務演習科目の充実等に見られるように、実務法曹としての高度な能力・技術・倫理の教育に重点を置きます。また、現状への批判的視点を維持し、新たな実務分野へ対応することもできるよう、実務と理論の架橋にも意を用います。

【ネットワーク・セミナー方式の採用】

地域に根ざした法曹教育を充実させるために、とくに医療・福祉系科目群に関して、法以外の分野を含む地域の多様な実務家と大学教員が、共同で「医療福祉研究(ネットワーク・セミナー)」科目を主宰します。
この科目では、地域実務における法的問題の発見と理論的・実務的対処について、実務家と研究者の協働が予定されており、教育のみならず地域における法学研究の核としても高い機能を果たすことを目的としています。

続きを読む… 折り畳む

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

岡山大学大学院法務研究科は,「地域に奉仕し,地域に根ざした法曹育成」を理念に掲げ,カリキュラムポリシーに基づき編成されたカリキュラムを実施することにより,高度専門職業人たる法曹にふさわしい倫理観や人権感覚に裏打ちされた高度の体系的法知識と実践的法運用能力を備えた者に対して,「法務博士(専門職)」の専門職学位を授与します。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
法学・法律学

専攻分野に関する説明