ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  保健学研究科(博士前期課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  保健学専攻 2年 修士(保健学)、修士(看護学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   研究の基礎能力と保健・医療に携わる者としての素養を育てるために,3 分野共通のコア科目を設けています。
                   助産師,がん専門看護師の育成にあたっては高度の専門知識と技術に加えて,研究の基礎能力を身につくようなコース編成となっています。
                   助産師,がん専門看護師の育成にあたっては岡山大学病院,地域中核病院,および診療所での実習を取り入れて,実践に結び付いた教育を行っています。
                   研究の中間段階で,他の大学院生や教員の質問や意見を参考に自分の研究の問題点や位置づけがわかるようにしています。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  医療エキスパートとしての資格
                  助産師、がん看護専門看護師(CNS)、医学物理士などの資格取得が可能な専門職育成コースがあります。修了生は専門資格を活かした色々な医療分野で、医療のエキスパートして活躍しています。さらに、今後、医療現場で求められる管理職としての資質も学んでいきます。

                  学生生活のサポート
                  長期履修制度や保育園併設等のサポート体制が充実しています。経済的支援として授業料・入学料免除、奨学金、ティーチングアシスタント、リサーチアシスタント、学会発表奨励金などの支援も受けることが出来る場合があります。さらに、夜間開講、e-learning などの学習支援、大学病院や地域医療機関と連携した研究支援なども充実しています。

                  多くの修了生が全国各地で活躍
                  開設以来、多くの修了生を輩出し、全国各地で医療の世界のみならず、教育研究機関、行政機関、企業等で活躍しています。修了生のネットワークは研究や教育、就職支援など、色々な分野で活かされています。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ●保健学の実践を通してヘルスプロモーションの実践に貢献できる。
                  ●保健・医療チームの中核として全人的な保健・医療を提供できる。
                  ●研究の基礎能力と探究心を持ち、生涯にわたって自己研鑽できる。
                  ●社会・環境の変化にも柔軟に対応できる。
                  ●高度の専門知識と技術を持ち、保健・医療・福祉の向上に貢献できる。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野