ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  環境生命科学研究科(博士前期課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  生物生産科学専攻 2年 修士(農学)、修士(学術)
                  生物資源科学専攻 2年 修士(農学)、修士(学術)
                  社会基盤環境学専攻 2年 修士(工学)、修士(環境学)、修士(農学)、修士(学術)
                  生命環境学専攻 2年 修士(理学)、修士(環境学)、修士(農学)、修士(学術)
                  資源循環学専攻 2年 修士(工学)、修士(環境学)、修士(学術)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   本研究科の教育課程編成においては、博士後期課程には「環境科学専攻」と「農生命科学専攻」の2専攻を設置し、博士前期課程には、「社会基盤環境学専攻」、「生命環境学専攻」、「資源循環学専攻」、「生物資源科学専攻」、「生物生産科学専攻」の5専攻を設置しています。
                  本研究科では、高度の専門性と総合性・学際性のバランスを確保することの重要性に鑑み、博士前期課程と博士後期課程のそれぞれにおいて、他研究科の兼担教員も含めた横断的授業カリキュラムを設定するとともに、専攻・講座を越えた学際的な講義を積極的に実施します。 高度の専門性に関しては、博士後期課程環境科学専攻および博士前期課程の関連分野では、「持続可能社会の形成」を共通の学問理念とし、環境と調和した都市・地域空間の創出と管理、生物多様性や生態系保全、食の安全安心と食料生産の確保、人間の生存に直接影響をもたらす問題の疫学・数理科学的な解明、循環型社会および低炭素社会の構築、環境低負荷型材料やプロセスの創成等に関わる大学院教育プログラムによって高い専門性を涵養します。一方、博士後期課程農生命科学専攻および博士前期課程の関連分野では、持続可能社会の必須条件である食の安全安心と食料生産の確保を目標として、生態学、生理学、細胞生物学、遺伝子科学、生化学、有機化学、分析化学などの側面から、生命現象を解明する基礎分野から、動植物や微生物を利用した生産技術や環境保全技術の開発、機能性食品素材・医薬品の開発および生物多様性の維持などの応用分野までに関わる大学院教育プログラムによって高い専門性を涵養します。
                  このような各分野の教育と研究を通じて、我々が直面する様々な課題の解明により、 持続可能な社会の構築を目指し、豊かな専門的知識を基礎として自立して課題を遂行しうる能力を有し、さらに、リーダーシップを発揮して、国際的にも活躍できる人材を養成します。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  1.専攻概論による高等基本教育
                    1年前期に開講する専攻概論において、博士前期課程における教育・研究の目的、研究科のバラエティに富んだ分野・講座・専攻の構成、各専攻の先端的研究実績などを紹介しており、環境科学と農生命科学における異分野融合の重要性を学びます。
                  2.国際化のための英語力強化と海外実習
                    環境や農業の問題は発展途上国の共通の問題となっており、本研究科ではアジアやアフリカなどをフィールドとした研究を数多く進めています。それにあわせ、教育では海外で活躍できる人材の養成に力を注いでおり、「国際化」は本研究科の大きな柱となっています。
                  「国際化」の教育基盤は、英語理解力とコミュニケーション力です。ネイティブ・スピーカーによる英語プレゼンテーション実習を開講するとともに、先進基礎科学特別コースでは、さらに4つの科学技術英語科目を提供しており、そのうち2科目はネイティブ・スピーカーによる講義となっています。
                  「国際化」の実践的教育として、学生が海外において活動する「プロジェクト実習」に力を入れています。この実習科目はフィールドを「学内」、「地域」と段階的に広げ、最後の「国際」で海外実習を効果的に行うことを特徴としており、海外では実習課題の遂行の中で、現地の人とコミュニケーションを深めることを目的としています。
                  3.異分野融合教育としてのイノベーション科目群
                    本研究科は、環境科学と農生命科学だけを目指すのではなく、工学、理学、社会科学、医学などとの異分野融合を目指す研究科であることから、教育においても幅広い分野の講義科目群の中から自分にあった科目を選択できるように配慮しています。例えば、先進異分野融合特別コースでは、グリーンイノベーション分野かライフイノベーション分野を選択し、本研究科と自然科学研究科が提供する関連科目を履修することができます。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   本研究科は、人類を含む生命の発展的存続を保証し、安全、安心、かつ豊かな社会を実現することを目標として、環境科学と農生命科学とを融合させた新たな学問の発展を基に、医学、社会科学も含めた高度の専門性と総合性・学際性のバランスを考慮したカリキュラムによる教育・研究を実施しています。さらに、これらの教育・研究活動を通して「創造的知」の成果を世界に向けて発信するとともに、深い学識と高度な専門性を身につけた研究者や高度専門職業人を育成し、地域と大学が連携した学問の府「学都」の形成を通じて、社会の要請に応えています。
                  博士前期課程では、修士論文の研究成果が各専攻の定める学位授与の水準を満たし、信頼性の高い結果と誠実な考察に基づいて、明快かつ論理的に書かれていることが必要です。加えて、社会において高度の専門性を生かし、問題設定と解決に向けた研究や技術開発に取り組むことのできる能力とその基盤となる学識を有している者に対して、修士の学位を授与します。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野