ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  保健学研究科(博士後期課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  保健学専攻 3年 博士(保健学)、博士(看護学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   チーム保健・医療をリードする能力を養うための共通コア科目を設けています。
                   学会発表を義務付け他大学の教員や保健医療機関の職員の質問や意見を理解し,自分の研究の問題点や位置づけができるようにします。
                   他の研究科や他の大学の研究者との交流を通して,自分および他の研究者の研究を広い視点から理解・評価する能力を養えるようにします。
                   また,異分野との交流を通して,異分野の叡智をヘルスプロモーション科学の確立に活用できるようにします。
                   国際的視野と英語能力を育てるために,国際学会における英語での発表を奨励します。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  保健学研究科では、目標理念、教育理念及び人材育成目標を明確に定め、現代社会が保健学分野に求めるニーズに対応できる人材の育成に努めている。本研究科の目標理念としては、前期及び後期課程を通じ一貫して、「ヘルスプロモーションの実践と確立」を掲げており、この目標理念を達成するために、博士前期課程においては、教育理念として、「全人的ケア」及び「チームケア」を据え、博士後期課程では「インタープロフェッショナルワーク論」を基盤とした「ヘルスプロモーションの実践と確立」を目指している。また、博士前期課程では、がん専門看護師をはじめとする高度専門職の育成と、専門性の確立に貢献できる基礎的研究能力の養成を目的とし、博士後期課程では保健・医療・福祉に関係した教育プログラムや機器・技術の開発等独立した研究能力をもつ教育・研究者の養成を目指している。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  保健学研究科では、論文にまとめた研究成果が研究科の定める学位授与の水準を満たしていることに加え、以下の要件を満たしている人に学位を授与します。
                  ●保健学の実践・教育・研究において指導的役割が担える。
                  ●保健学の実践・教育・研究を通してヘルスプロモーションの実践と確立に貢献できる。
                  ●保健・医療・福祉教育の向上と保健・医療分野の人材育成に貢献できる。
                  ●自立した研究能力を持ち、機器・技術の開発等を通して保健・医療・福祉に貢献できる。
                  ●柔軟な発想と多角的視点を持ち、グローバル化等社会の変化に迅速に対応できる

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野