ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

理工学域 物質化学類

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
物質化学類 4年 学士(理学)、学士(工学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

今後も急速に進展する自然科学のあらゆる領域において,物質の根源を探求する 化学への期待と要求はますます高まっています。これらの要請に応えるために,「化学の基本原理の探求」から「化学技術の創造」までを深く広く理解し,同時にその成果を社会や自然界へ応用できる人材の育成をめざします。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

自然科学の根幹であり,また物理学,生物学,医学,薬学,工学などの広範な分野と 密接にリンクしている化学について,その基礎から応用までを幅広く学び,知識と技術を修得します。そのため,原子・分子の世界から ナノテクノロジー・バイオテクノロジー・エネルギー変換・医薬・機能性材料等の最先端領域まで,幅広く専門的に学びます。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

化学の専門知識・技術とともに幅広い教養と豊かな人間性を身につけ,科学・科学技術・文化の発展と充実に貢献できる人材を養成する。下記の各コアプログラムのディプロマ・ポリシーで掲げた人材養成目標への到達を含めて,この学類の人材養成目標に到達した者に学士(理学)もしくは学士(工学)の学位を授与する。

・先端化学コアプログラム:物質の化学的性質・構造・反応などに関する基礎的原理や実験技術と合わせて広範な自然科学の素養を習得し、未来の科学を支えるために独自に考える力と自然に対する好奇心を持ち、発見の感動を味わうことに価値を見いだすことができる人材を養成する。この人材養成目標に到達した者に学士(理学)の学位を授与する。
・応用化学コアプログラム:応用化学の研究者及び技術者として必要な知識と技術,化学的な思考力・創造力,実際問題への応用能力を修得するとともに,工学倫理や環境に対する責任を自覚し,社会でリーダーシップを発揮できる人材を養成する。加えて,研究を通して得た成果を広く世界に向けて発信し、社会や自然界へ応用する能力を養う。金沢大学<グローバル>スタンダード(KUGS)及び本学類が掲げる人材養成目標を踏まえ,以下に掲げる学修成果を達成した者に,学士(工学)の学位を授与する。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部0円
編入学

転学部・編入学情報補足

受入れ上限数
4人(入学定員の5%)
3年次編入。
編入学試験検定料30,000円(入学検定料の他に,支払手数料として別途990円が必要),入学料282,000円(予定)及び授業料(前期分)267,900円(予定)〔年額 535,800円(予定)〕,学生教育研究災害傷害保険料及び学研災付帯賠償責任保険(2年分)2,430円(予定)

詳細は募集要項を参照すること。
https://www.adm.kanazawa-u.ac.jp/south/gakusei/boshu_youkou/R5_riko_hennyu_youkou.pdf

専攻分野

専攻分野
化学
応用化学・環境工学

専攻分野に関する説明