ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  理工学域 物質化学類

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  化学 4年 学士(理学)、学士(工学)
                  応用化学 4年 学士(理学)、学士(工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  【化学コース】
                  化学の専門的職業人として必要な自然科学の素養として「基礎学力(目標A)」を養う基礎科目群とともに,現代化学全般を体系的に習得する中で「化学的な研究能力と 問題解決力(目標B)」を養う専門科目群を配置した。また,「情報発信型人材育成(目標C)」を目標として,ゼミナールや課題研究を中心としたプレゼンテーション能力及び国際コミュニケーション能力を養成する科目群を編成した。

                  【応用化学コース】
                  科学技術に携わる研究者および技術者に必要な「基礎学力と社会的倫理観(目標A)」を養う基礎科目群とともに,応用化学の専門的職業人に求められる「化学的スキルと工学的センス(目標B)」の習得を目標とした専門科目群を配置した。また,社会における実践的能力として「創造的思考力と行動力(目標C)」を養成するために,課題探究型の実験・実習やプレゼンテーション能力及び国際コミュニケーション能力を養成する科目群を編成した。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  【化学コース】
                  ≪導入科目≫
                    大学での学習は高校時代とは大きく異なり,戸惑いを感じることも多々あります。導入科目では高校と大学の間の橋渡しを目的とし,これから何をどのように学んでいくのか動機づけを行います。
                  ≪豊富な実習≫
                   学生一人一人に実験台が与えられ,教員と議論をし,化学実験を自ら考えながら行うことで,研究者となるための基礎を身につけます。卒業研究において新分子をつくったり,新機能を自分が一番に発見するための基礎を習得できます。
                  ≪化学のプロを目指して≫
                   化学の基礎から応用までの充実した講義と,幅広い化学分野に対する実験・演習が用意されています。更に卒業研究では多くの理化学機器や情報機器を利用し,複数の担当教員と最新の研究テーマに取り組みます。
                  ≪きめ細やかな教育体制≫
                   導入科目や物質化学実験では少人数の教育を実践し,各個人の顔がみえる教育体制をとっています。さらにアドバイス教員制度を敷き,学生生活をしっかりとサポートします。

                  【応用化学コース】
                  ≪導入科目≫
                    大学での学習は高校時代とは大きく異なり,戸惑いを感じることも多々あります。導入科目では高校と大学の間の橋渡しを目的とし,これから何をどのように学んでいくのか動機づけを行います。
                  ≪創成型科目≫
                   少人数グループで問題を提起し,それを協力して解決後,効果的にプレゼンテーションする能力を身に付けることを目的とします。主に実験・ゼミナール科目において,複数の機会が設けられています。
                  ≪化学のプロを目指して≫
                   化学の基礎から応用までの充実した講義と,幅広い化学分野に対する実験・演習が用意されています。更に卒業研究では多くの理化学機器や情報機器を利用し,複数の担当教員と最新の研究テーマに取り組みます
                  ≪インターンシップ≫
                   希望者には主に3・4年次の夏休みを利用し,企業での体験学習の機会があります。実際の現場を肌で感じることで,卒業後の進路の展望が開け,大学での学習意義や必要性を再認識できます。
                  ≪きめ細やかな教育体制≫
                   導入科目や創成型科目では3~5人程度の少人数教育を実践し,各個人の顔がみえる教育体制をとっています。さらに2年次からは相談教員制度を敷き,就職や学習をしっかりとサポートします。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  化学の専門知識・技術とともに幅広い教養と豊かな人間性を身につけ,科学・科学技術・文化の発展と充実に貢献できる人材を養成する。各コースのディプロマ・ポリシーで掲げた人材養成目標への到達を通じて,この学類の人材養成目標に到達した者に学士(理学)もしくは学士(工学)の学位を授与する。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可847,800円

                  転学部・編入学情報補足

                  受入れ上限数
                  4人(入学定員の5%)
                  (注)上記費用の内訳は,次のとおり・・・編入学試験検定料30,000円,入学料282,000円及び授業料(年間)535,800円

                  専攻分野

                  その他専攻分野