ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  人間社会学域 学校教育学類

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  教育科学 4年 学士(教育学)
                  教科教育学 4年 学士(教育学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  1)教員養成課程であるため,教職員免許法に定める免許状の取得要件を基盤に,カリキュラムを構成する。すなわち,○ 教育科学コース教育基礎専修においては,小学校教諭一種免許状および中学校教諭一種免許状(教科は任意)○ 教育科学コース特別支援教育専修においては,小学校教諭一種免許状および特別支援学校教諭一種免許状○ 教科教育コース各専修においては,小学校教諭一種免許状および中学校教諭一種免許状(教科は所属専修の教科)の取得要件を必修とし,高等学校・幼稚園の免許科目は選択科目として配置する。

                  2)全学生必修の小学校免許関連科目と,教員として必要な一般的な知識・技能を修得する科目を学類共通科目として主に1年次から2年次に配置する。中学校免許取得のための科目,および教育科学の二つの専修の基礎的な科目を,「専修基礎科目」(必修科目)としておもに2年次・3年次に配置し,専修の専門知識を深め,教育現場での応用力を高めるための「専修専門科目」(必修を含む)を主に3年次から4年次に配置し,幼稚園免許のための選択科目は4年次を中心に配置する。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  本学学校教育学類WEBサイトを参照してください。
                  http://www.ed.kanazawa-u.ac.jp/gr/about/curriculum.html

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  義務教育学校を中心とした学校の教員に必要な,次のような知識・技能・態度を備え,教員として学校現場の課題に応えられる人材を養成する。この人材養成目標に到達した者に学士(教育学)の学位を授与する。

                  1.教科等(道徳・特別活動を含む)の専門知識と,児童生徒の実態に合わせてそれらを教授するための知識・技能・創造的思考力。
                  2.児童生徒の実態を観察・理解し,コミュニケーションにもとづいて児童生徒の自主的自治的活動を支援するための知識・技能・態度。
                  3.学校教育・学校組織とそれを取り巻く現代社会と世界の諸問題についての知識・理解力・分析力。
                  4.自己の教員としての資質を省察し,個性的な教員としての自己形成を目指すための知識・技能・態度。
                  5.取得教員免許状の種類に応じた校種(小・中・特別支援・高等学校及び幼稚園)ごとの特徴的な教育内容と教育方法,および児童生徒等の理解と支援についての知識・技能。
                    ・教科等(道徳・特別活動を含む)の内容を理解し,児童・生徒の実態に応じた教授方法を探求することができる。(教科等)
                    ・児童生徒への理解にもとづいてコミュニケーションを行い,自主的自治的活動を支援することができる。(子ども理解)
                    ・学校教育・学校組織とそれを取り巻く現代社会と世界の諸問題について,理解し判断することができる。(学校・社会)
                    ・自己の教員としての資質を省察し,個性的な教員としての自己形成を目指すことができる。(自己省察)
                    ・取得する教員免許の校種における教育内容・教育方法の特性を理解し,校種に応じた児童生徒等の理解と支援を行うことができる。(校種)

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足

                  受入れ上限数
                  10人(入学定員の10%)

                  専攻分野

                  その他専攻分野