ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  人間社会学域 法学類

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  公共法政策 4年 学士(法学)
                  企業関係法 4年 学士(法学)
                  総合法学 4年 学士(法学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  【学類のCP】(1)体系的カリキュラム:法律学・政治学の学問体系の骨格に対する理解を促す。(2)階層的カリキュラム:入学初年次は基礎的な科目を,学年の進行に従って応用的・発展的な科目を提供する。(3)進路に応じたカリキュラム:1,2年次生はおおよそ同じ基本的科目を学ばせ,3,4年次生は将来の進路に即した科目を学ばせる。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  本学法学類WEBサイトを参照してください。
                  http://law.w3.kanazawa-u.ac.jp/home/homelinkstaff/curriculum

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  法 律学・政治学の学問体系の骨格を理解していること,法律学・政治学の基本的な科目の知識を修得していること,卒業後の進路に応じて必要な知識を修得していること,問題を発見する力と,自分の主張をまとめて論証する力を身につけていること。以上の法学類の人材養成目標とともに,各コースのディプロマ・ポリシーで掲げた人材養成目標に到達した者に,学士(法学)の学位を授与する。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可847,800円

                  転学部・編入学情報補足

                  受入れ上限数
                  17人(入学定員の10%)
                  (注)上記費用の内訳は,次のとおり・・・編入学試験検定料30,000円,入学料282,000円及び授業料(年間)535,800円

                  専攻分野

                  その他専攻分野