ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

人間社会学域 経済学類

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
エコノミクスコース 4年 学士(経済学)
グローバル・マネジメントコース 4年 学士(経済学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

初年度には経済学を学ぶにあたっての基礎的なツールとなる「経済数学」や,経済学への興味関心を高めることを目的に配置した「総合講義」を履修して,2年次以降に本格化する専門科目の履修に備える。専門科目として開講される科目の大部分は選択科目であり,各自の興味に応じて自主的に履修計画を作成することができるが,共通フレームワークとしての位置づけを持つ科目を学類共通科目(13科目)として配置し,そこから5科目(10単位)を履修することが卒業要件となっている。なお,2年次から経済理論・経済政策コース,経営・情報コース,比較社会経済コースのいずれかに配属されるが,各コースが設定したコース選択必修科目から少なくとも6科目12単位修得することが卒業要件となっている。また,3年次から,各自が関心を持つ専門演習に配属され,専門分野をより深く探求する.演習では,研究指導を目的とした特別研究(3年次),卒業研究(4年次)の履修が可能である。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

本学経済学類WEBサイトを参照してください。
http://econ.w3.kanazawa-u.ac.jp/outline/curriculum.html

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

以下の5つの人材養成目標を掲げ,この人材養成目標に到達した者に学士(経済学)の学位を授与する。

1.幅広い教養,知識,判断力を持った社会で活躍できる人材を養成する。
2.経済学・経営学の専門知識を持った人材を養成する。
3.現代社会に対する強い問題意識をもち,自分自身の力で課題を発見し,解決する能力をもった人材を養成する。
4.高いコミュニケーション能力(外国語によるものも含む),プレゼンテーション能力,IT能力を養う。
5.地域社会が抱える問題に強い関心をもち,そこに積極的に関わることのできる人間性豊かな人材を養成する。これらの人材養成目標に到達するためには,以下の学習成果を上げることが求められる。

  1. 幅広い教養を身につけ,複眼的に現代社会を視る目を養う。

  2. 経済学・経営学を学ぶに必要な基礎的な考え方や分析手法を修得する。

  3. 市場経済のしくみと政府の役割を理解する。

  4. 企業,組織のしくみを学び,経営に必要な知識を得る。

  5. 国際経済,国際社会の動向および外国経済事情に対する理解を深める。

  6. 現代経済社会が形成されるに至った過程及び背景を理解する。

  7. さまざまな経済学説や理論を修得する。

  8. 国際社会,日本社会,地域社会が抱える諸問題を理解し,解決の為の政策立案能力を養う。

  9. 将来,社会の一員として働くことの意識を高めるとともに,キャリア形成のための基盤を形成する。

  10. 課題を発見し,自ら調べ,解決策を導き出す能力を培う。

  11. さまざまな情報源(日本語以外で発信されているものも含む)から適切な情報を取捨選択し,有益に活用する能力を養う。

  12. 社会人に必要なコミュニケーション能力,IT能力,プレゼンテーション能力,ディベート能力を身につける。

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部0円
編入学不可

転学部・編入学情報補足

受入れ上限数
13人(入学定員の10%)

専攻分野

専攻分野
経済学
経営学

専攻分野に関する説明

1年後期から2年前期にかけて経済学の共通フレームワークとなる基礎科目を重点的に履修し、2年終了時に、演習とコースに配属されます。3年次以降は、各自の問題関心により近い専門分野にフォーカスするとともに、定員8名の演習では、少人数教育のよさを活かしながら、経済学や経営学の視点から現代経済社会が抱える課題について研究を行います。なお、2018年度入学者からは演習配属が2年次第四クォータとなり、1演習(ゼミナール)あたりの定員もより小規模となり、密度の高い学習ができます。