ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医薬保健学域 保健学類

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  看護学 4年 学士(看護学)
                  放射線技術科学 4年 学士(保健学)
                  検査技術科学 4年 学士(保健学)
                  理学療法学 4年 学士(保健学)
                  作業療法学 4年 学士(保健学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  【看護学専攻】
                  看護学専攻では看護師・保健師の統合カリキュラムに沿った教科目を構成している。第1に看護の基盤を理解することから生涯学習への主体的姿勢の習得まで5つの目標からカリキュラムの主軸を構成している。第2に各目標の達成ができるための20の要点(具体的学習内容)を提示している。第3に学習内容の基礎から応用へ,理解から実践へと年次的に深化する教科目の配置と教育方法を工夫し学生が主体的に学習できるように支援する。

                  【放射線技術科学専攻】
                  初年度では人体の構造,機能や疾病を理解し基礎能力を養う。2年次以降は理工学,画像情報の理論および画像解析・処理など検査に必要な知識と技術を養うと同時に,これらを画像診断,核医学や放射線治療の臨床分野と系統立てて理解できる能力を育成するカリキュラムを編成する。また,実験や臨床実習および卒業研究指導では小人数グループ制を取り入れ,自己探求型の問題解決能力を養う。さらに,医療人としての資質や人間性豊かな人材の育成を目指す。

                  【検査技術科学専攻】
                  初年度から履修する「専門基礎科目」を出発点とし,「医療工学・情報科学」,「臨床病態学」, 「形態検査学」, 「生物化学分析検査学」, 「病因・生体防御検査学」,「生 理機能検査学」, 「検査総合管理学」の専門科目について,基礎からそれらの応用までを体系的に学ぶ。第三学年からは,少人数からなるいくつかの研究グループに 分かれ,学生各自が関心を持つ専門分野を「卒業研究」において,より深く探求する。また,最終学年では臨地実習を経験し,臨床レベルで対応できるよう知識および技 術を高める。なお,専門分野で開講される科目の大部分は国家試験受験に必要な必須科目であるが,各自の希望に応じて他専攻の科目,医療英語について自主的に 履修計画を作成することができる。

                  【理学療法学専攻】
                  共通教育科目で社会人として必要な知識や教養を身に付け,専門基礎科目で人体の構造や疾病と障害,および医療福祉とリハビリテーションの理念を学習後,理学療 法学の基礎,評価・治療学および研究法を,基礎医学と関連づけて学べるカリキュラムを編成している。臨床実習は段階的に編成し,施設見学,理学療法部門見学お よび評価実習を経験後,「臨床の場で理学療法の役割および責任を認識し,理学療法士として必要な専門知識と基本的技能を習得すること」を目標に掲げている。

                  【作業療法学専攻】
                  作業療法士は人と接する職業であるため,幅広い教養と知識を身につけることが大切である。保健・医療の領域で活動を行うために,医学の基礎知識の修得が重要で ある。専門基礎科目として,解剖・生理学,運動学などを学び,その後に臨床医学へと結びつけていく。学生は学内だけの講義・実習に加えて,リハビリテーションが行 われている実際の現場を見学して学んでいく。学年進行にあわせて,作業療法専門科目が多くなるが,学外での評価学実習を組み入れて,学内で学んだ知識と技術を 臨床を通して確認しながら進めていく。同時に面接等において必要な対人交流技術を修得する。最終学年においてはそれまでに修得した基礎科目及び専門科目を統 合し,作業療法士に必要な知識・技術をさらに磨き修得できる教育課程に編成している。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  【看護学専攻】
                   看護学専攻は、大学院教育を有する総合大学の特質を活かしながら、今の社会が看護職に求める保健ニーズに対応できるように、看護の専門知識と優れた技術を教授し、看護職に誇りと責任がもてる実践者を育成します。
                  また、看護職者として生涯学習の基盤となる知識や技術を習得し、メンバーシップを養う基礎教育を提供します。すなわち、将来、実践・教育・研究分野のリーダーとして看護の発展に貢献できる人材を育成することで北陸の基幹大学という使命と地域から期待される役割に応えます。

                  【放射線技術科学専攻】
                   放射線技術科学専攻では学部教育の充実をはかり、チーム医療を担う一員として医療現場で活躍することができる放射線技術者を送りだすとともに、臨床現場におけるアイデアや応用技術を研究に結び付けることができる探究心にあふれた人材を養成することを目標としています。
                  Co-medicalの一翼をなす放射線技術者として医療の質を高めようとする意欲ある学生が集い、より高レベルの教育・研究が行える場とすることを企図しています。

                  【検査技術科学専攻】
                   臨床検査は、病気の診断や治療効果の判定に重要な役割を果たす専門技術です。検査技術科学コースでは、臨床検査に関わる技術と知識を体系的に学習します。
                  具体的には尿からの糖や蛋白の検出、血液中のホルモンや酵素などの微量生体物質の定量、血球数や血液の働きを調べる検査、心電図・脳波・呼吸機能などの生理検査、病原菌やウイルスの検出と同定、臓器からの病理標本作成など、多様な専門知識や技術を修得します。

                  【理学療法学専攻】
                   理学療法学専攻は、豊かな人間性と愛情を持ち、人類社会から待望され、人類社会に貢献できる理学療法士の養成を目標としています。
                  また、大学院教育とも連携して、最先端の理学療法学の教育・研究に携わる人材育成を目指します。

                  【作業療法学専攻】
                   作業療法は、疾病・損傷などで機能・能力の低下した人や障害を持った人に、有用な動作と作業活動を適切に進めていくことで、感覚・認知・記憶・思考・判断・運動などの機能を再建・回復・育成し、必要な設備・機器や人的資源を活用し、生活能力を実用にして、社会的な自立を介助・支援する技術です。
                  作業療法はリハビリテーション医療の専門分野で、疾病・損傷の症状と障害の評価を基にして治療、予防、健康増進に効果を表します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  保健・医療・福祉における科学的な知識・理論・技術の修得と課題探究能力を養成し,豊かな教養と人間性を備えた高度専門医療人と保健学研究者を育成し,国民の医療・福祉の発展に寄与する人材を養成する。この基本方針に従い,以下の能力を修得し,かつ各専攻の人材養成目標に到達することによって,医療社会に貢献できる者に学士(看護学),学士(保健学)の学位を授与する。

                  1.保健・医療・福祉分野に共通の教養的資質と専門的知識・技術を修得し,生涯教育を志向できる。
                  2.医療人として自主的に学修し,その専門分野の知識・技術を活用できる。
                  3.医療人としての使命・責任の自覚と職業・医療倫理医療制度の担い手として果たすべき使命と役割を理解する。
                  4.専門性を駆使して医療チームの連携と協働に主体的に取り組むことができる。
                  5.幅広い教養及び国際性を背景に,現代の多様な国内外の人々のニーズに応え,有効な医療環境を推進して患者中心の医療の担い手となることを志向できる。
                  6.英語による国際的なコミュニケーションを含み,多様な人々との人間関係を築くコミュニケーション力を修得する。

                  以上の能力を修得し,かつ各専攻の人材養成目標に到達することによって,医療社会に貢献できる者に学士(看護学),学士(保健学)の学位を授与する。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可847,800円

                  転学部・編入学情報補足

                  看護学専攻       受入れ上限数2人(学年定員の3%)
                  放射線技術科学専攻 受入れ上限数1人(学年定員の3%)
                  検査技術科学専攻   受入れ上限数1人(学年定員の3%)
                  理学療法学専攻    受入れ上限数1人(学年定員の5%)
                  作業療法学専攻    受入れ上限数1人(学年定員の5%)

                  以下の本学WEBサイトを参照してください。
                  http://www.kanazawa-u.ac.jp/education/educational/tengakurui
                  (注)上記費用の内訳は,次のとおり・・・編入学試験検定料30,000円,入学料282,000円及び授業料(年間)535,800円

                  専攻分野

                  その他専攻分野