ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  先進予防医学研究科(博士課程(一貫))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  先進予防医学共同 4年 博士(医学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  本共同専攻では,高度な知見・技術を修得し,それを実践できる能力を身に付けさせるよう,次のようなカリキュラムを構成しています。
                  (1) 先進予防医学の基盤となる「医療統計学・疫学」「生命倫理」「環境と遺伝」といった学問基盤に関する科目群を設けるとともに,非医療系分野からの入学者には,基本的な医学知識を修得する科目を必履修させます。
                  (2) 0次予防から3次予防までを包括した「個別化予防」を実践するための方法論を修得させるために,「オミクス解析」「情報医工学」「マクロ環境」等の科目群を設けています。
                  (3) 複雑化した医療現場・社会の課題解決に向け,修得した専門知識を活用し,実践できる力を身に付
                  けさせるために,国内・海外の多様なフィールド実習の科目群を設けています。
                  (4) 学位論文作成においては,知識の修得段階に応じた研究力を強化する科目を含め,構成大学の教員
                  が体系的な研究指導を行います。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  本共同専攻を修了するためには,個人や環境の特性を網羅的に分析・評価し,0次予防から3次予防までを包括して個別化予防を目指す「先進予防医学」を実践することができる,それにより多様で複雑化する医療現場・社会において生じている様々な課題を,高度な知見と技術をもって解決に導くことができる能力を身に付けていることが求められます。
                  修了者には,博士(医学)の学位を授与します。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野