ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

医薬保健学域 薬学類

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
薬学類 6年 学士(薬学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

(1) 体系的・階層的なカリキュラム:薬学・創薬科学について,基本的な学問体系を理解するため,入学後3年前期までは,薬学類・創薬科学類で同一のカリキュラムに基づいて学修を進める。この期間は,共通教育科目の他に,薬学・創薬科学の基礎となる学問領域の専門教育科目や,薬学に関係する英語科目,生命・職業倫理に関する科目などを履修する。2年前期には短期留学プログラムを履修できる。

(2) 進路に応じたカリキュラム:一般入試で選抜された者は,3年前期が終了した時点において2つの学類いずれかへの配属がなされる。3年後期からは薬学類に固有の専門教育科目を学ぶ。実務実習事前学習を履修し,共用試験に合格した後,実務実習を通して,実学としての医療薬学を学ぶ一方で,配属された各研究室等において卒業研究・卒業演習を履修することにより,基礎研究を基盤とする課題探求能力や問題解決能力を涵養する。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

 医療人としての倫理観を養い,薬物治療の専門家として健康と疾病に関わる基礎知識を修得するとともに,臨床現場における実践的な技能と態度,薬物治療に起因する問題を同定・評価して解決する能力を6年間で身につけます。高度に専門的な教育・研究者の育成を目指していますので,大学院博士課程(4年間)への進学を推奨します。
 薬学類と創薬科学類の募集は一括で行われ、3年前期までは全員が共通のカリキュラムで、共通教育科目および薬学の基礎となる有機化学、物理化学、生物化学系の専門科目(講義/実習/演習)を学びます。学類に配属された3年後期以降は、以下のような各学類に特徴的なカ リキュラムが組まれ、各々の専門性を高めます。


1.医療薬学関連の専門科目(3年後期4年前期)
2.調剤、医薬品の管理、服薬説明、患者接遇などの技能や態度のトレーニング(4年次)
3.実務実習事前学習と22週の実務実習(薬局実習、病院実習)(4年次~5年次)
4.より高度な臨床能力を目指す人には大学病院薬剤部での「病院実習II」(6年次、選択)
5.課題研究を通して問題解決能力を養成(4年次~6年次)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

KUGS及び本学類が掲げる人材養成目標を踏まえ,以下に掲げる学修成果を達成した者に,学士(薬学)の学位を授与する。

○学修成果
(1) 倫理・使命・責任を自覚する。
・医療人としての使命と責務を理解する。
・高い倫理観をもつ。

(2) 薬の専門家としての基本的能力をもつ。
・基礎から臨床に至る生命薬学領域の専門的知識を身につける。
・健康と疾病に関わる基礎知識を身につける。
・薬物治療に起因する問題を同定・評価し解決する基礎的能力をもつ。
・臨床現場における実践的な技能と態度を身につける。

(3) 専門性を活かした応用力をもつ。
・主体的な自己研鑽により,身につけた専門的知識を実践レベルまで発展させることができる。
・専門的知識を活用し,生命薬学・医療薬学領域の未解決な問題を抽出することができる。
・抽出された生命薬学・医療薬学領域の未解決な問題について,解決を目指す応用力をもつ。

(4) 論理的な思考力と表現能力をもつ。
・国際的な視点で情報の収集や分析を行うことができる。
・自身の考えを明確にまとめることができる。
・他者と論理的に議論することができる。

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
薬学・薬剤師養成課程

専攻分野に関する説明