ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医薬保健学域 医学類

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  医学類 6年 学士(医学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  初年度に行う「早期臨床体験」により,医学類に入学した学生に対して,6年間の勉学の目標を見極めさせる。その上で2年次以降,基礎医学と臨床医学を関連づけて学べるような統合的カリキュラムを編成する。少人数で行う実習やチュートリアル教育をとりいれ,課題探求型の自己学習を指導する。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  1年生では,主に,角間キャンパスおいて共通教育科目を学びます。
                  2年生からは,宝町キャンパスで基礎医学の専門科目を学ぶことになります。最初は,解剖学,生化学,生理学,薬理学,ウイルス学,病理学,衛生学,公衆衛生学,法医学などの基礎医学に関係する科目を3年生にかけて履修します。そのうち6週間は,研究室に配属され,研究活動をします。
                  3年生の冬から4年生3月まで,内科や外科,産婦人科,小児科などの臨床医学の講義が始まります。この期間に5年生、6年生の臨床実習に十分な臨床医学の知識を身に付けます。
                  4年生の後半では,CBTとOSCEという全国の医学部共通の試験があります。CBT(Computer Based Testing)は,4年生までの基礎医学から臨床医学の学習内容を総合評価する試験で,コンピュータ上で回答します。OSCE(Objective Structured Clinical Examination)は,基本的な医療面接や診察ができるかを,実際に模擬患者に面接,診察を行うテストです。これら2つの試験に合格すると,Student Doctorの資格が授与されます。
                  5年生からは,BSL(Bed Side Learning)と言って,実際に病棟での実習(臨床実習)を行います。
                  6年生では、4月から7月まで診療科を自由に選択できる臨床実習を行い、秋には統合臨床試験を受験して医師国家試験に備え,6年間の医学類の学生生活を終了します。
                  また,医学類の教育においては,英語による教育にも力を入れており,外国人教員による,英語のクラスだけではなく,英語による医療面接や診察の実習も行っています。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  医師として必要な専門的知識及び基本的技能の他,幅広い教養,高い倫理観を身につけ,患者中心の全人的医療を推進できる人材を養成する。探求心・研究心をもって継続的学習を行い,最新の科学的研究を理解する事が出来る人材を養成する。これらの人材養成目標に到達した者に,学士(医学)の学位を授与する。これらの人材養成目標に到達するためには,以下の学習成果を上げることが求められる。

                  A. 知識及び技能
                   ・基礎医学・社会医学領域における専門的な知識を身につける。
                   ・臨床医学領域について専門的な知識を身につける。
                   ・診断及び治療の基本的技能を修得する。
                   ・自ら必要な課題を発見し,自己学習によってそれを解決する姿勢を身につける。

                  B. 研究心
                   ・科学的根拠に基づく医療の評価と検証の必要性を理解する。
                   ・探求心・研究心をもって生涯にわたる継続的学習を行うことが出来る。
                   ・科学的研究の最新情報を収集・実践できる能力を持っている。

                  C. 倫理観
                   ・患者の自己決定権の重要性を理解する。
                   ・自分自身の行動を省察し律することができる。
                   ・医師としての社会的責任を理解する。
                   ・価値観の多様性を理解する。
                   ・幅広い教養を背景に,患者本位の医療を実践出来る。

                  D. 地域医療
                   ・地域における医療・保健・福祉などの連携を理解する。
                   ・医療の経済的側面を理解する。

                  E. コミュニケーション
                   ・患者・家族等と良好な関係を築く。
                   ・他の医療従事者との連携を重視する。
                   ・強い責任感,指導力,意思疎通能力をもって,効率よく問題解決に当たる事が出来る。

                  F. 危険・事故の予防
                   ・医療従事者の健康管理の重要性を理解している。
                   ・医療事故に遭遇した際の対処法について理解している。
                   ・医療過誤に関連した医師の責任と罰則規定を理解している。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可847,800円

                  転学部・編入学情報補足

                  受入れ上限数
                  定められている医学類定員(ただし,推薦入試(特別枠)を除く。)に生じた欠員を充足する人数
                  (注)上記費用の内訳は,次のとおり・・・編入学試験検定料30,000円,入学料282,000円及び授業料(年間)535,800円

                  専攻分野

                  その他専攻分野