ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

法学研究科(専門職学位課程)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
実務法曹養成

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

名古屋大学法科大学院の教育理念に従い、以下の方針のとおりカリキュラムを構築します。

 (1) 少人数・双方向(多方向)授業と段階的な履修を可能とするカリキュラム設定
 (2) 多様な専門分野やバック・グランドを持つ法学未修者が無理なく学修できるための配慮
 (3) 研究者教員と実務家教員による協同教育体制を前提とした法律基本科目と実務教育科目の連動
 (4) 豊かな教養と多様な価値観を涵養するための基礎隣接科目の提供
 (5) 市民社会の最先端のニーズに対応し、国際的視野を有する専門性を身につけるための多様かつ高度な展開・先端科目の設定

 カリキュラムの実施に際しては、ITを活用した新しい教育手法を導入して学生の学びを支援しつつ、厳格な成績評価に基づき学生が修得した知識等の質的保証を行います。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

 名古屋大学法科大学院の設定したカリキュラムに沿った教育を、所定の年限にわたって受け、必要修得単位を含む所定の単位を修得した学生に、法務博士の学位を授与します。
 カリキュラムは、名古屋大学法科大学院の3つの教育理念に沿って編成されているため、学位授与に際しては、それら教育理念に示された、少なくともいずれかの知識や能力を有することが要求されます。また、学位授与の前提には、法曹養成の中核機関としての法科大学院の位置づけから、司法試験に合格しうる能力を有することが、当然に想定されています。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
法学・法律学
政治・政策学

専攻分野に関する説明