ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

情報学研究科(博士課程後期)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

全てを表示する 折り畳む

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
数理情報学
複雑系科学
社会情報学
心理・認知科学
情報システム学
知能システム学

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

博士後期課程では、博士前期課程で修得された知識を用いて、「修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」で掲げた高度研究人材に共通した2つ資質と社会の各場面で新しい価値創造を先導できる国際性とリーダーシップとを兼ね備えた人材を育成するため、以下のような専攻を超えた「共通科目」および「実践的教育科目」と、専攻ごとの「主専攻科目」および「研究指導」との二本建てで教育課程を編成し、研究指導の成果として、博士学位論文の提出を求めます。

(i) 共通科目:情報学研究科博士後期課程の修了生が共通して必要とする知識を身につけるための科目
(ii) 実践的教育科目:インターンシップなどの実社会での経験を通して教育を受けることを目的とした科目
(iii) 主専攻科目:学生が所属する専攻ごとの専門性を身につけるために開講される科目
(iv) 研究指導:広い見識を備えた情報学研究者として成長できるよう指導する科目

特に博士後期課程の共通科目においては、「リーダーシップ特論」を開講し、情報学研究者が研究テーマを設定し、研究室や研究チームを統括する方法について講義します。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

情報学研究科博士後期課程は、以下の基準にそった学力及び資質・能力等の修了資格を満たした者に、修了を認定し、学位を授けます。 情報学研究科博士後期課程では、前期課程において修得するべき知識・資質を有する人材を受け入れ、その学位は、専門領域におけるさらなる研鑽を通して次のような資質を備えた高度研究人材であることを証します。

a) 新たな情報学の開拓を先導できる情報学関連各分野の研究者
b) 情報学の高度な専門知識と能力を駆使して、社会の各場面で新しい価値創造を先導できる国際性とリーダーシップに富む人材

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
放送・新聞・メディア・マスコミ
情報工学・コンピューター

専攻分野に関する説明