ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

法学研究科(博士課程前期)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
総合法政

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

法学研究科(総合法政専攻)博士前期課程は、グローバル化社会に対応するための法学・政治学の高度の専門知識を修得し、そのような深い専門知識をもとに社会の中核を担っていく能力を養うための教育課程により、学生を育てます。複雑化し価値の多元化が進み、さまざまな問題が生じている現代社会において、そのような問題の解決に向けて積極的に寄与し、国際的発信を行う資質・能力を培うための教育実践を適切に実施します。基礎的な研究能力を身につけるため、各専門科目の「基礎研究」を1年次に配置します。学年進行に応じて、各専門科目について深く学ぶ「研究」や、多様な観点から現代的問題について研究する「総合研究」を配置します。それぞれの学生が選んだテーマについて、深く掘り下げた個別研究の成果を示す「修士論文」のための研究指導を行います。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

法学研究科(総合法政専攻)博士前期課程は、一般的な素養と法学・政治学の基礎的な素養を前提として、法学・政治学の高度な知識の修得を通じて、冷静で視野の広い社会科学的分析能力を培い、自主的に問題を発見し、それを解決する方向性を探ることのできる、専門的な問題解決能力および研究能力を備えた人材を育成します。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
法学・法律学
政治・政策学

専攻分野に関する説明