ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

環境学研究科(博士課程前期)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
地球環境科学
都市環境学
社会環境学

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

(1) 環境学の基礎に裏打ちされた思考力で環境問題に果敢に取り組む能力
(2) 自らの専門領域に閉じない柔軟知
(3) 文理にまたがる幅広い学問分野を自由に咀嚼する能力
(4) 次世代の新しい学術分野を創造する能力
を身につけるための教育課程を編成しています。

 これら(1)~(4)の能力を身につけるために、環境学の諸分野を広く理解することと、環境学の諸要素である自己の専門を深く学ぶことが必要です。そのため、環境学研究科の教育課程は、環境学の諸分野を広く教授する「体系理解科目」と、環境学を構成する諸要素を深く専門的に教授する「分野科目(Ⅰ類・Ⅱ類・Ⅲ類)」、学位取得のための研究指導によって編成されています。

・「体系理解科目」は、博士前期課程の選択必修科目であり、研究科の異なる分野・領域をつなぐ二つの概念「持続性学」と「安全・安心学」を中心とした内容から構成されています。
・「分野科目」は、専門分野の講義科目(Ⅰ類)、セミナー科目(Ⅱ類)、実習科目(Ⅲ類)から構成されています。
・一定の範囲内で、他研究科等で取得した単位も修了単位として認めています。

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

環境学研究科は、人類社会の中での自らの役割を見出すことができ、国際的に活躍することができる、次のような人材を育成することをめざします。

・環境学の基礎に裏打ちされた思考力で環境問題に果敢に取り組む能力を備えた人
・文理にまたがる幅広い学問分野を自由に咀嚼する能力を備えた人
・自らの専門領域に閉じない柔軟な英知を備えた人

特に、各専攻では、上記に加え、以下の能力を持った人材を育成します。

・(地球環境科学専攻)確かな基礎に裏打ちされた、地球の環境に関する科学的知見の深化を通して社会に貢献できる能力を備えた人材。
・(都市環境学専攻)人間活動の場である建築、都市あるいは地域における人工環境と自然環境・人間環境の新たな関係を自ら創出する能力を備えた人材。
・(社会環境学専攻)価値規範の妥当性と科学的客観性を備えた政策評価・提言に資する能力、あるいは国内外の社会環境政策に関わる様々な分野の要求に応えることのできる能力を備えた人材。

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
地理学
地質学
土木工学
建築学
環境デザイン・都市デザイン
デザイン工学
応用化学・環境工学
地域社会学
環境学・災害科学

専攻分野に関する説明