ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

水産・環境科学総合研究科(博士課程(前期))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
水産学専攻 2年 修士(学術)、修士(水産学)
環境科学専攻 2年 修士(学術)、修士(環境科学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

【水産学専攻】
専門科目で,海洋生産システム,海洋資源動態,海洋生物機能および海洋生体物質の4つの教育分野に関する高度の専門的知識および応用手法を学びます。
・ 海洋生産システム分野では海洋生物の持続的生産および管理,海洋資源動態分野では海洋の環境と資源の動態および生物生態,海洋生物機能分野では海洋生物の病理・生理・生殖等の諸機能,海洋生体物質分野では海洋生物の食品としての安全性および海洋生物資源の有効利用等に関する専門的知識をそれぞれ学びます。
・ 共通科目で,前期課程の他専攻(環境科学,海洋フィールド生命科学専攻)で開講する講義科目の一部を専攻横断的に履修し,環境関連分野の広範な知識を学びます。
・ 共修科目で,問題解決型演習(PBL)を通して水産科学およびそれを取り巻く境界・学際領域の実践的な問題解決能力を養います。
・ 学際性・総合性の高い複数教員による講義や集団指導体制により,これからの水産分野に求められている多様かつグローバルな視点を養います。

【環境科学専攻】
・文理共通の入門科目で,地球環境および地域環境,フィールド調査・観測に関する基礎的知識を学びます。
  学修の到達度は,主にレポートおよび筆記試験により評価します。
・専門科目の学際演習科目では,社会科学および自然科学の基礎的知識を踏まえ,グループワークにより環境問題解決のための多様な方法を実践的に学びます。
  学修の到達度は,レポートおよびプレゼンテーションを通じて評価します。
・専門科目基礎特講で,人間社会環境,法制度,社会経済システム,環境計画,地球科学,環境技術,生物多様性保全,生体影響に関する広範な専門的知識を学びます。
  学修の到達度は,主にレポートおよび筆記試験により評価します。
・専門科目基礎特講で,人間社会環境,法制度,社会経済システム,環境計画,地球科学,環境技術,生物多様性保全,生体影響に関する広範な専門的知識を学びます。
  学修の到達度は,主にレポートおよび筆記試験により評価します。
・専門科目応用特講で,人間社会環境,法制度,社会経済システム,環境計画,地球科学,環境技術,生物多様性保全,生体影響に関する高度な応用知識を学びます。
  学修の到達度は,主にレポートおよびディスカッション,プレゼンテーションにより評価します。
・特別研究において,専門性・学術性の高い知識と技能を段階的かつ実践的に学び,修士論文を作成します。
  学修の到達度は,主に修士論文およびプレゼンテーションを通じて評価します。

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

【水産学専攻】
教育課程の体系性について,「環境や食料等の問題に解決に貢献する実践的指導力を持つ高度専門職業人並びに国際性の高い研究者等を養成する」という目的の下,水産学及び環境科学分野の学際融合が図れるように,教育課程を体系的に編成している。
教育課程の特徴について,水産及び環境科学分野にまたがる「共通科目」及び「共修科目」により学際融合を図っているほか,「特別研究I, II」で学術の発展動向を,「サイバネティクス演習」で社会からの要請をそれぞれ反映させた科目を開講している。

【環境科学専攻】
博士前期課程においては,「共通科目」を導入することにより,環境科学分野及び水産学分野の学際融合を図っているほか,従来の二学期制(前期・後期)に加えて四半期制が併用され,専門科目の多くは一つのクォーターで完結するように設定されています。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

【水産学専攻】
所定のカリキュラムによる教育プログラムに定められた単位を修得し,
・ 水産食料の持続的供給の基盤となる海洋環境および生態系の保全,海洋における多様な生命現象の探求,海洋生物の持続的生産および管理,ならびに海洋生物資源の有効利用に関する各専門分野の高度な知識・技術を習得している。
・ 環境と共生する地域社会の実現に貢献できる幅広い分野の基礎的素養を修得している。
・ 食料生産と環境の持続性を基本に据え,食料資源の枯渇や環境・生態系の急速な劣化に関する様々な問題に主体的に取り組むことができる。
・ 地域ニーズに対応しながら,水産の現場で問題解決にあたる実践的・総合的な能力を身につけている。
・ 海洋からの水産食料の持続的供給と海洋環境保全に貢献できる能力を身につけている。
と認められた者に対し,修士(水産学)または修士(学術)の学位を授与します。

【環境科学専攻】
所定のカリキュラムによる教育プログラムに定められた単位を取得し,
・社会科学と自然科学に関する基礎・応用知識を修得している。
・自然環境メカニズムから社会システムにわたる多様な分野・領域において必要とされる汎用性と専門性の高い技能を身につけている。
・環境問題を解決できる高度専門職業人としての基盤的知識・技能を修得している。
・地球環境と社会の多様性について理解し,課題に対して実践的に対応できる高度な専門的能力を修得している。
・環境問題の解決のために主体性をもって他者と協働できるリーダーシップおよびコミュニケーション能力を身につけている。
・地域社会及び国際社会,そして将来世代の持続可能な発展に貢献できるグローバルな視点を身につけている。
と認められ,修士論文が学位審査基準を満たした者に対し,環境科学専攻にあっては修士(環境科学)または修士(学術)の学位を授与します。

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部0円
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
地理学
哲学・倫理・宗教
法学・法律学
経済学
観光学
社会学
物理学
天文学・地球・惑星科学
化学
生物学・生化学・バイオ
地質学
資源学
森林科学
生物生産学・生物資源学
水産学
薬科学
環境学・災害科学
その他の専攻分野
環境科学

専攻分野に関する説明