ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  熱帯医学・グローバルヘルス研究科(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  グローバルヘルス専攻 3年 博士(グローバルヘルス)
                  長崎大学―ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院国際連携グローバルヘルス専攻 3年 博士(グローバルヘルス)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  【グローバルヘルス専攻】
                  ディプロマポリシーに適合した人材育成を実現するため,グローバルヘルス領域での博士研究の適切な研究領域を選択し,先行研究の十分な精査及び意義のある革新的な研究課題の吟味・決定,必要な知識と技術の修得,研究を遂行し社会に公表する能力を涵養するカリキュラムを提供する。
                  ① 研究領域の選択に関するカリキュラム(2-3領域のグローバルヘルスゼミの修得)
                   先行研究の十分な精査,批判的読解能力・発表能力
                  ② 研究計画作成に関するカリキュラム
                   意義のある革新的な研究課題を吟味・決定,研究計画書・プロトコールの作成(演習)
                  ③ 研究技術修得に関するカリキュラム
                   実験手技演習,疫学・集団健康学調査手技演習,必要な基礎知識・技術取得(必要に応じて追加的に修士授業の聴講等による知識獲得も課す)
                  ④ 博士研究チューイッション
                   博士研究の進捗に合わせた討論・方法と結果のチェック,実際の論文作成指導

                  ※下記URLを参照
                  http://www.tmgh.nagasaki-u.ac.jp/courses/d_gh


                  【NU-LSHTM国際連携グローバルヘルス専攻】
                  ① 研究領域の選択に関するカリキュラム
                   体系的文献検索を通じて先行研究の十分な精査,文献の批判的読解を通じて信頼できる情報の選択力,学際的な研究指導チーム内での実質的な議論を通じて発表能力
                  ② 研究計画作成に関するカリキュラム(博士研究資格審査準備)
                   意義のある革新的な研究課題を吟味・決定,研究計画書・プロトコールの作成(演習)
                  ③ 研究技術修得に関するカリキュラム
                   個々の研究計画・プロトコールに沿って,実験手技演習,疫学調査手技演習,その他必要な基礎知識・技術取得を行う(必要に応じて追加的に修士授業の聴講等による知識獲得も課す)
                  ④ 博士研究チューイッション
                   博士研究の進捗に合わせた討論・方法と結果のチェック,ティーシス形式論文の作成指導(博士論文審査・最終試験)

                  ※下記URLを参照
                  http://www.tmgh.nagasaki-u.ac.jp/courses/jd

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  修業年限3年



                  ※下記URLを参照
                  【グローバルヘルス専攻】
                  http://www.tmgh.nagasaki-u.ac.jp/courses/d_gh

                  【NU-LSHTM国際連携グローバルヘルス専攻】
                  http://www.tmgh.nagasaki-u.ac.jp/courses/jd

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  【グローバルヘルス専攻】
                  ①グローバルヘルス全体を俯瞰する能力と知識を有する
                  ②国際共同研究や国際共同プログラムへの参加経験を有し,当該共同研究等において主導して研究・活動する能力を有する
                  ③成果を公表して,グローバルヘルス領域の科学研究を推進する能力を有する
                  ④科学的知見に基づき,実践においてもインパクトを与えられる能力を有する
                  グローバルヘルス分野において,研究者として自立して研究活動を行い,高度に専門的な業務に従事するために必要な高度の研究能力と,その基礎となる豊かな学識を備えた人材であり,国際的環境のなかで,グローバルヘルス分野における国際共同研究・実践プロジェクトを推進できる能力を有した者である。

                  ※下記URLを参照
                  http://www.tmgh.nagasaki-u.ac.jp/courses/d_gh


                  【NU-LSHTM国際連携グローバルヘルス専攻】
                  ① グローバルヘルス全体を俯瞰する能力と知識を有する
                  ② 日英が推進する国際共同研究や国際共同プログラムへの参加経験を介して,国際共同研究等において主導して研究・活動する能力を有する
                  ③ 成果を公表して,グローバルヘルス領域の科学研究を推進する能力を有する
                  ④ 科学的知見に基づき,実践においてもインパクトを与えられる能力を有する
                  すなわち,グローバルヘルス分野において,研究者として自立して研究活動を行い,高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力と,その基礎となる豊かな学識を備えた人材であり,国際的環境のなかで,グローバルヘルス分野における国際共同研究・実践プロジェクト(特にTMGHとLSHTMが共同で実施する研究等)を推進できる能力を有した者である。

                  ※下記URLを参照
                  http://www.tmgh.nagasaki-u.ac.jp/courses/jd

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学不可

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野

                  その他専攻分野
                  グローバルヘルス