ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学部(教員養成)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  学校教育教員養成課程 4年 学士(教育学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ①入門科目で,幼児・児童・生徒の成長と発達について理解し,発達段階に応じた適切な指導を学びます。
                  ②基礎科目で,各専攻の教職や教科に関する専門的知識・技能を身につけます。
                  ③発展科目で,それぞれの専門性をさらに深めつつ,教育実地研究・実習を行い,自らの資質と教育実践力の向上を図ります。
                  ④探究科目で,現代の教育課題に対応できる深い専門の能力を身につけます。
                  ⑤これらに加え,各コース・専攻それぞれに特徴的な専門的知識や技能を身につけます。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  各コースで特に力を入れているのは,教育現場での体験学習です。この学習は教育実地研究と蓄積型体験学習の二つから成り立っています。教育実地研究は,参加観察実習,附属校園での教育実習,介護等体験実習など,1年次から4年次までの多岐にわたる実習で構成されています。それらの課程で効果的な指導及び支援能力を養い,様々な問題に対応できる感性豊かな教員の養成を目指した研究が展開されます。また,蓄積型体験学習は,公立小・中学校等や離島・へき地の学校で長期にわたって「教職」を学ぶことになっています。これらの体験から高い実践力を持つ教員を育てます。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  所定のカリキュラムによる教育プログラムに定められた単位を修得し,
                  ① 幼児・児童・生徒の発達段階に応じて適切な指導ができる。
                  ② 教職や教科に関する専門的知識・技能を身につけている。
                  ③社会人として必要な能力を身につけ,職場や地域の一員として適切な行動ができる。
                  ④ 自ら学び,考え,教育の現代的課題に対応することができる。
                  ⑤ 各コース・専攻に特徴的な専門的知識・技能を身につけている。
                  と認められた者に対し,学士(教育学)を授与します。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学不可

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  専攻分野
                  教育学(教員養成課程)

                  その他専攻分野