ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部(医学科)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  医学科 6年 学士(医学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  全ての科目で,全てのディプロマ・ポリシーを,学年を経るごとに,基本的なレベルから高度なレベルまで段階的に学びます。

                  ・ 入門科目で,医学に関連する基礎的知識や長崎大学医学部医学科の歴史などを学びます。学修の到達度は,主に筆記試験やレポートにより評価します。
                  ・ 専門基礎科目で,卒業時学修成果を達成するためにディプロマ・ポリシーに示す基本的知識・技能・態度を学びます。
                  学修の到達度は,主に筆記試験やレポートにより評価します。
                  ・ 専門科目で,卒業時学修成果を達成するためにディプロマ・ポリシーに示す高度な知識・技能・態度を学びます。
                  学修の到達度は,主に筆記試験やレポート,シミュレーションテスト,観察記録などにより評価します。
                  ・ 発展的専門科目で,学修成果を達成するためにディプロマ・ポリシーに示す,知識・技能・態度の統合的実践能力を養います。
                  学修の到達度は,主に授業への参加度や実地試験,振り返り,レポート,観察記録などにより評価します。
                  ・ 他専攻との共修科目により,医療・保健・福祉の多職種連携・協働のあり方を学ぶとともに,必要な協調性やリーダーシップを養います。学修の到達度は,主に観察記録やレポートを通して評価します。
                  ・ 医と社会について学ぶ科目により,医療・保健・福祉と社会の関係や倫理観,良好なコミュニケーションの構築などについて主体的に考える力を養います。学修の到達度は,主に授業への参加度により評価します。
                  ・ 地域医療や国際社会に関する科目により,グローバルな視点,地域社会および国際社会に貢献できる能力を養います。
                  学修の到達度は,主に授業への参加度やレポート,観察記録,実地試験により評価します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  教育課程の体系性については,基礎医学と臨床医学知識を別個でなく統合的に理解させるようカリキュラムを編成するとともに,研究を体験させることで医科学的創造性を養成する。知識・技術のみならず医師としての社会的責任感と倫理観,社会人としてふさわしい人間性の確立のために多面的な教育を行うなど,アウトカム基盤型教育を行っている。
                  教育課程の特徴については,1年次に入門科目として「人間生物学」を履修することで,高校までの学習からスムーズに基礎医学学修へつなげている。疾患と関連付けしながら基礎科目から専門科目の学修へと進む。その後疾患と共に診療の基本について学び,それを臨床実習へつなげるよう順次的な教育課程を形成するなど,スパイラルカリキュラムを導入している。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  所定のカリキュラムによる教育プログラムに定められた単位を修得し,
                  ・ 倫理観とプロフェショナリズム:自らの健康管理にも努め,生涯にわたる学習意欲を有し,生命倫理・医療倫理・研究倫理を重んじ,豊かな人間性と社会的使命感に基づいた行動ができる。
                  ・ 医学・医療に関連する知識:医学・医療の基本的知識を有し,総合的理解に基づいて課題を探求し,適切に問題解決できる。
                  ・ 医療の実践:医師としての業務を遂行する専門職として必要な基本的診療能力(統合された知識,技能,態度・行動に基づく総合的能力)を有し,適切な診療計画を立てることができる。
                  ・ コミュニケーション技能:人間理解に立った高い協調性のもとに医療の場において関わる全ての人との良好な人間関係を構築できる。
                  ・ 地域医療・社会医学・国際性:医療行政・福祉・保健・医療経済への配慮の下,チームの一員として多職種と協働し,地域社会や国際社会へ貢献するための能力を身につけている。
                  ・ 科学的探究:医学研究の必要性を理解し,研究に参加するとともに,科学性および医学的創造性に基づいた論理的思考や独創的発想ができる。
                  と認められた者に対し,学士(医学)の学位を授与します。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  検定料:30,000円
                  入学料:282,000円
                  支払期日:学部の指定する日

                  専攻分野

                  専攻分野
                  医学・医師養成課程

                  その他専攻分野