ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

医歯薬学総合研究科(博士課程(前期))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
生命薬科学専攻 2年 修士(薬科学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

【一般コース】
・ 講義科目では,生命薬科学の知識や技術の基礎を学べるメディシナルケミストリー特論・メディカルバイオ特論・天然薬物資源学特論・ヘルスサイエンス特論・臨床応用薬学特論や,非臨床試験・治験,ならびに特許関連を含めた医薬品開発に関わる創薬プロセスを学べる創薬プロセス特論や,生命科学研究領域の最新の話題を幅広く学べる生命薬科学トピックスを設けており,学生は興味のある多様な生命薬科学領域を選択して基礎的知識を学びます。 学修の到達度は,授業への積極的参加状況,レポート,筆記試験等により評価します。
・ 課題研究では,分子創薬科学課題研究Ⅰ,健康薬科学課題研究Ⅰ,天然薬物資源学課題研究Ⅰ,臨床薬学課題研究Ⅰのいずれかを選択して,英文による先端的生命科学論文の読解や作成する基礎能力を学び,生命薬科学研究者・技術者として,生命薬科学の研究を通して国際社会に貢献できる基礎能力を学びます。また,グローバルな視点を持った生命科学研究者・技術者として必要な豊かな人間性,高い倫理観,協調性とリーダーシップを発揮できる能力を養います。 学修の到達度は,レポートとプレゼンテーション・ディスカッションを通じて評価します。
・ 実験科目では,分子創薬科学特別実験,健康薬科学特別実験,天然薬物資源特別実験,臨床薬学特別実験のいずれかを選択して,各専門領域の実験技能の基礎や,自らが主体的に研究を遂行できる総合能力の基礎を身につけます。 学修の到達度は,研究・実験内容に関するレポートとプレゼンテーション・ディスカッションを通じて評価します。

【特別コース】
・講義科目にて,生命薬科学・創薬科学の幅広い分野の先端研究の一端を学びます。学修の到達度は,レポート,ディスカッション等により評価します。
・Exercise Biomedical Sciences にて,分野の高度な知識を身につけるとともに,当該分野でのトピックスを学び,最終的に自身が行う研究のデザインを構築するに至るまでの研究能力を順を追って身につけます。学修の到達度は,授業への積極的参加状況,プレゼンテーション・ディスカッションにより評価します。
・Experiment Biomedical Sciencesにて,生命科学研究者・技術者として身につけるべき生命倫理や,生命科学研究を通してグローバルな視点を持ち協調性とリーダーシップを発揮できる能力を養います。また,先端機器を用いた実験手技を身につけ,実践的な研究手段を学びます。さらに,自身の研究を進めるにあたり必要な研究および実験の技術を身につけ,実際に研究を遂行し,データの解釈,整理の後,英語による論文作成に至る高度な実践的研究教育を学びます。
学修の到達度は,授業への積極的参加状況,研究・実験内容に関するレポートとプレゼンテーション・ディスカッションを通じて評価します。

※ 詳細はホームページを参照。

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

教育課程の体系性について,博士前期課程生命薬科学専攻は薬学部を基礎学部とし,創薬研究者及び高度専門職業人育成を目的としており,その構成は大学院課程における教育研究の目的を達成する上で適切なものとなっている。
医歯薬学総合研究科博士前期課程では,履修科目として薬科学演習及び薬科学特別実験を設け,薬学全分野から専門知識と技術を身に付ける。また,講義科目においても薬学全分野から幅広い専門知識及び技術の基本を身に付けられるように特論が創意工夫し準備されている。
教育課程の特徴について,医薬品開発に関わる創薬プロセスについて,製薬企業等の創薬研究経験者から学べる科目や生命薬科学研究領域の最新の話題を幅広く学べる科目を提供している。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

【一般コース】
所定のカリキュラムによる教育プログラムに定められた単位を修得し,
・ 生命薬科学に関する幅広い基礎知識を修得している。
・ 先端的生命薬科学研究を行うために要する研究技能の基礎を身につけている。
・ 自らが主体的に研究を遂行できる総合能力の基礎を身につけている。
・ 英文による先端的生命科学論文を作成する基礎能力を身につけている。
・ 生命科学研究者・技術者に必要な豊かな人間性,高い倫理観,協調性とリーダーシップを発揮できる基礎能力を有する。
・ グローバルな視点を持った生命科学研究者・技術者として,国際社会に貢献できる基礎能力を身につけている。
と認められ,修士論文が学位論文審査基準*を満たした者に対し修士(薬科学)の学位を授与します。
学位論文審査体制・審査方法・評価基準
主査1名と副査2名(必要に応じさらに副査を加えることがある)により,学位論文(修士)について,(1)研究手法に関する評価,(2)研究手法に関する評価,(3)解析・考察の評価を行い,その妥当性と薬科学の学問分野に貢献するところを評価の基準とします。

最終試験の評価方法・評価基準
上記審査員により,口頭試問,学位論文(修士)発表会における質疑応答の結果を含め総合的に審査し,修士(薬科学)の学位を授与するに充分であるかを評価基準とします。

【特別コース】
所定のカリキュラムによる教育プログラムに定められた単位を修得し,
・ 生命薬科学・創薬科学に関する幅広い基礎知識を修得している。
・ 先端的生命薬科学・創薬科学研究を行うために要する研究技能の基礎を身につけている。
・ 自らが主体的に研究を遂行できる総合能力の基礎を身につけている。
・ 英文による先端的生命科学論文を作成する基礎能力を身につけている。
・ 生命科学研究者・技術者に必要な豊かな人間性,高い倫理観,協調性とリーダーシップを発揮できる基礎能力を有する。
・ グローバルな視点を持った生命科学研究者・技術者として,国際社会に貢献できる基礎能力を身につけている。
と認められ,修士論文が学位論文審査基準*を満たした者に対し修士(薬科学)の学位を授与します。
学位論文審査体制・審査方法・評価基準
主査1名と副査2名(必要に応じさらに副査を加えることがある)により,学位論文(修士)について,(1)研究手法に関する評価,(2)研究手法に関する評価,(3)解析・考察の評価を行い,その妥当性と薬科学の学問分野に貢献するところを評価の基準とします。

最終試験の評価方法・評価基準
上記審査員により,口頭試問,学位論文(修士)発表会における質疑応答の結果を含め総合的に審査し,修士(薬科学)の学位を授与するに充分であるかを評価基準とします。

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部0円
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
薬科学

専攻分野に関する説明