ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  文学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  初年次には、人文学の基礎的な知識の習得を目指すとともに、幅広く人間の創造力や知性に対する関心を養う。また2年次に進む専門分野を選ぶため広く人文学固有の思考や方法に触れる。専門分野に進んでからは、文献資料の収集や実験、実地調査など所属する専門分野における基礎的な技術と方法論を身につけ、それを深めるとともに、基本的な文献を読解する能力と、外国語の能力を高める。また学問的な討論の場を通して、異なる意見を理解し尊重することの大切さを学ぶとともに、自分の意見を適確に表現することの重要性を学ぶ。
                   3年次になると、人文学への幅広い関心や知識を育みながらも、卒業論文を視野に入れつつ、専門的な知識や技術を深めていく。4年次には、卒業論文の作成を具体的な目標とすることで、獲得した知識や情報を有機的に統合し、固有の思考や方法論への理解を深めるとともに、自ら問題を設定し解決していく姿勢を育む。また自分の意見を論理的に表現する能力を高める。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  文学部は全体を一学科(人文学科)とし、哲学・歴史学・文学・人間科学の4コースの下に21の専門分野が置かれています。学生は一年間教養教育を受けた後、二年次からいずれかのコース・専門分野に所属し専門分野の講義・演習を受講するとともに文学部の全分野の多様な授業を履修することができます。そして最終的に、自らの関心に従って所属の専門分野からテーマを選び、四年間の勉学の集大成として自力で卒業論文をまとめなければなりません。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  A知識・理解
                   ・人文学の基礎知識を踏まえて、現代人文学の視座の特質を理解できる。
                   ・専門分野の基礎知識に基づいて、人間と社会のあり方とそれへの多様なアプローチを理解できる。
                   ・「言葉」に対する自覚的かつ反省的な関わりを通じて、人間存在への理解を深める。
                   ・史資料・文献・作品の分析と解釈、および実地調査などに基づいて、世界における文化・歴史・社会の多様性と共通性を理解し説明できる。
                   ・現代世界における様々な人文現象や社会問題を、批判的視点から理解し説明できる。
                  B 技能
                  B-1 専門的能力
                   ・長い文化的伝統のなかで人類が生み出してきた知的所産である「古典」を、厳密に読解する能力を身に付けることができる。
                   ・専門分野の基本文献を精確に解釈、分析することができる。
                   ・外国語の運用能力を高め、自らの専門的知識を世界に向って発信できる。
                   ・専門分野に固有の問題設定や研究手法を正しく身に付けることができる。
                   ・専門分野で必要な史資料や文献を収集、分析して、その内容を自分の言葉で精確に表現できる。
                   ・批判的な討論を通して、自らの意見をより客観的視点から組み立てる姿勢を養うことができる。
                   ・文献などの収集能力およびフィールドや実験などの研究能力と、それを系統立てて整理する論理的思考能力を、各研究分野と中等高等教育分野のほか、様々な職種へ活用できる。
                  B-2 汎用的能力
                   ・知識を総合的かつ有機的に把握する能力を身に付ける。
                   ・新たな視点から問題提起を行い、それを解決するための方法を提示する能力を身に付ける。
                   ・人文学を中心とした人文・社会科学の方法と思考能力を身に付ける。
                   ・専門分野の内容に関する深い理解と、学問固有の思考方法を獲得する。
                   ・学問的な討論の場を通して、自分の意見を精確かつ明確に表現する能力と他者の意見を理解するコミュニケーション能力を鍛錬し、広く世界と交流できる力を養う。
                   ・社会と学問の関わりについて、専門分野の学習を通して理解を深め、考える能力を身に付ける。
                  C 態度・志向性
                   ・自ら進んで新しい問題に取り組む積極性を持つ。
                   ・史資料や文献、情報の収集と読解に地道に取り組む姿勢を持つ。
                   ・問題の解決にあたって様々なアプローチの可能性を考えようとする姿勢を持つ。
                   ・専門分野のみならず、幅広い知識と教養を身に付けようとする意欲を持つ。
                   ・専門分野の発展へ自ら寄与しようとする意欲を持つ。
                   ・人文学の視点から人類や世界、地域社会への貢献を考える志向を持つ。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  編入学可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  文学部では、第3年次編入学試験を実施しています。
                  これは、大学開放の一環として、多様な入学者選抜の要望に対応するものです。人文学に関心のある方で出願希望の方は、本文学部の特色をご理解の上、出願ください。

                  学生募集要項は、毎年度6月ごろに、本学部掲示板、ならびにホームページ上で公表します。

                  文学部3年次編入学試験についての詳細は、下記にお問い合わせください。

                  〒812-8581 福岡市東区箱崎6-19-1
                  九州大学貝塚地区事務部教務課 学生第一係
                  電話 092-642-2356;FAX 092-642-2349

                  E-mail:kakgakusei1@jimu.kyushu-u.ac.jp

                  専攻分野

                  その他専攻分野