ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  地球社会統合科学府(博士課程(前期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  地球社会統合科学専攻

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  本学府は、地球社会の課題を相互に連関しあうkeywordのスペクトラム(学府の特色を参照のこと)として捉え直し、それを6つの対象領域にまとめ、教育の基礎的な単位となる「コース」を編成しています。博士課程前期(修士)においては、専門分野とするメインコースのほかに、サブコースの履修を必須としています。サブコースの履修によって地球社会への視野を広げ、メインで学ぶ専門をより広いコンテクストに位置づけることができるようになるための幅広い知識と能力を身につけます。これにより、本学府が目標として掲げる統合的学際性の涵養を目指します。

                  <科目編成>

                  1)共通科目
                  従来の学問領域の前提となってきた枠組みそれ自体を批判的に吟味・再考しながら,現在の地球社会が直面する問題を解明するために,すべてのコースの学生に対し,地球社会の諸課題とそれを対象とする学問の研究技法を包括的に学ぶ「共通科目」を必修としています。共通科目には次の4つがあります。
                  チュートリアルⅠ
                  入学後の第1学期に,学生一人ひとりのキャリアプラン・研究内容・希望に応じて配置されたチューター教員によって実施する。メインコース及びサブコースの選択,第2学期以降の研究指導を行う指導教員団の構成,2年間の履修計画の策定などを指導する。
                  地球社会統合科学
                  地球社会の諸問題を整理したkeywordのスペクトラムを相互に関連づけながら学修する。これにより,専門の研究を深める基礎となる広角の問題意識と幅広い基盤的教養の涵養をはかる。
                  地球社会フィールド調査法
                  さまざまなフィールドを調査するための研究技法を学ぶ。具体的には,調査計画の立案方法,資料文献収集,データ収集(実験系,社会調査系),調査研究上の倫理,社会的還元の方法等を学修する。
                  外国語ライティング
                  日本人学生には英語,留学生には日本語または英語によるライティングの実践。資料引用の仕方など,研究者としての基本的態度、研究倫理もあわせて学ぶ。これらの履修により,地球社会を舞台に活動するための実践的研究技法と国際的発信力の基礎を修得します。
                  2)基礎科目
                  6つのコースの主題に即した学際的入門講義です。主としてサブコースのための導入科目として設定されていますが,メインコースの学習のために履修することもできます。
                  3) 専門科目
                  共通科目・基礎科目の学習を土台に,実践性や専門性を深く究めるための科目です。以下の4種類の科目があります。
                  フィールド調査実習
                  入学後の第2学期以降に履修する。学生の専門領域に関わる調査や実習,社会体験等を指導教員の指導のもとに実施する必修の実習科目。調査・実習・体験の期間や内容の基準を満たしたものを主指導教員が単位として認定する。
                  個別研究指導
                  入学後の第2学期以降に履修する,指導教員団による研究,論文執筆指導を行う必修科目。研究計画の立案から,論文執筆にいたるまで,個々の学生に応じた指導を実施する。
                  総合演習
                  複数の教員による演習。文献講読,プレゼンテーション,討論など,学術研究のための専門的な技法や態度を身に付けるとともに,問題を究明するために求められる複数の観点や,種々のアプローチの方法を学ぶ。
                  演習
                  個々の教員によるゼミナール。高度な専門性の修得と自立した研究能力の育成をはかる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  博士課程前期(修士)にあっては、当該学府の定める期間在学して研究指導を受け、本学府の教育理念、目標に沿って設定した授業科目を履修するとともに、基準となる単位数を修得し、修士論文の審査及び試験に合格して、課程を修了することが学位(学術、理学)授与の要件です。
                  修得すべき履修科目には、必修とする共通科目と、選択とする基礎科目、専門科目があります。基礎科目、専門科目については、設定された6つのコースから自らの研究の主軸となる分野としての「メインコース」、と自らの研究の幅を広げて補完する分野としての「サブコース」を選択し、履修します。
                  研究の主軸となる分野の専門知識、先端的な研究や技能に加え、学際的な研究を行う基礎力を身につけることを目標とします。各コースの到達目標は以下のとおりです。
                  包括的地球科学コース
                  地球史的スケールにおける人類存立の基盤としての地球システムの成り立ちを理解し、将来の人類存立を脅かす問題に対して適切な対処案を提案すべく、学問的な俯瞰力や課題発見・分析・解決能力を修得し、さらにその成果を国内外に発信する能力を身につける。
                  包括的生物環境科学コース
                  生物多様性を踏まえた人類存立問題の解明と対処方法の探求のために、生物環境・生命の総合科学化を牽引し、こうした問題に対して適切な対処策を提案すべく、総合的な課題発見・分析・解決能力を身に付ける。
                  国際協調・安全構築コース
                  人類発展の未来像を、公正で平和な、格差のない多様な文化の栄える世界として構想する、総合的な課題発見・分析・解決能力を身につける。
                  社会的多様性共存コース
                  人類共存の未来像を構想するために、幅広い俯瞰的な知の基盤を習得するとともに、対象となる地域の調査、資料の収集と分析を通して、社会的多様性共存に関わる諸問題を適切に分析し、得られた知見を適切に表現できる技能を身に付ける。
                  言語・メディア・コミュニケーションコース
                  人類共通の未来構想のためのコミュニケーションと相互理解のために、言語や多様なメディアによるコミュニケーションのプロセスを学際的に解明することを通して、複眼的視野でコミュニケーションをとらえる能力を身につける。
                  包括的東アジア・日本研究コース
                  学士レベルの学習や学問的経験をもとにして、学問的俯瞰力や課題認識の能力を涵養する。さらに、人類の未来構想モデルを提示すべく、日本を含む東アジアという立ち位置から包括的な地域研究を牽引し、その成果を国内外に発信する能力を身につける。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野