ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  歯学府(博士課程(一貫))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  歯学専攻

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   共通科目として、低年次総合カリキュラム(入門科目、応用科目)を行っており、主に1,2年次の全ての学生を対象として基本的な教育を行っています。
                   専門科目として、それぞれの専攻分野毎にコアカリキュラムを行っています。コアカリキュラムでは、総合的に専攻分野の研究に必要な知識を習得する入門講義、知識や理解を深め、研究に対する指針を与える専攻分野の講義、研究を実施し研究技能を深める演習、医療現場において患者の担当医となり、専門医・研究医としての基礎確立をめざす臨床実習を行っています。さらに、高年次では、それまでの研究知識・技術を整理・統合する高年次専門カリキュラムを行っています。  以下に授業科目の一例を示します(口腔保健推進学専攻の場合)。
                  ・低年次総合カリキュラム(入門科目)
                  英語論文の書き方、情報処理の基礎理論と実際、電子顕微鏡の理論と実際、電気生理学実験法、細胞生物学特論、口腔微生物学特別講義、実験動物学、統合歯科学特論、細胞の仕組み、口腔ケアと先端技術
                  ・低年次総合カリキュラム(応用科目)
                  臨床基礎演習、電子顕微鏡の応用、臨床病理学、細胞培養の理論と応用、総合歯科学特別研究
                  ・コアカリキュラム
                  口腔保健推進学研究入門、口腔感染免疫学、口腔感染免疫学演習、環境社会歯科学、環境社会歯科学演習、口腔予防科学、口腔予防科学演習、口腔常態機能発達学、口腔常態機能発達学演習、小児口腔医学、小児口腔医学演習、咬合再建制御学、咬合再建制御学演習、口腔保健推進学臨床実習Ⅰ~Ⅳ
                  ・高年次専門カリキュラム
                  口腔保健推進学特論

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   課程修了の要件となる単位数は、低年次総合カリキュラムから8単位以上、それぞれの専攻分野のコアカリキュラムから16単位以上、高年次専門カリキュラムから6単位、合計30単位以上を修得しなければなりません。なお、博士(臨床歯学)の学位を取得しようとする場合は、低年次総合カリキュラムの「臨床基礎演習」(4単位)およびコアカリキュラムのそれぞれの専攻分野の「臨床実習Ⅰ~Ⅲ」(計12単位)を必ず取得する必要があります。
                   学位は、博士(歯学)、博士(臨床歯学)、博士(学術)のいずれかの学位を取得することができます。博士(歯学)は、歯学研究の分野において、研究者として自立した研究活動を行うに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を有する者に授与します。博士(臨床歯学)は、歯科臨床の専門分野において、臨床研究活動を行い得る能力を有し、その専門分野において、指導的役割を果たし得る高度の専門的能力を持つ職業人として、将来有為な活動ができる者に授与します。博士(学術)は、歯科医学の研究と関連する高度な学術研究に従事し、幅広い分野における先端的研究ができる者に授与します。学位審査に関しては、主査1名と副査2名を教授会で選出し、厳格に審査をしています。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野