ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  共創学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  共創学科

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  絶えずダイナミックに揺れ動く現代社会で新たな知や価値を生み出すために、従来の学問分野の枠組みを超えて、地球的・人類的な課題の存在する4つのエリア(領域)を設定します。それぞれのエリアは、学問体系を再構築した新しい学びの場として、社会のグローバル化への対応と共創力の養成に資するカリキュラムを編成します。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  人類規模の課題を解決するために必要となる英語でのコミュニケーション力をはじめ、文系の考え方・理系の考え方、幅広い学問分野の知識や技能などを身につける学び方を身につけるためのカリキュラムで学びます。
                  1~3年次「何をしたいから何を学ぶ」
                  基幹教育と学部専攻教育での学びを通じて、幅広い学問分野の知識や技能と、学問を課題解決に活かすアクティブな態度と思考法の獲得を目指します。徹底した語学教育によって、実践的な外国語(英語)能力を修得します。
                  4年次「課題解決に取り組む」
                  3年次までに学んだ複数の学問分野の高度な知識や技能を組み合わせて、問題の解決方法等をまとめます。(ディグリー・プロジェクト)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  1) 「コレを学んだからコレをする」という専門性を先行させるのではなく、「コレをしたいからコレを学ぶ」という「能動的学習能力」。
                   2) 現実の問題に対応するため適切に課題を設定し、既存の学知を組み合わせて解決方策を探究する「課題構想力」。
                   3) 構想した課題解決方策について他者と議論し、他者の知見や能力をも組み合わせる形で協働し実現可能な解決方策を創造する「協働実践力」。
                   4) 解決策の実行のために多くの人にその内容を説明し理解と協力を得ることのできる「国際コミュニケーション力」
                   共創学部は、この4つの力から課題解決をもとに行う力を「共創的課題解決力」とよびます。4年間の学部教育をとおして共創的課題解決力を身につけた卒業生は、実務、専門、研究の各領域において、次のような人材に育つための確固たる基盤を養い、グローバルな課題解決のために活躍することが期待されます。
                  For Global Life
                   「国際的・地球的課題に対する解決策をコーディネートして、世界に効果的に情報発信できる実務家」。
                  For Changing Society
                   「国際社会の課題を解決するために、新しい社会の仕組みや価値の創出をデザインする専門家」。
                  For Future Science
                   「文理を超えた学際的知見を修得し、国内外大学院に進学する、諸科学の境界・学際的領域の研究者」

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野