ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  薬学部(修業年限6年)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  臨床薬学科 6年

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  【カリキュラムの基本構造】
                  ○ 6年の教育課程を前期3年、後期3年として捉える。このため、前期では基礎的な薬学系科目を中心として、人文科学と自然科学を含む幅広い教養教育を重視したカリキュラムを組んでいる。後期では医療薬学系の科目や薬剤師の職能教育に必要な実践的な薬学系科目を組んでいる。
                  ○ 4年次の後期に行われる共用試験(薬局や病院の現場に出る前に、実務実習に必要な基本的な知識・技能・態度を身につけていることを保証するために行われる試験)に合格すると、5年次に行われる実務実習を行うことができる。
                  ○ 5年次に医療従事者としての薬剤師養成のため、また薬学生が薬剤師を体験する機会として、5ヶ月間の業務参加型の実務実習を病院と薬局で行う。実務実習は、医療現場で実務についている薬剤師の方々と本学科の教員とが協力して実施する。
                  ○ 本学科の特徴として、研究者マインドを持つ薬剤師としての素養を身につけるため、4年から6年次に研究室に所属して、経験豊富な教員の指導の下で、個別に卒業研究を行う。
                  ○ 臨床薬学科を卒業すると薬剤師国家試験受験資格が与えられる。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  臨床薬学科では、基礎薬学としての化学系薬学や物理系薬学ならびに生物系薬学を体系的に学ぶとともに、高度な医療薬学の基礎的および臨床的教育を学修し、さらに臨床にかかわる実践的な実務能力を持つことが求められる。そして、医療薬学の将来を担う指導者、教育者、研究者へと発展可能な人材に学位を付与する。本学部(臨床薬学科)において学んだ学生は、卒業(学位の授与)に際して、以下の目標に到達することが期待される。
                  1 知識・理解
                  ○ 化学系薬学、物理系薬学、生物系薬学及び医療系薬学を基盤とした幅広い知識を理解し、論理的に思考できる。
                  ○ 医薬品の適正使用を推進するため、服薬指導・薬歴管理・リスクマネジメント・効果的で安全な薬物療法の提供など、薬剤師としての知識を持っている。
                  ○ 治験や臨床試験など、医薬品開発に関する業務、プロセス、法律一般について基礎的な内容を理解している。
                  2 専門的な技能
                  ○ 創薬研究を遂行するための基礎能力を持っている。
                  ○ 科学的思考力に基づく研究遂行と問題解決の基礎能力を持っている。
                  ○ 医薬品の適正使用を推進するため、服薬指導・薬歴管理・リスクマネジメント・効果的で安全な薬物療法の提供など、薬剤師としての技能を習得している。
                  ○ 治験や臨床試験のプロトコール作成などを通して医薬品開発の一旦を担う技能を習得している。
                  ○ 臨床研究シーズ発掘を担う研究者・教育者へ発展し得る素養を持っている。
                  3 汎用的な技能
                  ○ 実社会対応の実践型研究を実施できる課題の探求や問題を解決する基礎的な能力を持っている。
                  ○ 将来、指導的な立場で活躍できるよう、的確で総合的な判断力と課題を探求する基礎的な能力を習得している。
                  ○ プレゼンテーションおよび討論の基礎的な能力を持っている。
                  ○ 国際的に活躍するための基礎的な能力を持っている。
                  4 態度・志向性
                  ○ 自ら主体的に研究を遂行できる基礎的な能力を持っている。
                  ○ 豊かな人間性とともに、医療人としての深い感性や高い倫理観を持っている。
                  ○ 模擬患者による演習や実務実習を通じて、コミュニケーション能力を含めた高度な課題に取り組む能力を持っている。
                  ○ チーム医療に参画できる基礎的な技能や態度を習得している。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野