ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  歯学部(修業年限6年)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  歯学科 6年

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  歯学部では、歯科医療および歯学に関連する幅広い知識を身につけるために、歯科基礎医学、臨床歯学のみならず、医療系統合教育や医学教育も含め、各専門分野における徹底した集団指導により、以下に掲げる歯科医師・歯学研究者に求められる資質を涵養することを目指す。また、能動学習を主体とした自律的学習態度を身につけて生涯研修の能力的基盤とし、専門科目で身につけた知識や技能を統合するための総合科目を設定して多様な教育方略を採用するとともに、形成的評価により自分の学習到達度を確認しながら学修を進めることのできる体系的なカリキュラムを提供する。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  九州大学歯学部は、九州大学教育憲章に基づいて策定されたカリキュラムに則り歯科医師・歯学研究者となるために必要な学習目標を達成し、別に示した求められる資質をすべて有する者に歯学士の学位を授与する。
                  1.知識・理解
                  ① 人体、特に顎顔面口腔領域の構造、機能および機能制御機構を巨視的構造レベルから遺伝子・分子レベルまで階層的・統合的に理解し、説明する。
                  ② 人体、特に顎顔面口腔領域の発生、成長発達ならびに加齢変化を巨視的構造レベルから遺伝子・分子レベルまで階層的・統合的に理解し、説明する。
                  ③ 人体ならびに顎顔面口腔領域に発生する感染症、疾患、形態・機能異常ならびにこれらに伴う障害をあらゆる生物学的側面から説明する。
                  ④ 歯科医療および歯科医学研究を実施するための法的根拠、規律、規範、患者の権利、歯科医師の義務について説明する。
                  ⑤ 顎顔面口腔領域に発生する疾患、形態・機能異常ならびにこれらに伴う障害の診断、治療に必要な検査法、診断法、治療法ならびに治療材料について説明する。
                  ⑥ 各種検査、治療あるいは治療に用いられる薬剤、材料に対する生体の反応を理解し、それらの効果と為害作用、ならびにリスクを説明する。
                  ⑦ 顎口腔領域の診療を行う上で知っていることが必要な全身疾患や、感染症などの症状等について理解し、歯科医療上の対応について説明する。
                  2.技能
                  1)専門的能力
                  ① 患者の話に傾聴し、患者の訴えを共感的に理解する技能を身につける。
                  ② 顎顔面口腔に発生する様々な疾患、形態・機能異常、ならびにこれらに伴う障害について、適切な検査法を選択して問題点を抽出し、診断する能力を身につける。
                  ③ 顎顔面口腔の疾患、形態・機能異常、ならびにこれらに伴う障害に対して、患者の持つ社会的、個人的背景をも考慮しながら治療計画を立案する技能を身につける。
                  ④ 歯科医学研究、歯科診療に用いられる各種薬剤、器材・器具、機器等を正しく取り扱う技能を身につける。
                  ⑤ 一般歯科医として必要な基本的診療技能を身につける。
                  ⑥ 各種卒後専門教育プログラムにおいて、各種専門的歯科診療を学ぶための基本的技能を身につける。
                  2)汎用的能力
                  ① 知識を統合的に把握する能力を身につける。
                  ② 診療に必要な情報を的確に患者から導出し、それを分析し、最良の診療に向けての的確な行動を取る能力を身につける。
                  ③ 表現能力とコミュニケーション能力を鍛え、広く世界と交流する視点を養う。
                  ④ 最新の科学情報、歯科医学情報、歯科医療行政関連情報を的確に収集する技能を身につける。
                  ⑤ 一般に分かりやすく、専門的知識、技術等を説明する表現能力を身につける。
                  ⑥ 金属や樹脂などの微細加工技術を身につける。
                  ⑦ 英語を用いたコミュニケーション能力を身につける。
                  3.態度、指向性
                  ① 医療チーム・歯科医療チームの歯科医師としてチーム医療を支え、患者のQOL 向上に貢献する。
                  ② 患者の訴えを共感的に傾聴し、患者に分かりやすい説明により、適切なinformed decision を形成する歯科医療を実践する。
                  ③ 歯科医学のみならず、ひろく人文科学、社会科学ならびに自然科学についても興味を持ち、歯科医療の発展に貢献する。
                  ④ 医療人として節度を保ち 自己犠牲と奉仕の精神を備える。
                  ⑤ 常に最新の歯科医療技術および知識を探索し、批判的に吟味し、新たな専門的知識・技術を身につけ、可能な限りエビデンスに
                  基づいた歯科医療を生涯にわたり実践する。
                  ⑥ 歯科医学研究チームの一員として、自身の知識・技能を活用し、歯科医学の発展に貢献する。
                  ⑦ 自らの診療能力を客観的に評価し、患者が適切な医療・歯科医療を受けることができるように適切な情報提供を行う。
                  ⑧ 歯科医療・医療を巡る社会経済的動向を把握し、地域の保健・利用・福祉・介護および行政と連携協力し、地域医療の向上に貢献する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足

                  九州大学歯学部規則
                  第3条 歯学部への再入学、転学部、転入学又は編入学については、収容定員に余裕がある場合又は
                  特に必要と認める場合に、教授会の議を経て、選考の上、許可することができる。
                  2 前項の規定により再入学、転学部、転入学及び編入学を許可された者の修業年限、単位取得の方
                  法等については、個別に教授会で決定する。

                  専攻分野

                  その他専攻分野