ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部(修業年限6年)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  医学科 6年 学士(医学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  系統医学
                  医学・医療の長い歴史で培われ、多くの場面で必要となる
                  最新の知識や技能、態度を必修制で学ぶ。
                  総合医学
                  地域社会や国際社会、あるいは医学教育の変化に伴い、
                  ある場面で特に必要となる知識や技能、態度を主に選択
                  必修制で学ぶ。
                  臨床実習
                  大学病院あるいは地域や海外の医療機関で、患者や医療
                  スタッフとのコミュニケーションを通じて、医師としてのプロ
                  フェッショナリズムを実践的に学ぶ。
                  社会医学
                  医学・医療における倫理学や法学をはじめとする人文社会
                  科学系の側面、さらに統計学や情報学などの理学・工学
                  系の側面を学ぶ。
                  国際医学
                  将来、外国人患者の診療や海外で臨床・医学研究に携わ
                  る動機づけのために、海外における医学・医療について学
                  ぶ。
                  MD‐PhDコース
                  4年生修了時に、医学系学府医学専攻博士課程に『飛び
                  級』し、早期に本格的な基礎医学研究を始めることができ
                  る。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  最近のめざましい医学の進歩にともない、 医学教育の内容が必然的に大きく変わり、 また、 同時に学習すべき内容が年とともに膨大な量になっています。これに対応するため、 本学部では6年一貫教育体制をとり、 より低学年から臨床の講義を開始し、 学生教育に対しても非常に力を入れています。一方で、平成16年度から医歯薬統合教育の試みも始まりました。
                    実際の学部教育は以下のような教育プログラムに沿って行っています。1年次開講の医学入門では医学生としての自覚を芽生えさせるために病院等における医療・介護施設の体験実習を実施しています。その後、 医学の基盤となる生物学および人体の構造の概略を学びます。2年次では、 解剖学、 生理学、 生化学など生命の恒常性を保つ仕組みを勉強します。さらに、 種々の病気を理解するための基礎となる疾病基礎医学の講義と実習が始まり、 3年の前期まで続きます。この他に1年次を中心に基幹教育科目を履修します。これは九州大学の他の学部の学生達とも共通した教養並びに基礎力を身につけるためのもので、幅広い人間味あふれる医師の養成のために必要不可欠な教育プログラムです。平成19年度入学生から、この3年前期までは、医学部生命科学科との合同授業で、将来医学を担う学生間の交流を図っています。
                  3年後期から4年前期にかけて臨床医学の知識を学ぶ講義が行われ、 病気の原因、 診断、治療法などを勉強します。4年後期からは基本的な臨床技能を修得する実習が始まり、 患者さんとのコミュニケーションの取り方、 病歴の聴取、 基本的診察法などを学びます。同時に社会医学の講義も始まります。5、6年生では、臨床実習が行われますが、その前に医学生として病院を受診する患者さんを指導医と一緒に診る知識と技能がきちんと備わっているかどうかを評価するための共用試験を受験します。共用試験は知識を評価する筆記試験と技能を評価する実技試験からなります。
                  5、6年生の臨床実習では主に九大病院の各臨床診療科に1週間から4週間配置され、 指導教員の指導の下で、実際に患者さんを診察し病気を学んで行くものです。特に6年次では、 医師としての仕上げを行うために、引き続き選択制の研究室配属や臨床実習があります。このプログラムではそれぞれ与えられた研究テーマに沿って基礎あるいは臨床の場で進められている研究の実際を勉強します。あるいは、学内の診療科や学外や海外の病院を4週間ずつ選択し、5年生の時よりさらに実践的な臨床医学を学びます。その後、社会医学を再び勉強します。卒業試験に合格すると医学部卒業の要件を満たします。4年生終了時に臨床実習を選ばず、大学院博士課程の1年次への編入を選択することも可能です。これは別名MD-PhDコースとも言われ、 一足先に研究者への道を踏み出すことを希望する学生向けに設けられています。
                  平成16年度から、医師として働くためには2年間の臨床研修を受けることが義務化されました。プライマリケアを中心に幅広く医師として必要な診療能力を身につけ、人格を涵養する研修であることが求められています。九州大学病院は関連施設と協力して、しっかりとした研修教育体制を整備しており、学生臨床教育においても、医療の幅広い視点が身につけられるような教育を行っています。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  A知識・理解
                  ・ 生体の構造と機能の基本原理を説明できる。
                  ・ 個体の反応、病因と病態およびその診断と治療について説明できる。
                  ・ 広く生命現象の解明ならびに疾患の病因・病理・病態の解明に必要な研究について説明できる。
                  B専門的能力
                  ・ 生体の構造と機能およびその他の生命現象を解析し、その結果を解釈することができる。
                  ・ 個体の反応、病因と病態を解析し、その結果を解釈することができる。
                  ・ 収集された患者の医療情報を評価し、治療方針を立案できる。
                  ・ 患者の訴えを真摯に受け止め、相手の心情を思いやりつつ病状や治療法を正確に説明できる対話
                  能力をもつ。
                  ・ 全身を総合的に診るための実践的能力をもつ。
                  C汎用的能力
                  ・ 日本語ならびに外国の医学生物学論文を読解し、その内容を他者に分かり易く説明するためにプレ
                  ゼンテーションすることができる。
                  ・ 他者の医学生物学的プレゼンテーションを理解し、科学的討論をすることができる。
                  ・ 情報通信技術を活用して他者とコミュニケーションできる。
                  D態度・志向性
                  ・ 最新の医学生物学的知識、技術の習得に努める自主性と積極性を持つ。
                  ・ 患者の治療に当たり、幅広い職種の医療技術者と連携する協調性を持つ。
                  ・ 研究を通して医学生物学の発展に貢献しようとする意欲を持つ。
                  ・ 自らが持つ医学生物学的知識、技術を広く社会に還元する志向性を持つ。
                  ・ 身体的、社会的弱者の立場と心情を理解し、尊重する精神性を持つ。
                  ・ 異社会の制度、文化、精神性を理解し受け止めることができる包容性を持つ。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野