ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  薬学部(修業年限4年)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  創薬科学科 4年 学士(創薬科学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  創薬科学科の教育課程の特色は、人体や病気に関する化学や生物などの基礎科目を人体・病気・薬と関連付けて学ぶことである。
                  【カリキュラムの基本構造】
                  ○ 4年の教育課程のうち3年間を基礎としての教育を行い、最後の1年間は応用的能力を養うために卒業研究(特別実習)を行う。
                  ○ 3年間の基礎教育課程の教育では、創薬科学や生命科学などに対応できる基礎的能力を獲得するため、これらの領域をカバーする化学系、物理系、生物系、環境系および医療系の講義を受講する。
                  ○ 4年次に行う卒業研究(特別実習)では、研究室に所属して、経験豊富な教員の指導の下で、個別に最先端研究に取り組み問題を解決する能力の向上を図る。
                  ○ 専門的な科目のみならず、人文科学についての講義も幅広く受けることができる。
                  ○ 国際的に活躍する能力を養うために、異文化や言語文化に関する教養教育を行うと共に、英語による成果発表のための演習を実施する。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  創薬科学科において学んだ学生は、卒業(学位の授与)に際して、以下の目標に到達することが期待される。
                  1 知識・理解
                  ○ 化学系薬学、物理系薬学、生物系薬学及び医療系薬学を基盤とした幅広い知識を理解し、論理的に思考できる。
                  ○ 医薬品の研究開発を推進するための基礎知識を理解している。
                  ○ 医薬品研究に関する内容を専門でない人にも説明できる。
                  2 専門的な技能
                  ○ 科学的な思考力に基づいて研究を遂行するのみならず、問題を解決する基礎的な能力を持っている。
                  ○ 研究の様々な課題を解決できるとともに、広く展開できる基礎的な能力を持っている。
                  ○ 医薬品の研究開発を推進するための基礎的な技能を修得している。
                  ○ 創薬研究者あるいは教育者としての基本的な素養を修得している。
                  3 汎用的な技能
                  ○ 社会の要望に応える研究を実施するための課題の設定および解決に必要な基礎能力を持っている。
                  ○ 専門分野以外の異なった研究分野の理論、技術、発想を取り入れた実験を展開できる。
                  ○ プレゼンテーションおよび討論の基礎的な能力を持っている。
                  ○ 国際的に活躍できる基礎的な能力を持っている。
                  4 態度・志向性
                  ○ 主体的に研究を遂行できる基礎的な研究能力を持っている。
                  ○ 医薬品開発研究者としての深い感性や高い倫理観を持っている。
                  ○ 共同研究に参画できる基礎的な技能や態度を修得している。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野