ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  法学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  学位プログラム「学⼠(法学)」の到達⽬標に即した学⽣の主体的学修を促進すべく、法学部専攻教育カリキュラムは⼤別して5つの分野(基礎法学、公法・社会法学、⺠刑事法学、国際関係法学、政治学)に分類される科⽬群を、学年進⾏に応じた系統的履修に向けて「積み上げ型」(⼊⾨科⽬、基盤科⽬、展開科⽬)に配置し、学⽣⾃⾝の興味や関⼼、そして将来の進路に沿って体系的・総合的に各授業を選択できる仕組みを提供している。 1年次は基幹教育に充てられる。法学部専攻教育科⽬は配置されていないものの、1年次前期に、基幹教育の⼀環として⾏われる⽂系ディシプリン科⽬の「法学⼊⾨」「政治学⼊⾨」を法学部教員が担当することにより、法学部1年⽣への導⼊教育をおこなっている。 2年次より、法学・政治学への導⼊を図るため少⼈数教育として開講される「⼊⾨科⽬」(法政基礎演習)を⽪切りに、法学部専攻教育カリキュラムのコアをなす「基盤科目」(憲法Ⅰ・⺠法Ⅰ・刑法Ⅰ・政治学原論・政治学Ⅰ・政治史など)の履修も始まる。2年次後学期以降は講義系の法学部専攻教育科⽬を中⼼とした履修となる。法学・政治学の基盤的専⾨知識の習得を⽬指す「基盤科⽬」の学修を軸に据えつつ、それを学⽣⾃⾝のニーズに即してより広い視野から、より⾼い専⾨性に向けて発展させる多彩な「展開科⽬」の履修に繋がっていく。学年進⾏に応じて、5つの分野を横断した系統的学修に取り組めば、法学・政治学の専⾨知識・技能に裏打ちされた問題分析能⼒・問題解決能⼒・構想⼒を着実に培うことができる。 法学部では少⼈数教育に⼒を⼊れており、2年次前期の法政基礎演習を承ける形で、3年次からは少⼈数の演習科⽬(必修科⽬・通年開講)や外書講読科⽬(基盤科⽬)が開講される。演習科⽬(ゼミナール)では、学⽣⾃⾝の関⼼に即したテーマで研究・発表を⾏い、議論を重ねていく中で、主体性をもって⾃ら問い、論理的に思考し、表現する⼒を養うとともに、研究成果をゼミ論⽂として提出させるところも多く、法学部教育の総決算的役割を果たしている。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  本学部のカリキュラムは、基礎から応用へ、伝統的なものから先端的なものへと、習熟度を考慮してバランスよく配置されています。講義を担当するスタッフも多彩で、それぞれの専門分野で主導的役割を果たしている教授陣を始め、世界各国から招聘された外国人教員の担当する講義・ゼミナールでは、日本の法や政治を先端的・国際的な視点から捉え直す機会が豊富に提供されています。また、中央官庁や地方公共団体、民間企業・国際機関で実務経験を積んだ教員が担当する講義等からは、現実社会の変容や実務と理論を架橋する必要性を多面的に学ぶことができます。
                   修学支援体制については、学年の節目ごとにそれぞれの学年に応じた全体ガイダンスを開催し、履修上の注意点について詳しく説明しています。修学上の悩みを抱えた学生や単位修得の進んでいない学生には、4月と9月に一斉修学相談の機会を設け、個別面接で対応しています。また、先輩学生による修学相談(ピア・アドバイザー)制度に加え、ゼミナール等には、学生と世代の近い大学院生や助教らがチューターとして参加しており、気さくに修学上の問題、学生生活に関する質問・相談に応じています。ゼミナール単位でのスポーツ活動、合宿研修、他大学との合同ゼミ、旅行等も盛んに行われており、法学部支援の学生合宿研修や海外研修といった企画も充実しています。また、学生の自学自習や課外活動の場として、PCや参考図書を配した法学部情報サロンが整備されています。海外留学や留学生との交流、卒業後のキャリア・デザインを担当する専門スタッフも常駐しています。このように、本学部は入学から卒業まで、学生のニーズを包括的にサポートする体制を整えています。
                   本学部は西日本における法学・政治学研究のセンターとしても重要な役割を果たしています。図書室には、多数の貴重書を含む図書約40万冊、5000種を越える内外の雑誌が所蔵されています。法学部の学生は、中央図書館の本のほか、こうした法学部所蔵の豊富な図書を利用して学修を進めることができます。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  知識・理解・専門的能力
                  1)法学・政治学の概念・方法を用いて現代社会の諸問題を的確に分析・説明できる。
                  2)法的・政治的諸問題の解決に向けた理論的・実践的対応策を構想する基盤的能力
                  を習得する。
                  3)法学・政治学的専門知識と技能に裏打ちされたコミュニケーション能力・情報
                  発信能力を身につけ、広く世界と交流する視点を養う。
                  汎用的能力・態度・志向性
                  1)高い人間性・社会性の陶冶:科学技術等の進展により、人間的価値が相対化され
                  がちな現代社会にあって、高い人間性を追求し、社会から学ぶ姿勢と社会に働きかけ
                  る姿勢の双方を持って、積極的に問題解決に取り組む態度を養う。
                  2)高い国際性の育成:生活のあらゆる面で進行するグローバル化の潮流にあって、
                  複眼的な視野を持ち、国家の枠を越えて発想できる豊かな国際性を育む。
                  3) 専門知識を自立的・主体的に学ぶ基盤的能力の育成:将来の法曹養成・高度職
                  業人養成・生涯教育の基礎となる学識を十分に習得し、先端的な領域にも開かれた問
                  題関心と学問観を身につける。
                  4)柔軟で批判的・創造的な思考力の涵養:歴史や現実社会への深い知見に支えられ
                  た、創造性豊かな理解力・発想力、さらには情報発信能力を涵養する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野