ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  経済学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  九州大学経済学部は、わが国でも有数の長い伝統をもち、1924年に九州帝国大学の法文学部の経済科として発足しました。法文学部から分離・独立し、経済学部として本格的に設立されたのは1949年のことです。その後、経営学科の新設(1965年)、経済工学科の新設(1977年)がなされましたが、とくに経済工学科は、工学的手法、数理的手法を使ったあらたな経済学の学問分野の発展に対応して設立されたもので、全国でもユニークな学科として知られています。また2000年の大学院重点化によって、情報処理教育をはじめ、学部教育もさらに充実したものになっています。大学院重点化とともに、経済学部は経済・経営学科と経済工学科の2学科に再編されました。また、2018年には、経済学分野の高い専門性を備えたグローバル人材育成を目指す学部国際コース「グローバル・ディプロマプログラム(GProE)」が開設されました。さらに、同年、人文・社会科学分野の広範な知見を備えた人材を育成するため、文学部・教育学部・法学部・経済学部が協同し「文系4学部副専攻プログラム」がスタートしました。同プログラムは、現代社会を解くテーマ別「横断型プログラム」と他学部の専門領域を深く学ぶ「専門領域型プログラム」とがあります。ますます変化の速度を速めつつある現代社会のなかで、経済の動向を的確に把握し、創造的な問題解決能力を持ち得る人材を養成することが目標です。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  九州大学経済学部は、わが国でも有数の長い伝統を持ち、1924年に九州帝国大学法文学部経済科として発足して以来、2014年には創立90周年を迎えました。この間に、経済学部、大学院修士課程・博士課程を巣立っていった人びとは、優に1万7千人を超えています。民間企業、そして学界や官公庁にも多くの優れた人材を輩出することによって、日本経済の発展に貢献するとともに、教育・文化、ひいては日本社会全体の発展に貢献してきました。本学部・学府は、先輩たちが築いてきたこの伝統を受け継ぎ、ますます変化を速め複雑化・多様化を増しつつある現代社会のなかで、経済の動向を的確に把握し、創造的な問題解決能力を持ち得る人材を育成することを目標としています。

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ヒト、モノ、カネ、情報の国境を越える動きが激しくなり、またITを中心とするさまざまな技術革新により社会や人間の生活を取り巻く環境は急速に変化しています。グローバル化、情報化、科学技術の発展は、人間生活に多くの恩恵をもたらす一方で、環境汚染や地域紛争など、いろいろな問題をひきおこしています。社会が発展すればするほど、わたくしたちの直面する問題は、ますます複雑化・多様化し、不確実性の度合いを強めるのです。
                   このような現代社会のあり方を前にして、経済学部は、九州大学教育憲章の掲げる4つの基本原則、つまり「人間性の原則」「社会性の原則」「国際性の原則」「専門性の原則」にのっとった教育を追求します。まず、「社会性の原則」を実現するために、国内外の社会・経済事象に対する関心・知的好奇心を刺激し、理論にかたよらない現実感覚を身につけた人材を養成します。そのために、企業、政府・自治体、市民社会との人的・知的交流を積極的に行い、社会との接点をより大きくすることで、地域社会、内外の企業、政府・自治体、あるいは国際機関に対して有用な人材を供給したいと考えています。
                   また、「国際性の原則」では、国際感覚の涵養を図ることによって、アジアをはじめ世界の人々の文化的、社会的、経済的発展に貢献することを目標にしています。具体的にいえば、何よりも日本の歴史・文化的知識の深耕を前提とした上で、海外研修・海外留学・留学生受け入れの積極的推進などを行って、外国語能力の向上、異文化理解、そして各国経済の分析へと連なる教育活動を推進します。
                   そして、「専門性の原則」では、独創性・創造性を重視しつつ、科学技術の発達と学術文化の振興を融合させることに主眼点をおき、それに向けて課題発見・解決のための創造的思考力を養います。そして、ミクロの企業等のレベルからマクロの国民経済・世界経済のレベルにいたる経済学、経営学、経済工学の基礎的理論、さらには、歴史分析、各国経済の理論的・実証的分析などの応用分野へも十分に目を配った個性あふれる教育を目指します。以上のような教育を通じて、経済学部では、経済学の基礎的学識と幅広い教養を身につけ、社会のそれぞれの分野で指導的な役割を果たしうる人材の育成に努め、「人間性の原則」を実現しようとしているのです。

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  経済・経営学科
                  A 知識・理解
                  理論的・構造的視点から、今日の経済社会の動きについて説明できる。
                  歴史的・実証的視点から、産業の消長について説明できる。
                  経営学や会計学の視点から、企業活動の実態とあるべき姿等について説明できる。
                  B 技能
                  B-1 専門的能力
                  現代経済社会が抱える問題を理論的・構造的視点から把握することができる。
                  現代経済社会の問題を分析し、問題解決の企画に取り組むことができる。
                  産業の消長を歴史的・実証的に分析することができる。
                  産業の将来動向を予測し、望ましい経済社会のための産業政策の企画に取り組むことができる。
                  健全な企業活動が営まれるための知識を修得し、それを阻害する問題がある場合には、経営学的・会計学的能力を駆使して、これに対処できる。
                  B-2 汎用的能力
                  経済・経営学の基礎理論と幅広い教養、豊かな現実感覚と国際性を身につける。
                  複雑化し多様化する現代経済社会が直面する諸問題に的確に対処し、その解決策を見出す能力を養う。
                  現代経済社会が抱える問題を歴史的・構造的視点から分析する能力、および、問題を発見し解決する能力を養う。
                  地域に根付く企業活動の国際的展開に対応しうる企画・創造力を養う。
                  C 態度・志向性 Valuing and Quality of Mind
                  世界的な視野と自立的な学習及び実践力を有し、高い専門性を備える。
                  国際的に活躍するとともに、自身が属するさまざまなコミュニティの発展に貢献できるポテンシャルを持つ。
                  アクティブ・ラーナーとしての自立的な学習と実践の能力を持つ。

                  経済工学科
                  A 知識・理解
                  数理・数量的手法を用いて、複雑で多様な経済諸問題を科学的に理解し説明することができる。
                  現実の経済システム、経済動向を把握・評価し、多方面からの政策分析を行うことができる。
                  経済・経営問題に関する数理・情報解析の手法を活用することができる。
                  B 技能
                  B-1 専門的能力
                  数量的な方法を用いて現実の経済の動きを照合することができる。
                  情報技術の活用や工学的な手法の導入といった幅広いアプローチを活用して、経済諸問題を把握・分析することができる。
                  政策的課題の解決に向けた創造的な思考法を基礎にして、現実経済への働きかけとしての政策が持つ意味を多方面的に検討することができる。
                  B-2 汎用的能力
                  経済・経営分析のための数理・数量的手法の基礎と統計的・数学的基礎に関する知識、生きた経済に対する豊かな現実感覚と国際的視野を身につける。
                  複雑化し多様化する現代の経済社会に対する現実感覚に基づいて、解決すべき政策的課題を発見する能力と政策分析に向けたを新たな構想力を獲得する。
                  大量の情報を管理し処理するための数学的な基礎知識と、コンピュータの基礎と応用の能力を身につける。
                  C 態度・志向性
                  世界的な視野と自立的な学習及び実践力を有し、幅広い教養と高い専門性を備える。
                  理系と文系といった既成の枠にとらわれない幅広い分野において、国際的に活躍するとともに、自身が属するさまざまなコミュニテイの発展に貢献できるポテンシャルを持つ。
                  アクティブ・ラーナーとしての自立的な学習と実践の能力を持つ。

                  続きを読む… 折り畳む