ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部(医学科)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  医学科 6年 学士(医学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  医学部医学科における教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

                   香川大学医学部医学科は、卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)に示した人材を育成するために、全学共通科目(29単位以上)と学部開設科目(159単位以上、内訳は、専門基礎科目(22単位)、早期医学(6単位以上)、学際医学(2単位以上)、基礎医学(27単位)、社会医学(6単位)、統合講義等(42単位)及び臨床医学(54単位))から構成される教育課程を編成・実施します。卒業要件単位数は188単位以上とします。
                  階層的カリキュラムを実質化するため、年次ごとの進級要件を定め、年度末に厳格な進級判定を行っています。進級要件は、1年次末、2年次末においては、全学共通科目以外の当該年次に履修すべき授業科目等に不合格となった授業科目がないことです。3年次末においては、当該年次に履修すべき授業科目等に不合格又は否となった授業科目がないこと及び全学共通科目についても、所定の単位以上修得していることです。4年次末においては、当該年次に履修すべき授業科目等に不合格若しくは否となった授業科目がないこと及び全国共通の共用試験(CBT;医学的知識の評価及びOSCE;臨床技能の評価)についても合格することです。5年次末においては、当該年次に履修すべき授業科目等に不合格若しくは否となった授業科目がないことが条件となります。臨床医学の修得に関する評価は卒業試験として行い、卒業判定に用いています。
                  ディプロマ・ポリシーの各項目の達成は、以下に示す体系的教育をもって実現します。

                  ①言語運用能力
                   既修外国語の英語に関しては、全学共通科目として1年次前・後期と2年次前期に「Communicative EnglishⅠ・Ⅱ・Ⅲ」を履修します。3年次には学部開設科目の「医学英語Ⅰ」を前期、「医学英語Ⅱ」を後期で履修し、全学共通科目の「Academic English」も選択可能です。これらを通じて国際的な医学・医療情報を入手し理解できるようにします。
                   初修外国語については、全学共通科目にて、1年次に「ドイツ語」、「フランス語」、「中国語」、「韓国語」から1科目を必修として履修し、言語を通じて国際的視野を持てるように準備します。
                   医療場面で重要となるコミュニケーション技術については、1年次の「早期体験学習」、「大学入門ゼミ」、「医療プロフェッショナリズムの実践Ⅰ」で少人数でのグループワークを行い、コミュニケーションの基礎を身につけます。2年次の「医療プロフェッショナリズムの実践Ⅱ」ではコミュニケーションや自己表現の専門家を学外から招き、人との関わり方を更に深く修得するとともに、チーム医療を体験して理解する機会を持ちます。加えて、3~4年次の「症候論・PBL(Problem Based Learning)チュートリアル」では再び少人数でのグループワークにて医学的問題解決法を修得します。4〜5年次の「医学実習Ⅰ」では、模擬患者さんとの医療面接を通じて、患者中心の医療を行えるように医療現場に即したコミュニケーション技術を習得します。これらの過程を通じて、日本語運用能力も併せて身につけます。
                   全学年にわたって、海外の提携大学への短期留学ができる制度を設け、広い国際的視野を有する医学者を育成します。

                  ②知識・理解(21世紀型市民及び学士(医学)として)
                   医学に偏らない幅広い視野を持ち豊かな教養を獲得するために、全学共通科目では主題B「現代社会の諸課題」を4単位以上履修し、学問基礎科目では文系科目を最低1科目履修します。さらに、高度教養教育科目・広範教養教育科目の「医療と法」を選択履修できるようにし、医療における法的問題への関心を高めるように配慮しています。
                   医科学を学ぶ基礎となる専門基礎科目として、1〜2年次にいずれも学部開設科目である「医用物理学」、「医用化学Ⅰ、Ⅱ」、「医科生物学」、「微分積分学」、「医用統計学」、「医療心理学」、「細胞生物学」、「分子遺伝学」、「分子生物学」及び「自然科学実習」を履修します。「自然科学実習」では、実験を通じて生物学・物理学・化学の基本的事項を確認し、実験器具の扱い方を習得します。
                   人体の構造と機能及び病態を学ぶ基礎医学として、2〜3年次に「解剖学Ⅰ、Ⅱ」、「生理学Ⅰ、Ⅱ」、「生化学」、「内分泌学」、「免疫学」、「薬理学」、「病理学Ⅰ、Ⅱ」、「微生物学」及び「医動物学」を履修し、病態に即して臨床医学を学ぶ基礎を固めます。科目ごとに講義に加えて実習を行い(生理学と薬理学は合同で「生理・薬理実習」を開講)、体験を通じて知識の定着を図ります。
                   臨床医学は、3年次後期に基本事項を学ぶ「臨床総論」から始まり、学生が小グループに分かれて相互に講義を行う「症候論・PBLチュートリアル」に続いて、統合講義が4年次にまたがって行われます。統合講義は臓器別に内科系・外科系と関連基礎医学を含んだ15のユニット(放射線、内分泌代謝、精神神経、消化器、脳神経筋骨格、麻酔・救急災害、呼吸器、循環器、膠原病、生殖系、小児科、感染症、腎泌尿器、血液系及び皮膚感覚系)から成り、関連疾患を統合することで疾患群への理解を深化させ、臨床医学についての知識を統合します。
                   4年次に履修する医療の社会的側面に関する社会医学については、④に記します。
                   医学実習Ⅰと平行して、「医療管理学・診断学」では医療安全、院内感染対策、慢性疾患管理についての知識を学び、診断学についても実践的な臨床推論の進め方を習得します。また、並行して「児童精神医学」と「漢方医学」を履修します。
                   6年次では臨床医学についての最新の知識の習得のために「医療総合講義」を履修します。

                  ③問題解決・課題探求能力
                  1年次には全学共通科目の大学入門ゼミにおいて少人数グループワークを行い、課題の探求方法についての基礎を身につけます。また、学部開設科目の「早期体験学習」ではチュートリアル方式で、医学的な課題について探求方法の基礎を習得します。さらに、「医療プロフェッショナリズムの実践Ⅰ」では、学外実習の前にグループワークにて実習時に遵守すべき事項を討論し、また実習目標を自ら設定します。加えて、選択科目の「早期医学実習Ⅰ」では、主として基礎医学講座において医学研究に触れる機会を提供しています。
                  2年次には「医療プロフェッショナリズムの実践Ⅱ」で、チーム医療についてのグループワークを行い、チーム医療を実践する上での課題発見と解決に努めます。また、「早期医学実習Ⅱ」ではⅠの受講生が更に知識や研究体験を深めることができるようにしています。
                  3年次では、「症候論・PBLチュートリアル」で少人数グループに割り当てられた症候について自己学習し、プレゼンテーション資料を作成し、教員の指導の下に他の学生向けに授業を行います。年度末には1ヶ月間の「課題実習」があり、各自ひとつの講座等に配属され、研究についての基礎的考え方や手法を学び、研究成果を教員の指導の下に学会等で発表することも可能です。
                  4年次には、「症候論・PBLチュートリアル」においてPBLチュートリアル方式で症例ベースの臨床課題を分析・探求し、診断に至る能力を高めます。
                  4年次の1月から始まる「医学実習Ⅰ」では、附属病院等で26診療科すべてを1~2週間ごとにローテーションし、患者さんに接する臨床実習を行います。診療に必要な技能を確認した後に、教員の指導の下に診療チームの一員として患者さんを診察し、診断や経過観察に必要な検査を選択しその結果を解釈し、さらに治療法について担当医等と共に検討し、総合的診療能力を習得します。並行して行う「医療管理学・診断学」では、教員と学生が対話する形式で、症例に則して診断についての問題解決を図る方法を習得します。
                  5年次の1月からの「医学実習Ⅱ」では各自の進路を見据え、3週間を1クールとした選択臨床実習を行います。長期にわたり患者さんと密に接し、診療に必要な臨床技能を深め、実症例に則した広い視野での問題解決能力を習得します。最新の医療技術に接する機会も持ちます。
                  臨床実習中の2学年の学生が合同受講する「臨床病理検討会(CPC)」では、剖検を行った症例について臨床経過から診断名を推測し、病理所見から総合的に疾患を理解する力を養います。

                  ④倫理観・社会的責任
                  1年次では全学共通科目の主題A「人生とキャリア」で21世紀型市民としていかに生きるかを学びます。学部開設科目の「医学概論」では、医学・医療を学ぶ上で必要な医の倫理、死生観やチーム医療及び医療安全等の基本的事項を学びます。
                  2年次の「医療プロフェッショナリズムの実践Ⅱ」では、チームの一員として責任を持って医療に当たる際にチームを組む他職種の理解を深めるべく、近隣の医療系大学で見学実習を行い、また附属病院の各部署のスタッフから担当業務の説明を受けた後に附属病院での見学実習を行い、チーム医療の実際を体験します。
                  3年次の「臨床総論講義」では、医療における安全確保やチーム医療についての知識を再確認し、医療情報の取扱いについても修得します。「課題実習」の前には、e-Learningにて研究倫理の修得を行うことを「課題実習」修了の条件としています。
                  「医学実習Ⅰ、Ⅱ」では、それまでに学習した医師としての倫理観や社会的責任について、実症例に則して課題を抽出し、教員と共に解決を図ります。5年次の「医療管理学・診断学」では、臨床実習段階で求められる医療安全、院内感染対策について具体的に講義し、さらに学外専門家による生命倫理の講義を実例に沿って、一部実習を交えて行います。

                  ⑤地域理解
                  1年次では全学共通科目の主題C「地域理解」で地域理解について基本的事項を修得します。「医療プロフェッショナリズムの実践Ⅰ」では、地域の医療機関と介護老人福祉施設をそれぞれ見学し、地域住民に身近な医療や介護福祉の現状を体験的に理解します。
                  2年次の「医療プロフェッショナリズムの実践Ⅱ」では、山間地域の医療の実態や、在宅医療の実態について実践医の講義を受け、多様な医療のあり方を学習します。
                  4年次では、地域の保健・医療・福祉を理解するために、講義と実習からなる社会医学系科目を履修します。このうち「衛生学」では、地域の環境衛生を理解します。「公衆衛生学」では、社会保障や種々の福祉及び疾病政策についての制度や法規を学び、現地訪問調査等を行い、地域の実情について体験的に理解を深めます。「法医学」では、法律を運用する上で医学的判断を必要とする様々な問題について学びます。地域における死因の特徴も併せて学びます。
                  「医学実習Ⅰ」では、必修で1週間の地域医療実習を行います。県内の地域中核病院や診療所で少人数の実習を行い、各地域における医療体制や疾病構造の違いなどについて理解を深めます。「医学実習Ⅱ」では、3週間にわたって地域中核病院等で実習を行うコースを設け、福祉・医療面での地域の実態をより深く理解し、地域医療機関の果たす役割を現場で認識し、将来の地域医療の実践に向けて意識を高めます。

                   以上の学修成果の評価は、講義科目では修得した知識と理解度を基本とし、実験・実習科目では知識を応用出来る能力と専門的技術・技能の習熟度を基本とし、厳格な成績評価(5段階評価、GPAの活用)を行います。ただし、「医学実習Ⅱ」など一部の実習科目では、「了」でもって合格とします。 

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  医学部医学科における卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

                  香川大学医学部医学科では、その教育理念に基づき、医学を学ぶ上で必要な幅広い基礎的知識を基に、疾病の予防、診断、そして適切な治療ができる最新の医学的知識と診療能力・技能を身につけ、崇高な倫理観と人間性に富み、地域を理解し、世界に通用する医師並びに医学研究者を育成します。本学科を修了し、本学が送り出す学士(医学)・21世紀型市民として身につけるべき能力・態度の到達基準は、次のとおりです。

                  ①言語運用能力
                  *医療現場・研究領域において適切なコミュニケーションを実践できる。
                  *患者に対して傾聴・共感の姿勢を持ち、患者中心の医療を実践できる。
                  *医療チーム・研究グループの一員として、時としてリーダーシップを発揮し、多職種連携による医療・研究を実践できる。
                  *国際的視野を持ち、世界標準の医療・医学研究に関する情報を収集できる。

                  ②知識・理解(21世紀型市民及び学士(医学)として)
                  *特定分野にとらわれない幅広い教養、基礎科学・社会環境・病態生理に立脚した医学的知識を有している。
                  *症候から鑑別診断・確定診断にいたる、根拠に基づいた臨床推論を実践できる。
                  *医療現場における安全・安心に立脚した基本的診療能力・技能を有している。

                  ③問題解決・課題探求能力
                  *医学の学びの中、あるいは臨床現場において、自ら問題点を見出し、解決することができる。
                  *積極性・向上心を持ち、自己主導型学習を実践できる。

                  ④倫理観・社会的責任
                  *医師・医学研究者として、倫理観・使命感・責任感を持ち、省察的態度をもって行動ができる。
                  *専門職として生涯にわたり研鑽に努める姿勢を持っている。
                  *法令・社会的規範を遵守し、社会の一員として行動ができる。

                  ⑤地域理解
                  *地域の保健・医療・福祉の実情を理解し、介護・福祉施設と緊密に連携して地域医療に積極的に参加できる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足

                  転学部は、欠員がある場合に限ります。
                  編入学費用(検定料:30,000円、入学料:282,000円)
                  ※2年次のみ編入学の入試を行っています。

                  専攻分野

                  その他専攻分野