ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  国際文化学研究科(博士課程(前期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                   現代世界における異文化間の相互作用やグローバル化による文化の変容とコミュニケーションに関わる諸問題を学際的に究明することを教育研究上の目的としており、これらの問題に深い異文化理解能力と自在なコミュニケーション能力をもって対応し得る、豊かな学識と創造的な研究能力を備えた人材を養成することを目的としています。

                  【文化相関専攻】
                   異文化間の相互作用に関わる諸問題を文化の相対性を視座として究明することを教育研究上の目的とし、前期課程においては、個別地域文化と異文化間の相互作用について、幅広い専門的知識と基礎的な研究能力を持つ人材を養成することを目的としています。

                  【グローバル文化専攻】
                   グローバル化による文化の変容とグローバル化時代のコミュニケーションに関わる諸問題を究明することを教育研究上の目的とし、前期課程においては、現代の様々な文化を通底するシステムと外国語運用を含む先端的コミュニケーションについて、幅広い専門的知識や基礎的な研究能力を持つ人材を養成することを目的としています。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                   国際文化学研究科では、高い異文化理解能力と自在なコミュニケーション能力を有し、豊かな学識と創造的な研究能力を備えた人材を養成することを目指しています。

                   上記の教育研究上の目標をふまえ、本研究科が求めるのは次のような学生です。
                   ・文化を複合体として捉え、異文化間の関係性を多角的に探究することに強い意欲を持ち、それを達成する基礎的な能力を有する学生
                   ・言語情報コミュニケーションの動態を深く理解し、現代のグローバル社会の諸課題に取り組むことに強い意欲を持ち、それを達成する基礎的な能力を有する学生
                   ・高い専門性の上に立った学際的研究を行うことに強い意欲を持ち、それを達成する基礎的な能力を有する学生

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   神戸大学大学院国際文化学研究科は,神戸大学のカリキュラム・ポリシーにもとづき,以下の方針に則りカリキュラムを編成する。

                  国際文化学研究科博士課程前期課程
                  〈文化相関専攻〉
                  1.「人間性」「創造性」「国際性」を身につけることができるよう,「特殊研究科目」及び「EUエキスパート人材養成プログラム科目」を開設する。
                  2.「文化が多様であること,それらの文化が相互に影響しながら変容するものであることを理解し,異文化間の関係性を多角的に探究することができる能力」を身につけることができるよう,「特殊講義科目」を開設する。
                  3.「高い専門性の上に立った学際的研究を行うことができる能力」を身につけることができるよう,「アカデミックスキル科目」,「高度専門演習科目」及び「研究指導演習科目」を開設する。

                  〈グローバル文化専攻〉
                  1.「人間性」「創造性」「国際性」を身につけることができるよう,「特殊研究科目」及び「EUエキスパート人材養成プログラム科目」を開設する。
                  2.「言語情報コミュニケーションの動態を深く理解し,現代のグローバル社会のさまざまな課題に取り組むことができる能力」を身につけることができるよう,「特殊講義科目」を開設する。
                  3.「高い専門性の上に立った学際的研究を行うことができる能力」を身につけることができるよう,「アカデミックスキル科目」,「高度専門演習科目」及び「研究指導演習科目」を開設する。

                   なお,これらの科目は講義・演習・実習などの授業形態に応じて,アクティブラーニング,体験型学習などを適宜組み合わせて行う。
                   指導教員による個別指導に加え,コースごとに集団指導体制を取り入れるとともに,1年次5月の「研究・履修計画書」の提出と,各年次における報告会の開催を通して,高度な専門性の上に立った領域横断的な研究を行う能力を体系的に育成する。
                   学修成果の評価は,学修目標に即して多元的,包括的な方法で行う。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   神戸大学大学院国際文化学研究科博士課程前期課程は,深い異文化理解能力と自在なコミュニケーション能力を有し,豊かな学識と創造的な研究能力を備えた人材を育成することを目指す。この目的を達成するため,以下に示す方針に従って修士(学術)の学位を授与する。

                   学位:修士(学術)

                   神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき,国際文化学研究科は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。
                  ・本研究科博士課程前期課程に2年以上在学し,履修要件として定めた所定の単位以上を修得し,かつ,必要な研究指導を受けた上,修士論文又は特定の課題についての研究の成果の審査及び最終試験に合格すること。ただし,優れた業績を上げたものについては,在学期間を短縮して修了することができる。
                  ・神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え,本研究科学生が修了までに身につけるべき能力を次のとおりとする。

                   文化相関専攻
                    ・文化が多様であること,それらの文化が相互に影響しながら変容するものであることを理解し,異文化間の関係性を多角的に探究することができる能力
                    ・高い専門性の上に立った学際的研究を行うことができる能力

                   グローバル文化専攻
                    ・言語情報コミュニケーションの動態を深く理解し,現代のグローバル社会のさまざまな課題に取り組むことができる能力
                    ・高い専門性の上に立った学際的研究を行うことができる能力

                  続きを読む… 折り畳む