ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  経営学研究科(専門職学位課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  現代経営学専攻 2年 経営学修士(専門職)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  専門職学位課程(MBAプログラム)の教育目的は「日本のビジネス社会の中核になる人材の育成」であり、具体的には、(1)経営学全般についての高度な専門知識をもち、(2)経営学のある特定分野についての深い専門知識をもち、(3)長期的でグローバルな視点から具体的な経営上の問題を捉えることができ、(4)創造的な解決策を自ら提示し、適切な判断を下すことができる人材を育成することと規定されます。その達成のために、「研究に基礎を置く教育」(Research-based Education)と「働きながら学ぶ」(By-the-Job Learning)ことをカリキュラムポリシーの柱として、「プロジェクト方式」と「講義科目」により体系的な教育プログラムを編成します。
                   「プロジェクト方式」は、各人が仕事で直面している問題を持ちより、よく似た問題に直面している人々と共同して、深く調査・分析し、解決策を探るビジネス教育であり、ケースプロジェクト研究とテーマプロジェクト研究、修士論文プロジェクトで構成されます。現代経営学演習(ゼミ指導)では、プロジェクト方式による研究成果を取り入れて専門職学位論文を完成させます。「講義科目」は、理論的教育を重視した基礎科目から、経営学の諸分野の専門知識をベースにした応用科目、さらに社会連携講座による実務的科目へと段階的に履修することが可能な第8群科目によって編成されます。またグローバルな観点から経営上の問題を把握できる能力を磨くことを動機づけるために海外の有力MBA校との交換研究制度(Reciprocal Study Tour)を設けています。
                  なお、企業経営は環境の変化とともに刻々と進化します。したがってカリキュラムは、アドバイザリー・ボード、MBAフェロー、在学生等からシステマティックに情報収集を行い、常に見直しを図ります。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   神戸大学大学院経営学研究科は、経営学・会計学・商学の領域において深き学識と高度で卓越した専門的能力を身につけ、人間性、創造性、国際性において優れた専門的職業人を育成することを目指し、以下に示した方針に従って修士(専門職学位)の学位を授与する。

                   学位:修士(専門職学位)
                  ・本研究科専門職学位課程に所定の期間在学し、本研究科の定める専門職学位課程修了に必要な単位を修得し、本研究科の定める審査に合格する。
                  ・経営学の全般についての高度な専門知識と特定分野についての深い専門知識を身につけ、論理的思考能力と実践への適用能力を修得する。
                  ・日本のビジネス社会の中核人材として、国際社会に通用する思考力、判断力およびコミュニケーション能力を修得する。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野