ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  法学研究科(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  以下の専攻については、既に募集を停止しております。

                  ■政治学専攻
                  2018年4月1日に専攻改組により募集停止、現法学政治学専攻へ。

                  ■理論法学専攻
                  2018年4月1日に専攻改組により募集停止、現法学政治学専攻へ。

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  法学政治学専攻 3年 博士(法学)、博士(政治学)
                  理論法学専攻 3年 博士(法学)
                  政治学専攻 3年 博士(政治学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  研究者コース
                  特殊講義・外国文献研究を通じて、法学または政治学の各専攻領域において研究をさらに深化させ、法学および政治学の諸分野の研究・教育に従事する者としてより高度な能力を修得する。
                  演習を通じて、博士論文を執筆するための研究指導を受ける。

                  高度専門職業人コース
                  特殊講義・外国文献研究を通じて、高度化・多様化する社会における法学・政治学上の諸問題に対応しうるより高度な問題解決能力を修得する。演習を通じて、博士論文を執筆するための研究指導を受ける。

                  高度専門法曹コース
                  特殊講義を通じて、極めて専門的・先端的な法分野で活躍できる法律家としての能力を修得する。演習を通じて、博士論文を執筆するための研究指導を受ける。


                  また、研究科共通カリキュラムとして、指導教員による個別指導に加え、コース・プロジェクト・分野毎に集団指導体制を取り入れることにより、高度な専門性の上に立った領域横断的な研究を行う能力を体系的に育成する。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  神戸大学大学院法学研究科法学政治学専攻は、開放的で国際性に富む文化の下、体系的な教育課程を通じ高度に専門的な法学・政治学の知識を提供することによって、法学・政治学の領域の研究者を養成すること、高度化・複雑化する現代社会において専門知識を用いて問題を解決する能力を持つ職業人を養成すること、急速に変化する社会において新しい問題に直面している社会人・職業法曹に対し継続教育を行うことを目的とする。
                  この目的の達成に向け、倫理観・責任感を持って研究を遂行できるよう、国際的に卓越した教育を提供し、それぞれのプログラムに関する以下の方針に従って、学位を授与する。
                  法学研究科博士課程後期課程には、研究者養成プログラム、高度社会人養成プログラム、高度専門法曹養成プログラムが置かれている。
                  本研究科が各プログラムに掲げている教育目的は次のとおりである。

                  研究者養成プログラム
                  前期課程又は専門職学位課程修了後に、各専攻領域において対象を更に深化させる研究及び総合的な法学・政治学の知識、 問題解決能力を学生に伝える教育を行い得る能力の養成を行う。

                  高度社会人養成プログラム
                  前期課程又は専門職学位課程において行った研究や学修を踏まえて、高度化・多様化する社会における法学・政治学上の諸問題を主体的に解決し得る能力の育成を行う。

                  高度専門法曹養成プログラム
                  弁護士等を対象とし,実務家教員及び研究科教員による授業と論文指導を通じ,高度の実務的専門性を体系的に身に付け国際的競争力のある法律家を養成することを目的とする。

                  学位:博士(法学),博士(政治学)

                  神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、法学研究科は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。
                  •本研究科に3年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。
                  ただし、優れた研究業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
                  •修了までに次の学習目標を達成すること。

                  研究者養成プログラム
                  ・神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、法学・政治学の各専攻領域において研究をさらに深化させ、法学・政治学の諸分野の研究・教育に従事する者として、より高度な能力を有する。

                  高度社会人養成プログラム
                  ・神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、高度化・多様化する社会における法学・政治学上の諸問題に対応しうる、より高度な問題解決能力を有する。

                  高度専門法曹養成プログラム
                  ・神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、極めて専門的・先端的な法分野で活躍できる法律家としての高い能力を有する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  編入学(博士課程後期課程への入学)に係る検定料は30,000円,編入学料は282,000円です。

                  専攻分野

                  その他専攻分野