ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  経済学研究科(博士課程(前期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  経済学専攻 2年 修士(経済学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   神戸大学のカリキュラム・ポリシーにもとづき、経済学研究科は以下の方針に則りカリキュラムを編成する。

                  1.「人間性」「国際性」を学生に身につけさせるため、経済史,経済思想,社会政策等の歴史思想系科目,東南アジア経済論,ヨーロッパ経済論等の地域分析系科目及びその他必要と認める科目を開設する。
                  2.深い学識を涵養し、高度な「専門性」を学生に身につけさせるため、以下の専門科目を開設する。
                  ・経済学の高度な「専門性」を体系的に身につけるために、基礎的な知識・能力の習得をめざすミクロ経済学IA,ミクロ経済学IB,マクロ経済学IA,マクロ経済学IB 等の必修科目を履修した上で一層高度な専門科目の履修へと進み,さらに修士論文を作成する段階的カリキュラムとする。
                  ・高度に論理的・数理的に思考する能力を身につけるためにミクロ経済学II,マクロ経済学II,経済数学等の基礎理論系科目および計量経済学,統計推理論,産業連関分析等の数量分析系科目を開設する。
                  ・社会において生じている事象を高次のレベルで的確に分析し、その事象を解明できる能力を身につけるために現代技術論,ファイナンス,公共経済学,国際経済学,産業組織論,労働経済学等の応用系分野別科目を開設する。
                  ・高次のレベルで分析、解明したことを総合し、的確に表現できる能力と「創造性」を身につけるために演習・特殊研究等を開設する。
                   
                   なお、これらの科目は、講義・演習等の授業形態に応じて、アクティブラーニングなどを適宜組み合わせて行う。
                   学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   神戸大学経済学研究科は、広く知識を授けるとともに、経済学に関する人類の知見を継承し、創造的に発展させることを通じて、豊かな人間性を涵養する教育研究を行い、経済学における研究活動を行う、あるいは高度の経済学の専門性が求められる職業を担い、広く社会に貢献する人材並びに国際的な視野を持ち世界で活躍できる人材を養成することを目的とする。

                   この目的を達成するため、以下に示した方針に従って修士の学位を授与する。

                   学位:修士(経済学)

                   神戸大学のディプロマ・ポリシー、ならびに神戸高等商業学校以来の「真摯・自由・共同」の精神にもとづき、経済学研究は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。
                  ・本研究科に所定の期間  以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。
                  ・修了までに、広い視野に立った深い学識とともに、経済学に関する高度な専門的知識を身に付け、社会において生じている事象を高次のレベルで分析、解明し、その成果をもとに社会に貢献するために、神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、本研究科学生が身につけるべき能力を次のとおりとする。
                    ・高度に論理的・数理的に思考する能力
                    ・社会において生じている事象を高次のレベルで的確に分析し、その事象を解明できる能力
                    ・高次のレベルで分析、解明したことを総合し、的確に表現できる能力

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野