ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

医学研究科(修士課程)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
バイオメディカルサイエンス専攻 2年 修士(バイオメディカルサイエンス)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

 医学研究科では、本研究科の「教育目的」及び「学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)」に基づき,以下のとおり体系的なカリキュラムを編成する。

<バイオメディカルサイエンス専攻(修士課程)>
本専攻では、それぞれの研究分野に精通した専門家であると同時に生命医科学全体にわたって広くかつ深く理解することのできる人材を育成することを目指して、修士課程を一専攻(バイオメディカルサイエンス専攻)で構成している。
1.「人間性」、「創造性」を身につけることができるよう本科コースでは、すべての学生が履修する共通の科目として「バイオメディカルサイエンスA」、「バイオメディカルサイエンスB」、「社会医学」、「生命倫理・安全」を開設し、地域密着型医学物理スペシャリスト養成コースでは、すべての学生が履修する共通の科目として、「共通特論Ⅰ」、「共通特論Ⅱ」を開設する。
2.「専門性」を身につけることができるよう、以下の科目を開設する。
・生命医科学における深い学識と高度な専門的能力を身につけることができるよう必要と認める科目を開設し、地域密着型
 医学物理スペシャリスト養成コースでは、放射線治療の基礎知識や最新の治療方法を身につけることができるよう必要と
 認める科目を開設する。
・旺盛なる探求心と創造性を有する科学者の視点をもって新しい課題に取り組むことができる能力を身につけることができる
 よう「バイオメディカルサイエンス特別研究」を開設し、修士論文に係る研究指導を行う。
・豊かな教養と高い倫理観を身につけることができるよう必要と認める科目を開設する。
3.「国際性」を身につけることができるよう以下の科目を開設する。
・研究により自ら見出した新しい知見を、論理的かつ明瞭な言葉により表現し、必要に応じて国際的に発信できる能力を
 身につけることができるよう「科学英語」を開設する。

これらの能力を養うため、必修科目により生命医科学研究の基礎知識を習得し、選択必修科目により自己の研究領域の専門知識と研究・実験技法を習得できる体系的な教育課程を編成している。学位論文は、これらの知識や技能を活用し、必要な研究指導を受けて作成する。
なお、学習の成果の評価は、学習目標に即して多元的、包括的な方法で行う。

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

神戸大学大学院医学研究科は、神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、人間性豊かで高い倫理観並びに探求心と創造性を有する科学者としての視点を持ち、国際的に活躍できる優れた医師・医学研究者を育成することを目的としている。
この目的を達成するため、以下に示した方針に従い学位を授与する。

<バイオメディカルサイエンス専攻(修士課程)>
 学位:修士(バイオメディカルサイエンス)
本専攻に所定の期間在学し、修了に必要な単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査及び最終試験に合格する。
神戸大学のディプロマ・ポリシーに加え、修了までに、本専攻学生が課程を通じて達成を目指す身につけるべき能力は次のとおりとする。

・ 生命医科学における深い学識と高度な専門的能力を備えている。
・ 旺盛なる探求心と創造性を有する科学者の視点をもって新しい課題に取り組むことができる。
・ 豊かな教養と高い倫理観を身につけている。
・ 研究により自ら見出した新しい知見を、論理的かつ明瞭な言葉により表現し、必要に応じて国際的に発信できる。

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
医学・医師養成課程
生命科学

専攻分野に関する説明