ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

理学研究科(博士課程(後期))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
数学専攻 3年 博士(理学)、博士(学術)
物理学専攻 3年 博士(理学)、博士(学術)
化学専攻 3年 博士(理学)、博士(学術)
生物学専攻 3年 博士(理学)、博士(学術)
惑星学専攻 3年 博士(理学)、博士(学術)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

神戸大学のカリキュラム・ポリシーにもとづき、理学研究科は以下の方針に則りカリキュラムを編成する。

1.「人間性」「創造性」「国際性」及び理学研究科共通の「専門性」を学生に身につけさせるため、すべての学生が履修する共通の科目として先端融合科学特論科目及びその他必要と認める科目を開設する。
2.国際的に通用する深い学識を涵養し、学際的視野に基づいた創造的な研究能力と高度で卓越した「専門性」を学生に身につけさせるため、以下の専門科目を開設するとともに、学位論文に係る研究指導を行う。
3.学位論文に係る研究指導において、博士(理学)を目指す学生には、特に各研究の専門分野において高度な知識を持って、それを専門分野における研究に活かす能力を身につけさせることにより重点を置き、一方で、博士(学術)を目指す学生には、特に広い学術的視野と幅広い知識を持って、それを専門分野における研究に応用する能力を身につけさせることにより重点を置く。

・数学専攻
後期課程
・数学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力を身につけることができるよう数学発展科目を開設する。
・現代数学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力を身につけさせることができるよう数学特別講義科目を開設する。
・数学の研究を自立して行うための能力と学際的視野に基づいた創造的な研究能力を身につけることができるよう特定研究科目を開設する。

なお、これらの科目は、講義・演習等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習などを適宜組み合わせて行う。
学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。


・後期課程については、研究科共通カリキュラムとして、指導教員による個別指導に加え、専攻による集団指導体制を取り入れ、1年次、2年次において研究経過発表会を、さらに3年次において研究成果発表会を実施することを学位論文提出の要件とし、高度な専門研究を行う能力を段階的に育成する。

・物理学専攻
後期課程
・物理学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力を身につけさせることができるよう物理学発展科目を開設する。
・現代物理学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力を身につけさせることができるよう物理学特別講義科目を開設する。
・物理学の研究を自立して行うための能力と学際的視野に基づいた創造的な研究能力を身につけさせることができるよう特定研究科目を開設する。

なお、これらの科目は、講義・演習・実験等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習などを適宜組み合わせて行う。
学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。

・後期課程については、研究科共通カリキュラムとして、指導教員による個別指導に加え、専攻による集団指導体制を取り入れ、1年次、2年次において研究経過発表会を、さらに3年次において研究成果発表会を実施することを学位論文提出の要件とし、高度な専門研究を行う能力を段階的に育成する。

・化学専攻
後期課程
・化学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力を身につけさせることができるよう化学発展科目を開設する。
・現代化学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力を身につけさせることができるよう化学特別講義科目を開設する。
・化学の研究を自立して行うための能力と学際的視野に基づいた創造的な研究能力を身につけさせることができるよう特定研究科目を開設する。

なお、これらの科目は、講義・演習・実験等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習などを適宜組み合わせて行う。
学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。

・後期課程については、研究科共通カリキュラムとして、指導教員による個別指導に加え、専攻による集団指導体制を取り入れ、1年次、2年次において研究経過発表会を、さらに3年次において研究成果発表会を実施することを学位論文提出の要件とし、高度な専門研究を行う能力を段階的に育成する。

・生物学専攻
後期課程
・生物学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力を身につけさせることができるよう生物学発展科目を開設する。
・現代生物学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力を身につけさせることができるよう生物学特別講義科目を開設する。
・生物学の研究を自立して行うための能力と学際的視野に基づいた創造的な研究能力を身につけさせることができるよう特定研究科目を開設する。

なお、これらの科目は、講義・演習・実験・実習等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習などを適宜組み合わせて行う。
学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。

・後期課程については、研究科共通カリキュラムとして、指導教員による個別指導に加え、専攻による集団指導体制を取り入れ、1年次、2年次において研究経過発表会を、さらに3年次において研究成果発表会を実施することを学位論文提出の要件とし、高度な専門研究を行う能力を段階的に育成する。

・惑星学専攻
後期課程
・惑星学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力を身につけさせることができるよう惑星学発展科目を開設する。
・惑星学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力を身につけさせることができるよう惑星学特別講義科目を開設する。
・惑星学の研究を自立して行うための能力と学際的視野に基づいた創造的な研究能力を身につけさせることができるよう特定研究科目を開設する。

なお、これらの科目は、講義・演習・実験・実習等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習などを適宜組み合わせて行う。
学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。

・後期課程については、研究科共通カリキュラムとして、指導教員による個別指導に加え、専攻による集団指導体制を取り入れ、1年次、2年次において研究経過発表会を、さらに3年次において研究成果発表会を実施することを学位論文提出の要件とし、高度な専門研究を行う能力を段階的に育成する。

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

神戸大学理学研究科は、自然科学の基礎である理学諸分野を探求することによって自然認識の深化を図るとともに、理学分野の専門知識や研究能力に基づいた問題解決能力を持つ人材を育成し、もって社会の知的基盤の形成に貢献するための教育研究を行う。
この目的を達成するため、以下に示した方針に従って学位を授与する。

学位:修士(理学)、博士(理学)、博士(学術)

・数学専攻
神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、理学研究科数学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。
・前期課程においては2年以上、後期課程においては3年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、学位論文の審査及び最終試験に合格すること。
・ただし、優れた業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
・神戸大学のディプロマ・ポリシーで定める能力に加え、修了までに、本研究科学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
後期課程
博士(理学)は、特に各研究の専門分野において高度な知識を持って、それを専門分野における研究に活かす能力により重点を置き、一方で、博士(学術)は、特に広い学術的視野と幅広い知識を持って、それを専門分野における研究に応用する能力により重点を置く。
・学際的視野に基づいた創造的な研究能力
・数学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力
・現代数学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力
・数学の研究を自立して行うための能力

・物理学専攻
神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、理学研究科物理学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。
・前期課程においては2年以上、後期課程においては3年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、学位論文の審査及び最終試験に合格すること。
・ただし、優れた業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
・神戸大学のディプロマ・ポリシーで定める能力に加え、修了までに、本研究科学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
後期課程
博士(理学)は、特に各研究の専門分野において高度な知識を持って、それを専門分野における研究に活かす能力により重点を置き、一方で、博士(学術)は、特に広い学術的視野と幅広い知識を持って、それを専門分野における研究に応用する能力により重点を置く。
・学際的視野に基づいた創造的な研究能力
・物理学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力
・現代物理学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力
・物理学の研究を自立して行うための能力

・化学専攻
神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、理学研究科化学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。
・前期課程においては2年以上、後期課程においては3年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、学位論文の審査及び最終試験に合格すること。
・ただし、優れた業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
・神戸大学のディプロマ・ポリシーで定める能力に加え、修了までに、本研究科学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
後期課程
博士(理学)は、特に各研究の専門分野において高度な知識を持って、それを専門分野における研究に活かす能力により重点を置き、一方で、博士(学術)は、特に広い学術的視野と幅広い知識を持って、それを専門分野における研究に応用する能力により重点を置く。
・学際的視野に基づいた創造的な研究能力
・化学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力
・現代化学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力
・化学の研究を自立して行うための能力

・生物学専攻
神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、理学研究科生物学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。
・前期課程においては2年以上、後期課程においては3年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、学位論文の審査及び最終試験に合格すること。
・ただし、優れた業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
・神戸大学のディプロマ・ポリシーで定める能力に加え、修了までに、本研究科学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
後期課程
博士(理学)は、特に各研究の専門分野において高度な知識を持って、それを専門分野における研究に活かす能力により重点を置き、一方で、博士(学術)は、特に広い学術的視野と幅広い知識を持って、それを専門分野における研究に応用する能力により重点を置く。
・学際的視野に基づいた創造的な研究能力
・生物学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力
・現代生物学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力
・生物学の研究を自立して行うための能力

・惑星学専攻
神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、理学研究科惑星学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。
・前期課程においては2年以上、後期課程においては3年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、学位論文の審査及び最終試験に合格すること。
・ただし、優れた業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
・神戸大学のディプロマ・ポリシーで定める能力に加え、修了までに、本研究科学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
後期課程
博士(理学)は、特に各研究の専門分野において高度な知識を持って、それを専門分野における研究に活かす能力により重点を置き、一方で、博士(学術)は、特に広い学術的視野と幅広い知識を持って、それを専門分野における研究に応用する能力により重点を置く。
・学際的視野に基づいた創造的な研究能力
・惑星学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力
・惑星学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力
・惑星学の研究を自立して行うための能力

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部
編入学312,000円

転学部・編入学情報補足

編入学(博士課程後期課程への入学)に係る検定料は30,000円,編入学料は282,000円です。

専攻分野

専攻分野
数学・情報科学・統計学
物理学
天文学・地球・惑星科学
化学
生物学・生化学・バイオ
地質学

専攻分野に関する説明

【数学・情報科学・統計学】
 数学専攻では,数学を総合的な学問としてとらえ,個々の研究分野の自主性・独立性を尊重しながらも,幅広い分野の教育を行います。そして、計算・論理的思考・抽象的思考に十分習熟するよう訓練することを目指します。こうした訓練を背景に,優れた研究・開発能力を持つ創造性豊かな研究者や高度な数学的知識・技能を生かして社会で活躍する人材を養成することを目指した,柔軟で特色のある教育研究を展開します。

【物理学】
 物理学の目標である宇宙から物質の構造、素粒子に至る広いスケールでの物質の理解は、20世紀最大の人類の知的所産である量子力学を中心として発展し、今日までの高度に進化した科学技術文明を生み出す原動力となってきました。物理学専攻では、その根幹となる、物質の根源を追求する素粒子物理学と、物質の様々な形態と性質を研究する物性物理学の2つを教育および研究の柱としています。

【化学】
 化学は文字通り,「物質の科学」であり,生命科学から物質科学まで,極めて広範囲の分野の根幹を担います。化学専攻では,分子の構造・特性をとらえ物質の諸性質が発現する機構・原理を解明する基礎分子物性化学と,有用な機能や性質を持った物質の新合成法を創出する物質創製化学を二大柱としています。これらの基礎的各分野の一貫した教育により,世界水準の研究者の養成を行うとともに,社会的要請の高い問題発掘・解決能力を持つ高度な企業研究者の養成を目指すための教育研究を行います。

【生物学・生化学・バイオ】
 生物学専攻では,全ての生物に共通する生命の仕組みの解明と生物界の多様性の成り立ちの解明を二つの柱として,分子生物学から生態学まで広範な分野の専門教育を充実させます。また,医療,バイオ,環境などの社会的要請にも応え得る幅広い視野を養うためのカリキュラムを組み,問題解決能力に優れた高度専門職業人や創造性豊かな研究者の養成を目指した教育研究を行います。

【天文学・地球・惑星科学】
【地質学】
 惑星学専攻では、地球や他の太陽系惑星の誕生と進化について、いろんな研究を行っています。例えばある人は、隙があればフィールドへ出かけて石や地層の呟きに耳を傾けています。またある人は、氷や石のかけらたちを只管にぶつけて太陽系創成期に起こった出来事を想像しています。そしてある人は、計算機の中に惑星の大気を再現しようとしています。なかには、生命が発生するカラクリを分子の運動から探っている人もいます。こんなことに熱中してしまう原動力は、好奇心以外の何ものでもありません。私たちの専攻には、まるで少年少女たちのように目を輝かせて研究を楽しむ人たちで溢れています。そして私たちは、この雰囲気こそが面白い研究を生み出しているのだと信じているのです。一度こんな「智の楽園」へ足を踏み入れてみてはいかがでしょう?

続きを読む… 折り畳む